• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻雀最強戦2016 女流プロ代表決定戦・激突!タイトルホルダー レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀最強戦2016 女流プロ代表決定戦・激突!タイトルホルダー レポート

2016-08-07 19:00
    茅森・逆転で決勝進出!

     強いと評される麻雀プロはたくさんいるが、「天才」の称号を持つのは茅森早香だけだろう。
     学生時代は麻雀とは全く縁のなかった茅森。小中高を通じてバスケ部で汗を流し、キャプテンも務めていた。またクラスの学級委員にも推されるリーダー的な存在だったようだ。
    茅森「周囲から『やって』って言われて…。皆、早香の言うこと聞くし、まとめるの上手いから、ってことで」

     麻雀を覚えたのは、アルバイト情報誌でみた雀荘のウェイトレス募集がきっかけだった。麻雀を知らないまま勤め始めたものの、いきなり「きみも打つんだよ」と言われ、なし崩し的に麻雀を打つようになる。その間も、いわゆる戦術書を読んだり、誰かに麻雀を教わることもなく、独学で強くなったのだから、やはりセンスは相当なものだったのだろう。ちなみに、数年前まで「間4軒」という言葉も知らなかったそうである。
     そして先輩プロの誘いを受け、最高位戦を受験。故・飯田正人プロの推薦もあって、プロ入り3年目で出場したモンドTVの新人戦で準優勝。そのまま出場した女流モンド杯で初出場・初優勝の快挙を成し遂げる。

     一方、最強戦でも茅森は十分に実績を挙げている。2012年では代表決定戦を勝ち上がり、ファイナルまで駒を進めた。以降、代表決定戦で予選落ちしたのは昨年の「豊後無双」に巻き込まれ、リーチ後に親のメンチンを放銃したときだけだ。

    95703b0f9bf00df67637863d33adfe5c764f2e78

    a3102448df189341708cddfa0c91bf40fecb0124

     また、最強戦特番では佐々木寿人・滝沢和典・鈴木達也という打ち手を相手に完勝した。
     ただ、茅森の予選A卓の相手も最強戦との相性の良さでは引けを取らない打ち手が揃った。石井あや、和泉由希子、茅森早香、魚谷侑未の並びとなった予選A卓。
    388de04d271f20b47daf25b82474fae9c29716fd

     今回は、オーラスで好位置にいることを全員が意識したような展開となった。連荘もなく淡々と局が進み、ラス前でトップ目の石井の持ち点が28200点の大混戦。ここでラス目・魚谷のリーチを受けた和泉がピンフツモのアガリでトップ目に立ち、オーラスを迎えた。
    9f883180a3e27a3071de34dad69d0a6374e07505

    87475e4d8f44276418869b54c2a31f2909c1371e

     だが、ラス親の魚谷が粘りをみせる。
    a3c7971ef6a0383ea863b89882e24d5e54a81697

     ドラpai_s_5s.jpgを2枚抱えた魚谷は中盤でpai_s_nan.jpgバックのチーテンを取った
    pai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_5p.jpgからpai_s_3p.jpgをチー)
    839464ac85425f4aaa7cbd74da1d9955be58ebbb

     メンゼンなら一撃でアガリトップを決められる手材料ではあったが、魚谷は妥協してテンパイに取った。全員がアガリにくる局面では押し切られてしまう可能性も高いからだ。逆に、先にテンパっていれば、単独でpai_s_nan.jpgを抱えた打ち手からは出が期待できる。数巡後、役なしテンパイを入れていた茅森からpai_s_nan.jpgを直撃し、連荘となる。
    a254396197810b11d9c36906bcfe91ba062049eb

    4ceeb9e38bdc98c144345a97badd4721a8ca3679

    1ecfa156ea7ba37dcf2b4008b58683763fcb37c2

     続く1本場では、石井のリーチに対し魚谷が追っかけてアガりきる。
    6aaa97a088ece53313727cc7c455dc7a021fc5e0

    85787a9fbbc033ab595aa51fb996282747c40676

     だが、裏ドラが乗らなかったのでトップには届かず続行。石井・茅森にもうワンチャンスが訪れた。

     2本場。満貫ツモ条件の茅森がドラ1の手で3メンチャンのテンパイを入れた。
    66bffba9052109e1a60e3e4724fbfbc21135e9be

    00d108d605fbf5977418d78526cfee18f2a86c5e

     まだ4巡目とはいえ、この手格好なら裏ドラに期待してリーチをかける打ち手も少なくないだろう。だが、茅森は打pai_s_hatsu.jpgで確実に逆転できるテンパイ形を目指した。
    茅森「巡目に関係なく、裏ドラ期待のリーチはかけたくない。それで仮にテンパイできなくても仕方ないと割り切ってます」

     茅森は9巡目にpai_s_2m.jpgを重ねてメンタンピンドラ1でリーチ。
    128e85b59fcbce3a5bbe64fb2c87420932fe3950

     この待ちを掴んだのが2着目の魚谷だ。
    28a033b4d6d3d35b0c798d7fd03bb5f7141f8fd9

    00d0b730402bea32d6053e006ce1beb6e8a10e33

     魚谷もテンパイを入れていたが、ノーテン流局で逃げ切ることも選べる状況だった。だが、茅森のツモ回数もまだ多い。3着目の石井にも勝負気配がある。
    「自分でアガり切らないと勝てない」
     そう思った魚谷はpai_s_5s.jpgをツモ切り。この瞬間、和泉・茅森の勝ち上がりが決まった。
     087dc4fd506fb2c66e0e7f88e311a1b3badead5c

    5a9a6892db0e2f434274a8f23bd6232564546c14



    ハートに火が付いた
    pai_s_3p.jpg放銃

      デビュー当時から茅森のクールな雰囲気は変わらない。ただ、どんな対局でも平常心というわけでもないようだ。
    茅森「打ちたいと思っている相手と打つ時はテンションが高くなりますよ。逆に、緊張するのは初対面の人。基本的に人見知りなので‥。対局自体は、もちろん勝ったら嬉しいけど、麻雀は100%の打牌をしても結果が常に伴うものじゃない。だから負けてもがっかりはしません」

     そんな茅森の決勝の相手は、和泉、B卓を制した佐月麻理子・大平亜季となった(童瞳・宮内こずえが敗退)。
    60c0b5cc4fe4facb0c78c021bf46885837415cf3

    06689c90d069645b9b7ca3a05a818e38bb093306

    9b4629a73b54d4f03fbf2113cc764a2f2919bb19

     徹底した攻め麻雀で予選を圧勝した佐月。決勝でもリーチ・リーチで攻め続ける。が、周りが上手く対応し、佐月のリーチをことごとく潰していった。
    574a5f60c7d7e8888f0dfa39c8709171b260cd91

     それでも佐月は攻め続ける。ラス目で迎えた東4局。親の茅森の先制リーチに佐月がpai_s_haku.jpg暗刻にし、ドラのペンpai_s_3p.jpg待ちで追っかける。
    516b31f4146b23a7585bec032b9f948003201059

     脇から出るような待ちでもなく、玉砕覚悟の追っかけだったが、このめくり合いに佐月は勝った。序盤の失点を一気に取り戻し、ようやく対等の立場に戻れたのだ。一方、放銃した茅森は一気にラスに転落となる。
    2c4839e71157997c5f50cbfcffb2f9756817cf93

     だが、この放銃が茅森の心に火をつけた。
    cbcebf78c67bd32fa259df98ede05852e6f225c9

    茅森「ラス親もあるので焦りはなかったです。むしろ、ピンチの時のほうが燃えるんで」

     一方、アガった佐月には逆の効果が表れた。苦しい立場から一転、優勝がチラつき、本人に「守り」の気持ちが生まれたのかもしれない(囲み記事参照)。 点数こそラス目だが、追う側の気持ちは強い。南2局以降、茅森は他の誰にもアガらせなかった。

    40c0a43340a695879b6149289397f06bdcd6533a

    5d3f585a8d58149cd2d7aaf683fa71755d810600

    4d24c6e6ae6a5bbf921009abfbdb180a8d439c51

     そして、ラス親でトップ目の和泉をキッチリかわし切り、4年ぶりのファイナルへの切符を勝ち取ったのである。
    d3f4425630953a63e815b26d019ce92025b62f10



    pai_s_haku.jpgは押せない牌だったか?

     決勝戦南1局。僅差の2着目の親・佐月の手牌。茅森のリーチを受けた一発目、佐月はション牌のpai_s_haku.jpgを掴む。
    a0811e7be89662c81f3739253850a60fac13291d

     茅森の捨て牌は序盤にpai_s_4m.jpgpai_s_3m.jpgのリャンメン落としがあり、やや変則的。pai_s_haku.jpgが待ちである可能性も十分ある。
    0212967d7d04424dd10f702bec7af9ff21380610
     ちなみに実際の茅森の手はチートイツでドラのpai_s_4s.jpg待ちだった。

     ここで佐月は手堅く茅森の現物のpai_s_5p.jpgを捨てた。そして次巡、pai_s_4s.jpgツモ。
    d7465d80aa11db1d187c92e8b58c8f1c43f2759d

     テンパイだが、待ちは弱い。結果、佐月はpai_s_haku.jpgを押し切れずノーテンで親を流してしまう。仮にpai_s_haku.jpgをツモ切っていれば、次巡打pai_s_6p.jpgで追っかけリーチ、pai_s_4p.jpgでツモアガリとなっていた。
    c7357035135ffd5df09ea91b6718f76b1cebd70b

     たしかに、先に打pai_s_5p.jpgで受けたのに、弱い待ちのテンパイでpai_s_haku.jpgを押すのは一貫性に欠く。だが、そもそもpai_s_haku.jpgがそれほど危ない牌か? 2着目で南場の親を流すほど、止めなければならないのか?

     対局解説の片山まさゆきさんは「プロはpai_s_haku.jpgを打てない人が多いのでは?」と言及する。
    feb00cb4b234cb68311eb99f5d2eae2de54bb322

     ただ、これは多くのファンが見ている配信対局だ。多くのアマチュアが望むのはpai_s_haku.jpgを勝負するシーンだったはず。だが、勝負を避けたうえにアガリを逃せば、対局への興味も削がれてしまうのではないだろうか。

     レーシングドライバーの佐藤琢磨
    さんは、「F1でチャンピンになるには、多少の無茶でもアタックしないとチャンスは生まれない。ノーアタックノーチャンスだ」と言っている。徐々に知名度を上げていったプロが、さらに飛躍し多くのファンを掴むには、佐藤さんのような姿勢がまさに必要ではないだろうか。
     
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。