• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

麻雀最強戦2015ファイナルC卓 レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀最強戦2015ファイナルC卓 レポート

2015-12-20 19:00
    700cf38dc69961e630df33beaaf1b3166f9735ea
    2015年12月12日に開催された対局を各卓ごとにレポートします。今回はC卓です。


    C卓は所属団体・性別・世代が全て異なる組み合わせ。魚谷侑末・近藤誠一・江崎文郎・片山まさゆきの並びで始まった。
    8903939da6da4d76a936609077432fb5020a052e

    この卓の注目雀士は、先日最高位を獲得した近藤である。タイトル獲得もそうだが、その勝ちっぷり、そして「負ける気がしない」という自信あふれるコメントである。独特と言われる押し退きをどこで見せるのだろうか?

    東1局は親の魚谷がドラのpai_s_haku.jpgをトイツにしたバック仕掛けで主導権を握るも魚谷1人テンパイで流局。その1本場もドラが役牌のpai_s_ton.jpg。お互いに警戒しつつの構えを取り、重い場となって近藤の1人テンパイで流局した。

    この対局、初アガリを決めたのは江崎だった。
    20604f81163335e3098bd749eecca474aef5a709

    b7c672314f62766f20c45111665a1bb99d750cac

    魚谷との2軒リーチに競り勝ってのアガリ。このアガリをきっかけに、江崎は親で爆発したいところ。全日本プロ代表決定戦では親の連荘が優勝の決め手になっているだけに、次の親は何かが起こりそうだった。

    だが、続く親番はリーチをかけるも流局。続く1本場では近藤の意外な(?)リーチが飛び出した。
    b2ec7a050355dcae9bbfb131f2725cc477968e85

    a510b4f076833242a9f900d23ec6d8d9ae68e16a

    カンpai_s_3s.jpgに取るかカンpai_s_5s.jpgに取るか。近藤の選択は前者。そしてリーチをかけた。いわゆるペンカンpai_s_3s.jpg待ちである。確かに場を見ると魚谷がpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgを1枚ずつ、そして江崎がpai_s_4s.jpgを1枚捨てている。つまり近藤からみるとpai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpgも3枚ずつ見えの状況だ。さらにpai_s_3s.jpgが2枚見えということは、仮にpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgで使われていたとしてもpai_s_3s.jpg自体は最大1枚しか使われていないということになる。いや、そもそもソーズの下(pai_s_1s.jpgpai_s_4s.jpg)が激安の状況なのだから、pai_s_3s.jpgは2枚とも山にいる可能性が高い。おそらく近藤はそういうことを意識していたのではないか。

    この待ちを親の江崎が一発で掴んだ。
    fb29e21cbea2372e4163af1293eb230d87e5e4ac

    いったんは現物のpai_s_6s.jpgで放銃を回避した江崎だが、自身の手がツモり四暗刻のイーシャンテンというチャンス手では止めるべくもない。2巡後にpai_s_4p.jpgをツモったところでpai_s_3s.jpgを捨てて放銃となった。

    802ec12c4c89f4c259f2fe53d0839edecddbd27e



    東4局はトップ目の近藤がpai_s_3p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_9p.jpg待ちのリーチで畳みかける。

    近藤の手牌 pai_s_2m.jpgpai_s_3m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpg ドラpai_s_7p.jpg

    だが、このリーチに魚谷が追いつく。
    2fb8e0daed3c43a5e484a999386a32594e952db8

    83882fbc60cd4450ccd77210942a2c6fa55d2eb2

    近藤は3メン待ちとはいえドラ表示牌のpai_s_6p.jpgを2枚使っている分、待ち枚数は魚谷がやや有利。この局は魚谷がpai_s_8m.jpgをツモって満貫。トップめで東場を折り返した。



    それにしても片山が非常におとなしい。
    2dc60b10687f7725574ba82ff846cd68d76b06d3

    東場はたしかに手が入っていなかった。ただ、行けそうな手牌でも早めに手じまいしていた局もあった。ラス親ということもあり、序盤の致命傷を避け南場で勝負を賭けるつもりなのだろう。

    南2局、1本場。片山の手が四暗刻のイーシャンテン。だが、その前には江崎の456の三色のリーチ、さらに親の近藤の追っかけリーチに挟まれた。
    f7261754b21b50312f7a9a4f0c46d5759dd7b057

    片山はpai_s_8p.jpgのポンテンを入れて反撃するも、近藤が江崎に安目の放銃で決着。
    070eb95bc2933d4578178d2affaad1e456596734

    拮抗した状況のまま迎えた南3局。ついに近藤の凄い一打が飛び出した。
    2c5d2ec0e608d41021b5906f0d1b9e610a6e1282

    d1466cc4ab7c04f18276f3a8c11d9e099cd0daa6

    西家・近藤の3巡目。皆さんならここで何を切るだろうか? トイツが3組・暗刻1組で縦寄りの手牌である。ストレートにpai_s_haku.jpgpai_s_chun.jpgを捨てる人もいるだろうが、これらを重ねてのトイトイも魅力的なので残す選択もある。pai_s_8s.jpgなどは意外と多いかもしれない。ドラ表示牌であり重なりにくく、待ちになっても悪い。あと、打pai_s_3m.jpgとする人も多いだろう。だが、ここで近藤が捨てたのはpai_s_5m.jpgだった。これは思い切りトイツ手寄りの選択といえる。

    次巡、近藤はpai_s_chun.jpgを重ねたところでトイツ手に確定させ打pai_s_8s.jpg。直後に出たpai_s_6s.jpgをポンしてpai_s_3m.jpgを捨てた。
    f1aa2f2db8058d9da735c2c3f47a8c68dfb54898

    pai_s_5m.jpgpai_s_3m.jpgの間に手出しのpai_s_8s.jpgを挟んでいることで、相手にしてみれば近藤の手中にはpai_s_1m.jpgpai_s_2m.jpgが存在しているように思えなくもない。その後、すぐにpai_s_chun.jpgが鳴けてあっという間にpai_s_6m.jpgpai_s_3p.jpg待ちのトイトイに仕上がった。

    さらに、近藤はpai_s_chun.jpgを明槓、pai_s_9p.jpgを暗槓し相手に圧力をかけていく。メンゼン3人にとって、槓ドラが2つあるという絶好の機会にもかかわらず近藤に押し返せる打ち手はいなかった。完全に近藤の1人舞台である。

    ただ、こうなると出アガリはなく、近藤もツモるしかない。特にトイトイに刺さる可能性のあるション牌などは絶対に出ないからだ。ただ、いわゆる通常の捨て牌と違って、トイツ手の場合、序盤に切られた牌の隣(いわゆる裏スジで、近いほうの牌)は通りやすいという特徴がある。

    たとえば、近藤は序盤にpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgを手出ししているが、こういうときにpai_s_3s.jpgが手中にあるケースはまれだ。途中で引いたpai_s_3s.jpgを手に残し、その単騎になっているか、あるいはさらにpai_s_3s.jpgを重ねてシャンポンになる可能性はあるが、近藤の仕掛け出しから実質3フーロとなるpai_s_9p.jpg暗槓まで手出しは1回しかなかったからである。

    江崎が近藤の仕掛けに対し、pai_s_3s.jpgを捨てることができたのはそういう理由があるからである。
    0cd155d7860621c2e0fc06b69412450cdddd965a

    607c1dce7955e213286fb198ed5166667755c4fa


    ただ、近藤の仕掛けに対し、唯一手牌を崩していなかったのが魚谷である。

    ed015876a5beeb8811d68ec6b924c87b12c49e82

    13922b93189e0745c5fc59a4847c6087be224c20

    槓ドラのpai_s_9s.jpgを重ねた魚谷。pai_s_6m.jpgpai_s_9m.jpgを捨てればイーシャンテンだ。魚谷からpai_s_7m.jpgは4枚見えていて、近藤にpai_s_6m.jpgpai_s_9m.jpgのリャンメン待ちは否定できる。ただpai_s_6m.jpgpai_s_9m.jpgはともにション牌だ。ここで近藤の切り出しを思い出してほしい。近藤は3巡目に打pai_s_5m.jpg、そして手出しのpai_s_8s.jpgを挟んで打pai_s_3m.jpgである。

    f1aa2f2db8058d9da735c2c3f47a8c68dfb54898

    先ほどの江崎がpai_s_3s.jpgを通した理屈でいえば、このpai_s_5m.jpgからpai_s_6m.jpgが手にある可能性はほとんどない。pai_s_6m.jpgのリャンメン待ちは既に否定されている。したがって、魚谷としてはテンパイしたときにpai_s_2p.jpgpai_s_5p.jpgを勝負するかはその時考えるとして、とりあえずpai_s_6m.jpg捨てのイーシャンテンは維持できると考えた。この接戦で、安易にノーテン罰符を渡したくない。その魚谷のシビアな姿勢が今回は仇となってしまった。

    67215f34a808bcd312c5f43b00f05d6b2cae4ca1

    pai_s_chun.jpg・トイトイの80符で満貫のアガリを決めた近藤がオーラス、トップ目に立った。



    オーラス。トップをまくられた魚谷だが、6400以上をアガれば再逆転できる。その魚谷にぴったりの手がきた。

    4e39168b49aabc63c7042a198f2c3e358e5f272d

    efbbc00ba57bb272ace3e89339974b59be48e3c0

    チートイツ・ドラ2のイーシャンテン。ドラは待ちになってもOKなので、1巡でも早くテンパイすることが肝心だ。ここで手が止まる魚谷が選んだのはpai_s_3s.jpgだった。だが、次巡すぐにpai_s_3s.jpgがカブり、さらに4巡目にドラのpai_s_1s.jpgを引いてしまった。いや、これでテンパイなのだが、2巡目に打pai_s_6m.jpgpai_s_7s.jpgを選択していればこのオーラスは4巡目にケリがついていたのである。

    ここから魚谷の単騎探しの旅が始まる。

    一旦、pai_s_7s.jpg単騎に受けた魚谷は、片山のpai_s_1p.jpg手出しを見て、直後に引いたpai_s_2p.jpgに待ち変え。これは片山のペンチャン整理を狙ったものだ。

    さらに次はpai_s_1p.jpgを引き、pai_s_1p.jpgに待ち変え。親の現物は常に狙いごろだからだ。

    そして魚谷は絶好のpai_s_1m.jpgを引く。
    b692fcb633ed9ee7c1fc3e128475fc2bf477245c

    これも片山の現物。さらに片山・近藤が1枚ずつpai_s_2m.jpgを捨てているため、この両者からpai_s_1m.jpgが出てくる可能性は非常に高い。これは賭ける価値の高い牌だ。実際にpai_s_1m.jpgは山に2枚生きていて、しかもこの牌を止める人はいない。いよいよ決着かと思われた。

    が、ここに親の片山がリーチ。
    bd9bddfaf62f573848ff7bdf2c324be15484eeb8

    1f21c3ec1420707a1f8e21088dda7bcc647b5922

    ツモなら裏ドラ1枚でミッションクリア。今までの我慢はこのリーチのためにあった。そんな感じのある力を込めたリーチである。

    さらに片山のリーチ棒が出たことで江崎の条件も「のみ手でもツモならOK」に変化。
    6b801259170827fb5cfbaf7b133d31786cc6fad5

    c08bf29e91cafbe05f2a6f84d67ab1f13066f808

    何とか追いつこうと食いタンで発進した。仕掛けて愚形残りのイーシャンテンだが、指をくわえて見ているわけにはいかない。

    3人がトップに向かってあと1牌まで迫っている。アガリトップでpai_s_nan.jpg暗刻を手にした近藤も当然戦いに加わる…かと思われた。

    bc327961c6327fdca34ac0d6643db6e3d0108bbe

    ca38c2429051f11c2de1debb216cdffcfdd11b60

    近藤の手はイーシャンテン。片山の満ツモ条件があるだけでなく、江崎も食い仕掛けで応戦している。だが、ここから近藤はpai_s_nan.jpgの暗刻を崩してオリた。これには驚いた。流局まではまだ8巡ある。その間にアガられれば対局が終わってしまう可能性が高いにも関わらずである。自分の手もイーシャンテンなら戦う、散るを覚悟で戦う道を選ぶ人が多いのではないだろうか。だが、近藤は我慢した。自分の手がアガリになるより、危険牌を捨てればそこで決着してしまう可能性の方が高いと考えたのである。

    結果、片山のアガリはなく、魚谷の単騎待ちの絵が合うこともなく、江崎のツモアガリもなく流局した。オーラス1本場は近藤は役牌pai_s_sha.jpgのトイツを手に食い仕掛けに出た。1巡目から裏目のある選択が連続する手牌だったが、ノーミスで仕上げた近藤がC卓の勝ち上がりを決めた。
    45cc3d0e90e128dbb177632a6bc22c9d2486b96b
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。