• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

AV出演強要問題について被害者と加害者の見解が大きく食い違う理由 ~僕は職業ライター
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AV出演強要問題について被害者と加害者の見解が大きく食い違う理由 ~僕は職業ライター

2018-02-20 22:00
    <<明日は公式生放送+チャンネル生放送>>

    <iframe width="312" height="176" src="https://live.nicovideo.jp/embed/lv310866036" scrolling="no" style="border:solid 1px #d0d0d0; background-color: #f6f6f6;" frameborder="0"><a href="http://live.nicovideo.jp/watch/lv310866036">【2/21(水)21時から公式生放送】延長!ニポポのニコ論壇時評</a></iframe>

    66230f0766bc4e168bb7a0e0d4fdefba5d41b485


    置きしておくと僕にはAV女優や元AV女優といった飲み仲間もいれば、AVレーベルスタッフ、マネージャー、制作会社経営者といった仕事仲間もいる。
    そしてAV出演を強要されたという被害者にも話を聞いてきたし、同主張を展開する団体の代表者にもコメントをもらってきた。

    これといった差別意識もなければ偏見もない。
    ただ、偏見と差別意識があることは知っているし、携わる彼らもそれを重々承知している。

    今回はこのAV強要問題について、被害者側・加害者側双方の主張が大きく食い違う理由やその裏側について考えてみたいと思う。

    まず加害者側とされるAV制作会社のやり口だが、 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。