• このエントリーをはてなブックマークに追加
悪の枢軸「北朝鮮」が相手であれば一方的な偏向報道も許されるのだろうか ~僕は職業ライター
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

悪の枢軸「北朝鮮」が相手であれば一方的な偏向報道も許されるのだろうか ~僕は職業ライター

2018-04-01 11:00
    <4月の放送予定>

    f505069c444f479e063b67aae64c36c9f85b080c
    のところ北朝鮮への渡航がポツポツと取り上げてもらえたり、仕事につながったり、イベントに呼んでもらえたりと地味に歯車が回り始めたように感じる。6年以上が経過した今、ゆっくりと。
    とは言え、計算上このペースが10年ほど続いてくれれば、ようやく渡航に関する費用約35万円がペイできるようになるかもしれないというレベル。 それはもう南極に降り積もった雪が徐々に氷床となり、やがて棚氷へと姿を変えていくような実感に乏しいほどの壮大なペース。

    ではなぜ今なのか。これまでの6年以上はこちらから売り込みに行っても全くと言って良いほど相手にされなかった。
    それがなぜ声をかけてもらえるように変化したのか。いや、「変化が無かったから」というのが理由の一つなのかもしれない。

    北朝鮮と言えば 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。