• このエントリーをはてなブックマークに追加
「どれだけ泣いてもいいから」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「どれだけ泣いてもいいから」

2022-08-12 07:00

    24bbf1c1e53ddcc0ca050dd5e099b9f6a4135b48 
     ある朝、大きな破裂音でぼくは目覚めた。娘が激しく泣き始めていた。
    「どうしたの?」
     心配して駆け寄る。足下で赤いゴムの皮が皺苦茶になっていた。
    「ふうせんがぁー」
     昨晩、妻に膨らませて貰ったお気に入りの風船だった。天井に向かって何度もトスしていたら割れてしまったそうだ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。