• このエントリーをはてなブックマークに追加
「非日常がどれだけ続いても日常になることはないのだけれど」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「非日常がどれだけ続いても日常になることはないのだけれど」

2020-01-20 07:00
  • 1

 25年か、と溜め息をついた。25年前、ぼくは25歳だった。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
あっという間に25年が経ちました。被害はなかったもののあの震災を経験した私。世の中にその経験が還元出来ていない現実があります。

震災発生当初、廃墟のようになった神戸。今、その時のことがなかったかのようにビルが立ち並び、たくさんの観光客が来る街に戻っています。未来に向かって日々歩んできた積み重ねが今の神戸なのだと思います。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。