• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

敗れし強者たち【近藤誠一 C卓編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

敗れし強者たち【近藤誠一 C卓編】

2016-01-10 19:00
    最強戦ファイナルを戦った選手は対局中に何を考え、どう決断していたか? 気になる局面をピックアップし、直接選手に聞いてみた!

    今年、3年ぶりの最高位に返り咲いた近藤誠一。ただタイトルを奪還しただけではなく、誰に聞いても「近藤は強い」と絶賛される勝ち方だった。直前インタビューでも、そのコメントから最強位奪取への自信に満ち溢れている。その近藤は江崎文郎・魚谷侑未・片山まさゆきを相手にどのように戦っていたか?

    974e58009b35f9206c3e68d9c9c7de0cd397c08e

    重たい展開で始まった東場。近藤も東3局までアガリを決めることができずにいた。だが、東3局では最初にテンパイを入れる。
    01f5b44add932f34bce859a6bda60c44de2f4e53

    ここで近藤は打pai_s_6s.jpgでリーチをかけた。待ちはpai_s_1s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_2s.jpgpai_s_3s.jpgpai_s_4s.jpgのカンpai_s_3s.jpg待ちである。

    「近藤さんからみてpai_s_5s.jpgは0枚、pai_s_3s.jpgは2枚見えている状況で、pai_s_3s.jpgを選んだ理由を教えてください。たとえば、pai_s_3s.jpgでアガったとき、あるいは流局時にそのテンパイ形を相手に見せることの効果もリーチの意図にあったのでしょうか?」

    92e95e536002495520bd9ee5ef84578146520dad

    近藤「
    自分の手牌を含めてpai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpgの見え具合、およびpai_s_8s.jpgの出具合(他家から捨てられているので、手中にpai_s_5s.jpgが持たれている可能性がある)で、pai_s_5s.jpgよりpai_s_3s.jpgが優位と判断しました。直前にpai_s_3s.jpgが一枚切られたのは少し痛いとは思いました。見せる効果は、多少は笑い話になると思った程度で、特にありません

    たしかに
    pai_s_2s.jpgpai_s_4s.jpgがそれぞれ3枚見え、かつpai_s_3s.jpgが2枚出ならpai_s_3s.jpgが固められていることはないのでカンpai_s_3s.jpg待ちのリーチは理に適っているように思う。だが、最強戦ファイナルでこの形のリーチを躊躇いなく放てる打ち手はなかなかいない。この部分が近藤の言う感性で打つことなのだろうか。この待ちがチャンス手の親の江崎から出て5200のアガリとなる。が、点数以上に衝撃を受けるアガリだった。

    ただ、近藤もそこからなかなか3者を突き放すことができない。東ラスでは
    pai_s_3p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_9p.jpg待ちでリーチをかけるも魚谷に引き負け、また南2局1本場では江崎に安目とはいえ3900の放銃で親を落としている。
    92b3bdbbf5bc7cdfecc5e38e95f8714b41f9bb2a

    「この放銃によって、親なしの残り2局でトップとは10100点差。この状況で焦りはなかったですか?」
    近藤「少し辛い状況になりましたが、受け入れるほかに道はなく、焦りはありません。いつか捲れると思っていました」



    そして迎えた南3局。近藤の手はドラもなく、手牌の形も重かった。4巡目、チートイツが見える手牌になったところで近藤はpai_s_5m.jpgに手をかける。

    8109cef3c674e5e14fe35de612731ae4619675d5

     「ここで打pai_s_5m.jpgとした理由を教えてください」
    近藤「ここでトイツ手に決めるべきと判断し、重なり期待の低い順に選択しました。結果的にpai_s_6m.jpgの出アガリに僅かながら影響したようですが、意図はなく期待もしていません」 

    19df78e954759f3356fcf0a449efb6a7ba834b9a

    「次巡、pai_s_chun.jpgを重ねてチートイツのイーシャンテン。pai_s_3m.jpgではなくドラ表示牌のpai_s_8s.jpgだったのはやはり重なりにくさを意識したからでしょうか?」
    近藤「あくまで、重なり期待の低い順です」 

    この直後pai_s_6s.jpgが出てポンしましたが、すぐにチートイツのテンパイが入れば即リーチをかけていましたか?」
    近藤「チートイツのテンパイが入った場合、待ち牌が悪くなっていなければ、リーチです」

    近藤はpai_s_6s.jpgポンの後、pai_s_chun.jpgポンからの明槓、pai_s_9p.jpgの暗槓で満貫のテンパイを果たす。これを魚谷からアガってトップ目でオーラスを迎えた。
    c2a514408f9d9d8de63f7a768fc63f22436602ed

    だが、そのオーラス。近藤の手牌には役牌pai_s_nan.jpgの暗刻があったものの、それ以外はバラバラ。しかも魚谷に早いテンパイが入った後、親の片山からリーチ。それに対してドラを捨てて勝負する魚谷。さらにリーチ棒のおかげで、アガリ条件のできた江崎も仕掛けを入れて応戦している。近藤1人が追いつけない状況だった。

    ce25f9fe4940acaefc86e512f166b7a0487d17e8

    全員がアガりに向かっていて、しかもこの局で即決着がつく可能性も十分高い局面で、近藤さんはpai_s_nan.jpgを落としてオリました。このときの心境を教えてください」

    b3ce8df2ad7db968903d8f510d981928d26938cd

    近藤「堪え難きを堪え、忍び難きを忍んで、オリました。 配牌が、南の勢揃い以外はなんとも辛いもので、その時から、このイメージはありました。 ダメならこれもまた天命と受け入れ、流局を待ちました。 あくまで感覚的な話ですが、自分がアガリに向かった方が終わってしまうと思いました」

    親と一騎打ちの状況ならまだしも、全員にトップの可能性がありかつ全員が攻めている状況で我慢できるものだろうか? 多くの打ち手がダメ元で突っ込んでしまうような気がする。だが、近藤は耐えて流局を祈った。その祈りが通じたのか、この局では決着がつかずもう1局となる。近藤はトップ目を譲ったものの、ひとアガリでまくれる位置を維持。そして取った配牌には役牌のpai_s_sha.jpgがトイツで入っていた。だが、何から捨てるかが難しい。近藤はここからpai_s_5m.jpg切りを選んだ。

    acd744dcc334ff70569c754922ede8c7b23ef038

    第一打は結構難しいと思います。近藤さんが、打pai_s_5m.jpgを選択した理由を教えてください」
    近藤「リャンカンは手牌の場所をとりすぎるので、とりあえずpai_s_5m.jpgを切り、場合によってはpai_s_7m.jpgpai_s_9m.jpgと切るつもりでした。チートイツは望んでいませんが、トイツはポン出来る飛び道具として、とりあえず残しました」

    すぐにカンpai_s_8m.jpgを引き入れた近藤は、4巡目に江崎からpai_s_sha.jpgをポンしてテンパイ。相手にテンパイを組ませる時間を与えず、あっという間にアガり切って決勝進出の切符を手にした。
    b3ad1d058c0630d8ef5bbaa53e19407dbcd2e442


    決して楽な勝ち方ではなかった。が、自信に満ちた近藤の強さを十分に見せつけた半荘だったといえるのではないだろうか。

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀最強戦ブロマガ
    更新頻度: 未定
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。