• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

週刊金融日記 第326号 グローバル資本主義を生き抜くための子供の英語教育、移民選手が8割のフランス代表がW杯優勝、土用の丑の日に五反田でうなぎ、ひとりで行ったフェスでA級美女をゲット、他
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週刊金融日記 第326号 グローバル資本主義を生き抜くための子供の英語教育、移民選手が8割のフランス代表がW杯優勝、土用の丑の日に五反田でうなぎ、ひとりで行ったフェスでA級美女をゲット、他

2018-07-16 16:36
    // 週刊金融日記
    // 2018年7月16日 第326号
    // グローバル資本主義を生き抜くための子供の英語教育
    // 移民選手が8割のフランス代表がW杯優勝
    // 土用の丑の日に五反田でうなぎ
    // ひとりで行ったフェスでA級美女をゲット
    // 他


     こんにちは。藤沢数希です。
     ワールドカップ決勝のフランス対クロアチアは素晴らしい試合でしたね。民族紛争が続き、幼い頃に親族を戦争で亡くしてしまったクロアチアのモドリッチは、苦難を乗り越え、レアルマドリードでプレイする世界的なスター選手になりました。クロアチアの人口はわずか400万人です。対するフランスは人口7000万人。今回の代表チームは23人中19人が移民、あるいは移民の両親から生まれてきた外国にルーツを持つフランス人です。言ってみれば、グローバリズムの権化のようなチームですね。
     結果は、4対2でフランスが勝ちました。圧勝と言っても
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。