• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ファイナルへ向けて 十段位 柴田吉和
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ファイナルへ向けて 十段位 柴田吉和

2015-12-01 19:00
    いよいよ目前に迫ってきた麻雀最強戦ファイナル。出場する選手の方に、直前の意気込みなどを語っていただいた!

    ★十段位獲得おめでとうございます。劇的な逆転劇で周囲の反響も大きかったんじゃないですか?
    21ed64008ae1047bac633ee55f4d57be74421cfc
    柴田「ああ、そうですねぇ。皆さんからお祝いの言葉をいただきました。リーグ戦とかで、なかなかお話しする機会がない方からも『おめでとう、凄かったね』とおっしゃって下さって。凄かったんだろうなぁ、と改めて実感しています

    ★十段位獲得以降、何か変化はありましたか?
    柴田「そうですね。十段戦という大きなG1タイトルを獲らせていただいて、やはり連盟からテレビ対局ですとか、まぁ今回の最強戦ファイナルもそうなんですけど大きいシードを貰えましたし。色んな所から声をかけていただくようになったのが一番大きな変化ですかね

    ★ちなみにプロ何年目のタイトル獲得でした?
    近藤「私は今年の9月で丸3年なので、今回は4年目のシーズンを迎えたところでの十段位です。実は去年の新人王戦(プロ歴3年目までの選手がエントリー可能)も勝ってまして。実はその新人王戦も初めて配信されるときのものでして。ですから新人王戦の優勝も、自分の名前を知っていただく機会を得ることができた対局で、僕としてもこの優勝は非常に大きなものでした。で、実は今回の十段戦も、新人王のシードがあってからの優勝だったんですよ。自分は二段なので、本来なら二段戦からなのですが、新人王ということで四段戦から出場することができたんです。ですから、今回の優勝はそのシードのおかげといえるんです」

    ★プロ4年目ということはまだお若いんですよね?
    柴田「よく言われるんですけど、37歳なんですよ。33歳でプロ試験を受けまして

    ★他の方よりは遅いプロ入りだと思いますが、何がきっかけだったんですか?
    柴田「私が従業員をしていた雀荘に連盟の先輩が働いていたのと、あとそのお店に昨年の最強戦ガールをやっていた菅原千瑛プロも働いていたんです。で、彼女も『プロテストを受ける』と言っていたこともあり、また自分自身も滝沢プロのような強い人たちと麻雀を打ってみたいという気持ちがあったので、同時期に試験を受けることにしたんです。それがきっかけですね」

    ★普段はどういうプロ活動をされていますか?
    柴田「連盟から麻雀教室の講師の仕事を紹介していただきまして、週に2回ほど行かせてもらってます。役は覚えたけど、点数があやふやなレベルの方とか、あとは手組みだとかを学ぶ中級レベルの方に教えている教室を担当しています。あとは週1ぐらいで麻雀荘の仕事もしています」

    ★柴田プロの雀風、あるいは麻雀で大事にしている部分を教えていただけますか?
    8a84cc43623e25934af9c119e72af2ef3bfb3629
    柴田「基本的には門前で高打点を目指す打ち方をしています。まぁこのあたりの打ち方はルールによっても違うのでしょうが。一昔前の自分はリーチリーチで押す麻雀だったんですよ。最近は連盟チャンネルで先輩方の麻雀を見るようになって、滝沢和典プロや連盟のAリーグの方は理由のない安い仕掛けはないということを学びました。そこからダマテンの重要さを考えさせられるようになり、最近はダマテンで高打点を狙うスタイルに変わってきましたね。滝沢さん以外だと、藤崎智プロの麻雀が好きでよく見るんですけど、今はそういう麻雀を目指しています」

    ★ファイナルまであと3週間ですが、そちらに向けての心境を聞かせてください。
    a05bc27f5b01387af7f1ba488d1390722018b3f7
    柴田「実は最強戦という存在自体が、正直あまりピンときていなくて。最強戦チャンネルもあまり見たことがなかったんですけど、十段位を勝ったことで最強戦ファイナルへのチケットをいただいたとき、凄いところから出られるという話を伺いました。それまでも麻雀最強戦の大きさ、タイトルの重みは理解していたのですが、自分としては
    特に最強戦へ馳せる思いはありませんでした。ですが、やはりベスト16から最強位になるチャンスがあるとなり思うところもできました。『やってやろう』と。掴んだチャンスはぜひ物にしたいです」

    ★対局の前日はどのように過ごされますか?
    柴田「今回のファイナルのシステムが、トップ獲りの2連勝条件じゃないですか。なので、似たようなルールで親友にセットを組んでもらうつもりです。あと、しばらくは頭取りを意識して麻雀を打ち込もうかなと思っています」

    ★今回の対戦相手(高橋凌さん 藤田晋さん サイバーカップ勝者)にはどういうイメージを持っていますか?
    851589f63e55318ca8bd176d5d76337427266856
    柴田「藤田さんは、いま連盟チャンネルでタイトルホルダーを集めた『日本シリーズ』という対局に出場されていて、そこで藤田さんの麻雀は何度か見させていただいてます。さすが最強位だけあって素晴らしい打ち手だなと印象があり、やはり強敵だと思います」

    82fd78d06664bffa329618026777a3798c2514a2
    柴田「高橋さんの麻雀は見ていないんですが、何千人のアマチュア雀士で一番になった方ですから雀力はもちろんですし、持っているものがあるしょうから要注意しなければという思いはありますね」

    ★優勝したら賞金は何に使いたいですか?
    柴田「全然考えてませんでした。まぁ、麻雀以外だとラーメンが好きで激辛ラーメンをよく食べに行くのですが、それに使うぐらいですね?」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。