• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

再録:『日本国の正体』より:(大学総長、トルーマン大統領へ報告)日本人は事実上、軍人 ボスとする封建組織中の奴隷国。一般日本人には、一方のボスから他のボス=現在のわが占 領軍に切り換わり。多くの者には新政権下、生計が保たれていければ、問題ない。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

再録:『日本国の正体』より:(大学総長、トルーマン大統領へ報告)日本人は事実上、軍人 ボスとする封建組織中の奴隷国。一般日本人には、一方のボスから他のボス=現在のわが占 領軍に切り換わり。多くの者には新政権下、生計が保たれていければ、問題ない。

2019-11-21 09:20
  • 14

『日本国の正体』では様々な外国人の日本観を収録しましたが、その一つ。

■解説

トルーマンは米国大統領(一九四五年―五三年)、日本の占領期と重なる。彼の著書『トルーマン回顧録』一・二(恒文社、一九六六年)から関連箇所をさらに引用する。

〈日本占領は予想以上に成功した。マサチューセッツ大学の著名な総長カール・コンプトン博士は、戦争中日本の科学者や技術者がどんな進歩を得たかを知るために日本である程度の時間を費やした。帰国するや彼はホワイトハウスに来て、私に占領について、非常に啓蒙的な説明をした。彼にまとめてもらった覚書きの内容は次のとおりである。 

私たちは日本人が明らかに憎しみをもたず、また実際に私たちのやることに協力し、援助の手を伸ばしている点のすべてに驚いた。これは次の数個の原因によるものとみる。

一:日本人が劣等感を持っており、彼らはやったことを理解した事、

二:天皇が国民に協力を命じ

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他4件のコメントを表示
×
わたしは「食えることは大事だ」と書いたんだが、それを「食えればいい」と書いているんだと脳内変換して理解するおじいちゃんたちって、ほとんど文盲ですね。
3週間前
×
米国は建国前からいろいろと腹黒い戦争をやってきたが、近代工業国でその当時の強大国でもある国とガチで戦争して勝利したのは日本戦がはじめてだった。しかもはからずも予想以上に占領がうまくいった。これが当時の米国にものすごい成功体験として強い快感をもたらしたのは想像に難くない。

それ以後、米国は同じ成功経験を求め続けて失敗し続け、米国の若者がたくさん死に(その間日本の当時の若者、なし さんとか フレデイ タン さんとかは一人も死なず)、とうとうイラク占領にいたって、「なにか違う、われわれ米国は日本占領の総括を根本的に間違えていたのではないか」と思うに至った。 ・・・というのは、わたしの想像ですが、もしもトルーマン当時のコンプトン流のこの考え方を、米国のいちばん賢いひとたちが現在も維持しているのなら、たしかに米国は滅びに向かっているのでしょう。かといって、中国(中共)がこれより賢いともおもえませんけども。
3週間前
×
韓国にも、パックス・アメリカーナのなかで食う心配もあまりなく、こどもを米国に留学させたり、大量消費社会のなかで気にいる帽子がないと文句をいったりしながら、反米親北を叫んでいた老人たちっているだろうとおもいます。

そういう老人たちって、どこにでもいますから。

いま、そういう老人たちって、悩んでいるんじゃないかな。朝鮮戦争のときに日本に逃げてそのまま居着いた親戚がいるから、自分も日本に行こうか、とかね。いや、決して来ないでほしいと思う。カナダか、いっそ大好きな北朝鮮に行ったらどうでしょうか。
3週間前
×
>>4
何でも日本人は悪いという言葉を拾って来ればよいというものではない。その程度のこともわからない。情けない日本人だ。プライドを少しはもちなさい。
3週間前
×
>>10 追記
あなたは理解していないとみており、追記します。

孫崎さんが最後に書いている「朝鮮戦争後の対日政策」で、バランスをとった話をしているが、あなたは全然理解していない。目があって見えないというより頭に入らないのでしょう。
朝鮮戦争を境にして米国の方針が大きく変わっている。戦後から朝鮮戦争休戦までは、平和憲法で日本を軍備なしの農耕国家として歩ませようとしたが、休戦協定後は「朝鮮戦争後の対日政策」のように自衛力を持った工業国家にしていこうとしたことが明らかであり、コンプトンが言っているように米国が日本を見ていないことは明確でしょう。
3週間前
×
>>10
日本人としてのプライドがあるから、安倍政権に苦言を呈しているのですよ。日本人としての愛国心があるから、安倍政権を批判申し上げているんです。

情が沢山あるからこそ、こんなに古色蒼然の且つお金のかかる横田、横須賀、佐世保、嘉手納基地を受けれる滑稽を批判申し上げて居るんです。

周辺アジア諸国、世界中の国が米基地を受け入れる日本の愚かさを笑っている。強国同士の戦争はミサイル時代を迎えて出来なくなっておるんです。それに気が付かない愚かな日本のメデイアも大いに責任がありますが。
3週間前
×
>>11
朝鮮戦争後、米国から、これではいけない、との思し召しがあり、自治を与えようとするGHQの計算も加わって、日本が歩き始める、、、、。そのことに、孫崎先生は、日本の原点を見て、嘆いておられるぞ。何故か、それは、自ら立ち上がって要求し、自分らの発想で勝ちってない、からです。

だから、と言って、あかんと私は言わない。当時の時代精神はそうだったに違いない。しかし、今だ、遅くても構わない。自立しよう。ということですがね。CHANGEさん!お分かりかな。
3週間前
×
>>9
>>8
君の文章には、文脈が無いんだ。嫌味ばかり。自民党の国会での野次以下なんですよ。若いのに情けない。
3週間前
×
>>14
他人のことを批判するのであれば、具体的議論にすべきです。あなたに言われたくないと思いますよ。
3週間前
×
>>15
自民党の国会での野次は具体的議論に値しませんよ。CHANGEさん。お分かりかな。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。