• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

一問一答「進学で思うようにいかず、その不安と他の選択肢で悩んでいます・・・」〜ラディカルアクセプタンス〜
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一問一答「進学で思うようにいかず、その不安と他の選択肢で悩んでいます・・・」〜ラディカルアクセプタンス〜

2021-01-07 16:30
  • 4

今回は、

"後悔しない選択をするための方法"について、

希望の進路に進めず、自分の選択に不安を抱え、そんな自分を変えたいという相談への質疑応答をご紹介します。


あなたは、これまで、希望の方向へ進めなかったり、やりたいことが出来なかったときに不安や迷いを感じたことはありますか?

また、自分の選択を後悔したことはありますか?


その時に、どんな不安や後悔を感じ、どのように対応しましたか?


失敗や挫折で立ち止まってしまうことや不安やストレスで押しつぶされそうになることは皆さんそれぞれにあると思います。


そんな時、

不安やストレスというものとどのように向き合うといいのかみていきましょう!


Q. 「進学で希望するとこに進むことができず、それでいいのかという不安と他の選択肢もあるのではないかと悩んでいます。そんな自分を変えたいと思っていますが、後悔しない選択をするための方法について教えてください。」




大切なのは「安定した生産性」


動画でも紹介しているように、DaiGo師匠も受験では挫折して当時はかなりやばい人でした 笑。


何歳の時に人が成功するのかということを調べた興味深い研究があります。

これによると成功は年齢とは関係がないということが分かっています。

運動などの特殊な分野はともかく、一般的なビジネスにおいては年齢と成功は関係がありません。若い時に成功する人もいれば歳をとってからでも成功する人はいくらでもいます。


では、何が関係するのかというと、成功を予言できるものは年齢ではなく「安定している生産性」だけだということが分かっています。


成功というものは安定している生産性からしか生まれないということです。


ですから、大学に受かるかどうかよりも続けられるかどうかの方がはるかに大事ということです。 

同じ生産性をずっと維持して仕事を続けていくことができるかどうかということの方が重要です。


大学に受かってからもそれまでの勉強を同じように続けられたらそれは素晴らしいことですが、ほとんどの人はなかなかできないはずです。

せっかく大学に受かってもその先伸びない人が多いですし、大学に入ってからもあらゆる事に興味を持ち学び続けることができる人はそんなにいません。

これが社会人になればなおさら学び続ける人は少なくなります。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
クロロコスDaiGo見たい...

未だにチャレンジなき人生なので、今回は耳の痛いお話でした
役に立った知識をしいて挙げるなら、「情熱意味ない!」みたいな話は安心しますね
ダメ安心ですが...
1ヶ月前
×
こんばんは。
立ち止まりそうになった時、投げ出しそうになった時はDaiGoさんの言葉を思い出すようにしています。
「ご自身のいじめの話」、「ただ愚直にやっただけ」「単なるデータオタクの僕でもここまでこれた」等
「僕も出来たから皆さんもできますよ」とDラボを時系列に沿って観ているとまさに感じます。
同じ動画でも受け取り側によって刺さる言葉はそれぞれでしょうが、私は【ワーキングアイデンティティ】の27分あたりのDaiGoさんのお言葉には涙が出ました…
そして自分で考えた結果、昨年末に転職を決意出来ました。それからの目標設定の放送や今回のブロマガでストレスや不安はエネルギーの源!と学び、今までの私だったら不安で焦っているところ、今はワクワクしかありません。
1ヶ月前
×
Q. 「進学で希望するとこに進むことができず、それでいいのかという不安と他の選択肢もあるのではないかと悩んでいます。そんな自分を変えたいと思っていますが、後悔しない選択をするための方法について教えてください。」

A.人間、未知のものに対しては、誰だって不安です。

自分の選択を後悔しないものにするためには、「選んだ道の先で、自分はどう行動するか?」が一番重要だと思います( ¨̮ )

希望しなかった進学先でうまくいかなくなった時、「もし、希望通りの進学先なら、こんなことにはならなかったんじゃ…」と思う日が出て来るかもしれませんが、

そんな時は、

「そんな、ありもしない『たら、れば』でネガティブになる暇があったら、その時間は何か別のことに目を向けたらいいんじゃない?自分。」

と、自分に投げかけてあげるとよい思います( ¨̮ )

【自分にできることは、今、目の前にあることのみ。それ以外は、今、求めてもしょうがない。今、やるべきことはなんなの?!自分。】

これ↑は、個人的なラディカル・アクセプタンスの解釈です。

そうしていれば、そのうち、自分の選択が「後悔しないものへ変貌」しますよ!

最初は辛いかもしれませんが、これを乗り切ってしまえば、むしろ、その後の人生が大きく切り開けるはずです。

長い人生からの視点で見れば、これは、ピンチではなく、「大きなチャンス」ですよ!!がんばってください(^^)/

ボケット(@小学校の先生)

1ヶ月前
×
1週間後に共通テストをひかえていてどれだけ演習しても不安が収まりませんでした。でもそれが一種の武者震いだったと捉え直すことができ自信へと繋げることができました。最高のタイミングに最高のアドバイスをありがとうございます
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。