• このエントリーをはてなブックマークに追加
【のりこえねっと通信0040号】本日21時より2時間スペシャル「徹底討論!ヘイトスピーチ規制法 松沢呉一×野間易通」 生放送です!5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【のりこえねっと通信0040号】本日21時より2時間スペシャル「徹底討論!ヘイトスピーチ規制法 松沢呉一×野間易通」 生放送です!5

2014-08-04 17:18
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■■■-ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-
    ■■■■
    ■■■    のりこえねっと通信 0040号 2014年8月4日発行
    ■■
    ■                        ◆転送歓迎◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★メールアドレスのご変更等は、info@norikoenet.org までご連絡下さい。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    
     賛同者の皆さま のりこえねっと通信をお読みの皆さま
    
    暑い日がつづきます。35度以上の暑さのところも何か所も出ています。この
    ような暑さでは、日中外にいるだけで、くらくらしてきます。ヘイトスピー
    チ・レイシズムでもくらくらしているのに、ダブルパンチにならないよう、
    気をつけましょう。
    
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    〈今号の目次〉
    1.8月4日 のりこえねっとTVのお知らせ 徹底討論!ヘイトスピーチ規制法
    2.7月28日のりこえTV報告 「韓国系日本人」のイキザマって?
    3.今後の反レイシズム情報
    4.今週のヘイト街宣・デモ Pick Up
    5.新聞・雑誌記事・Webより
    6.韓国学習サイトが開設
    7.編集後記
    
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●1.7月28日のりこえねっとTVのお知らせ
    
    ★タイトル:徹底討論!ヘイトスピーチ規制法 松沢呉一×野間易通
    
    本日21日午後9時から2時間の特別生放送です
    
    ◎放送日時 8/4(月) 21:00-23:00
    
    ◎ニコニコ生放送入口URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv188347363
    
    7月から、毎週月曜日よる9時スタート!
    
    毎月第1月曜日は、C.R.A.C.×のりこえねっと TV!
    
     7月24日、国連の自由権規約委員会は日本の人権状況に関する見解を出し、
     慰安婦問題の解決とヘイトスピーチの規制を日本政府に対して求めました。
     8月20~21日には、人種差別撤廃委員会(CERD)が対日審査を行います。
     ここでもおそらく、同様の勧告がなされる見通し。
     国連は日本に何を求めているのか、またそれに対して
     日本政府はどのように対応すべきか、簡単に解説した後、
     ヘイトスピーチ規制法断固反対派の松沢呉一と
     賛成派の野間易通がケンカをします。
    
     <ゲスト>
    松沢呉一(まつざわ・くれいち)
     1958年生のライター。得意ジャンルはエロやグロやくだらないことさまざま。
     著書に『魔羅の肖像』『エロスの原風景』『風俗ゼミナール』など多数あり。
     ここ10年はメルマガ「マッツ・ザ・ワールド」で大量の原稿を配信。
     2013年、しばき隊に呼応する形で新大久保でのカウンターに参加し、
     理論面、実践面あわせて側面から運動を支援しつづけている。
     http://radiobondoodle.tumblr.com/post/87899205363
     ツイッター:https://twitter.com/kureichi
    
      C.R.A.C.
     http://cracjpn.tumblr.com/
     https://twitter.com/cracjpn
    
    ●(重要)7月から放送日が月曜日に変更になりました!
    
     のりこえねっとTVはこれまで毎週水曜日午後9時~10時に放送してきまし
    たが、諸般の事情により、7月から毎週月曜日に変更になっています。
    曜日が変わることで生放送を見られなくなる方は、下記にあるタイムシフト
    予約をご活用下さい。
    (放送後1週間はいつでも見られます)
    
    ◆視聴方法についてあらためて記載します。
    【視聴方法】
     ▼初回にニコニコ動画に会員登録が必要です。(一般会員は無料です)
      http://www.nicovideo.jp/
    
     ▼メールアドレスとニックネーム、性別、年齢等のプロフィール、
      パスワードを登録してください。
     ▼そして、以下にアクセスするとのりこえねっとTVをご覧いただけます。
      http://ch.nicovideo.jp/norikoenet-tv
    
    ※ブロードバンドのインターネット環境、もしくはLTE通信環境のスマート
    フォンなどからもご覧頂けます。あらかじめタイムシフト予約をしていると
    放映後1週間以内はいつでも見ることができます。
    
    
    ◆皆さまへのお願い
    
    現在、のりこえねっとTVはニコニコ生放送( http://live.nicovideo.jp/)
    のトップページ番組表に掲載されておりません。
    Twitter、公式サイトにて告知しておりますが、ニコ生のトップページ番組
    表に掲載されると目に留まりやすく、さらに視聴者が増えると思われます。
    番組表に掲載されるためには、【タイムシフト予約】の人数が200名を
    超えなければなりません。ぜひ、みなさまのご協力が必要です。
    拡散・周知も続けて頂けますよう何卒お願い致します。
    
    
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●2.7月28日のりこえTV報告
    「永住外国人と生活保護法 村田悠輔×雨宮処凛×安田浩一」
    
     日本で生まれ、日本で育ったいわゆる「永住外国人」は、生活保護法の対
    象となるのか。大分市の中国籍の女性が起こした訴えに対し、最高裁は18
    日、「外国人は生活保護法の対象ではなく受給権もない」とする判断を示し
    ました。この問題について、村田さんからの解説を交えてトークしていただ
    きました。
    
     生活保護法による権利としての保護対象は認められず
    
     まず村田さんが今回の判決について解説します。外国人は54年以来、生保
    法による権利としての保護対象ではなく、それに準じる行政措置の対象だっ
    た。国民=国籍の前提で、保護内容は基本的に同じであっても生保法には国
    籍条項があり、申請が拒否されても不服申し立てや訴訟で救済される権利は
    認められないという判決でした。また、81年の難民条約加入などによって内
    外人平等の観点から国内法が整備され、「国民」のついた法でも国籍条項が
    撤廃されたものは多い。しかし生保法については、法の準用で日本人と同様
    の給付が保障されていることから明文化する必要がないとされてきたそうで
    す。判決の影響については、現状を追認して外国籍者を法の対象外としたも
    のの、行政措置としての保護には言及していないので実際面での直接の影響
    はないだろうとのことです。
     そして外国人保護に対するバッシングについて、雨宮さんは死ねというに
    等しいことだと批判します。知り合いの難民申請中の外国人の場合、申請中
    は生活が苦しくとも働けば不法就労になってしまう、しかしまだ難民認定さ
    れていないので生保も受けられない、人道的にどうなのかと疑問を呈しま
    す。安田さんは、移住労働者によって結果的に伝統地場産業を支えている現
    実がありながら、働いてもらっても生存の権利はないというのは内外人平等
    の原則が守られてない証左だと批判します。
    
    安田さん「ネトウヨ・在特会はいい加減なデマで外国人受給者を攻撃」
    
     制度へのバッシングについて雨宮さんは、バブル期は制度自体へのバッシ
    ングはなかったが、生保が既得権に見えるほど全体が地盤沈下したとその背
    景を指摘します。バッシングを見ていると、働いても生保よりちょっと多い
    程度、あるいは収入が多くても長時間労働で精神を病みながら働く俺の方こ
    そ大変なんだという叫びに聞こえる。それを条件反射的に噴出させることで
    足の引っ張り合いになってしまう。長い目で見れば、生保を叩いてレベルダ
    ウンすれば最低賃金も下がるという下への悪循環になる。とはいえ格差や貧
    困がきわまると余裕もなくなって発想も短絡的になり、苦しいときに格好の
    的を見つければ叩く、そのくり返しが投票行動にも反映して政治や社会がぐ
    だぐだになってきたのがこの10数年。バッシングが生まれるのは当然の流れ
    だろうと語ります。
     安田さんは、生保受給が特権に見え、そこに外国人が絡んで「在日特権」
    になっていると語ります。2012年のデータによると生保受給は160万世帯、
    215万人、そのうち外国人は4万6000世帯、7万5000人で3%にも満たないそう
    です。しかし、在特会やネトウヨはいいかげんなデータによって受給者と制
    度を攻撃し、またそれを信じる人がいて「事実」として定着し流通する怖さ
    を指摘します。とくに受給=不正受給と結びつける言説が流布し、必要とし
    ている人々にスティグマ(社会的恥辱感)を植付けていると批判します。不
    正受給と認定されたのは金額ベースで0.5%。ところが生保世帯と知らない
    高校生がバイトをして不正受給とされたケースなどが少なくないそうです。
    村山さんも、過大支給による返還と意図を持った不正受給は法的に別の条項
    であり、不正まみれというのは事実と異なると強調します。
    
    雨宮さん「捕捉率が低いのが問題」
    
     また雨宮さんは、必要とされる人のうちで実際に受給できている人の割合
    が低いことを指摘します。欧州は50%以上、日本は甘く計算しても30%以下
    だそうです。無収入でも1か月分の預貯金があれば受給できないことが多
    く、種々のデータを見るとどうやって生活しているのかと思う人も多いと語
    ります。発表されたばかりの貧困率によれば、相対的貧困率16.1%、2000万
    人を超えています。しかし生保受給者は215万人で、貧困ライン以下の人々
    の10%しか受給できていません。
     その背景について村田さんは、受給資格自体を知らない人が多い、スティ
    グマ、餓死や孤独死を生み出す制度自体の貧困である窓口での門前払い、預
    貯金や車所持など受給要件の矛盾を挙げます。また若い人が働かずに受給し
    ているイメージもあるが、実際は47%が65歳以上の高齢者、次に傷病障がい
    世帯が30%以上だそうです。さらに一人親世帯の貧困が深刻化しており、そ
    の8割以上が福祉への依存が必要な人だそうです。また、求職に努力しない
    人はそもそも受給できない法的な仕組みになっているとも語ります。そして
    高齢者・障がい者や一人親以外でもワープアや仕事がないなどの問題が深刻
    化し、年金や各種手当などが充実していないことが生保に流れ込む原因に
    なっており、全体として考えれば冷静に年金や各種手当の問題として考える
    べきだとも指摘します。
    
    行政も煽る生保受給者への偏見「不正」通報ホットライン
     そして安田さんは、ネットだけでなく行政にも差別偏見が多くみられ、生
    保ホットラインなどは密告ダイヤルになっていると制度のあり方を批判しま
    す。「不正通告」で最も多いのは車の所有で、保護世帯は非公表なので憶測
    によるものです。中には母子家庭なのに男がいるんじゃないかなどの例もあ
    るそうです。行政は通告にもとづいて調査から着手するわけで、プライバ
    シーの問題にも関わっていると指摘します。また行政がこうした差別偏見を
    植付ける結果、スティグマが生まれると語ります。そして生保は行政の施し
    ではなく、生きていく上で必要な権利であり、どう守っていくか問われてい
    ると強調します。
     村田さんは、不服申立てなどは重要な問題なので今後は法的に安定したも
    のにすることが求められると語ります。また外国人への保護費支給を違憲と
    する主張もあるが、2001年に最高裁が「不法残留者」の保護は立法府の裁量
    範囲なので合憲と判断した。つまり「不法残留者」であっても合憲なので、
    永住者については言うまでもないことと一蹴します。
    
    外国人の受給率が高い理由には必然性がある
     
     ところで、生保窓口は外国人より日本人に厳しいという意識がなぜ生まれ
    るのでしょう。安田さんは、外国人特権があるという偏見差別があり、また
    そうしたものが生まれる土壌がある。たとえば人口比では在日の受給率が高
    いのは事実でも、在日だから簡単に受給できるのではなく、在日の経済的立
    ち位置を示しているということに過ぎない。在日受給者の圧倒的多数は年金
    資格がない単身高齢者なので生保に頼らざるを得なくなっている。これは私
    たちの社会の問題であると指摘します。
     雨宮さんは、熱中症で亡くなるニュースを聞くとエアコンがなかったのは
    貧困のせいかと思ったりするが、そういう身近な次元で実際に命が奪われて
    いることから考えたいと語ります。生保はギリギリの生命線であり、そこか
    ら突き放されたら生きる選択肢を奪われることになる。政府は削減しようと
    しているが、最後のセーフティネットなので、これがなければ生きるために
    手段を選ばなくなり、むしろ暮らしにくく怖い社会になる。困ったときに死
    んだり、盗んだり、殺したりしなくても何とかなる制度はあった方が良い
    し、先進国には普通にあると力をこめます。
     最後に、生保のQ&Aから今回の判決関連まで網羅した「生活保護問題対策
    会議」(http://goo.gl/frfLe)と、生保とは何であり、なぜ必要なのか、ど
    んな役割を果たしているかなどを具体的にわかりやすく書いた雨宮さんの本
    『14歳からわかる生活保護』を紹介して終わりました。
    
    
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●3.今後の反レイシズム情報
    --------------------------------------------------------------------
    ★公式サイト 学習会カレンダーにも順次掲載致します!
    http://www.norikoenet.org/workshop.html#callendar
    ★集会・デモ・カウンター・セミナーなどのお知らせを掲載します。
     日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
     以内で、お送り下さい。件名に「のりこえねっと通信掲載希望」と明記し
      て下さい。
    
    1)8・5 緊急討論会「辺野古新基地建設反対!沖縄と京都を結ぶ運動をど
    う作るのか?」-「NO BASE 沖縄とつながる京都センター」(仮称)結成に
    ついて語り合う会-
    
    日時:8月5日(火)午後6:30~9:00
    場所:ひと・まち交流館 京都 第5会議室
    住所:〒600-8399 京都府 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1
    内容:(前半)沖縄・辺野古現地の闘いについての映像「沖縄ニューズリー
    ル」一挙上映
    (後半)「NO BASE 沖縄とつながる京都センター」(仮称)結成についての
    相談会
    https://www.facebook.com/events/618926964887374/
    
    2)8・6ガザの虐殺・封鎖を許すな!秘密保護法廃止!ロックアクション
    
    日時:8月6日(水)18:30~ (19:15デモ出発~大阪 西梅田公園解散)
    集合:中之島公園水上ステージ(中央公会堂前)(地下鉄淀屋橋1番出口)
       〒530-0005 大阪市北区中之島1
    ・各自プラカードなどお持ちください。
    ・ガザの犠牲者、原爆犠牲者を含むすべての戦争犠牲者を想い、ダイ・イン
    をします。
    ・デモの途中、アメリカ領事館前でガザ虐殺・封鎖反対を訴えます。
    ●呼びかけ
    ATTAC関西、関西共同行動、「ストップ!ソーダストリーム」キャンペーン
    パレスチナの平和を考える会、「秘密保護法廃止!ロックアクション」実行
    委員会
    
    3)パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会 
    Here and Now 私たちにできること ガザへの攻撃を止めたい!
    
    日時:8月8日(金)午後3時30分~8時50分ごろ
    資料代:1000円(一作品ごと)連続の方には割引あり 予約不要、先着順
    場所:明治大学 研究棟2F第9会議室(JRお茶の水駅から徒歩5分)
    内容:
    午後3時30分~ 『沈黙を破る』監督:土井敏邦
    午後5時45分ごろ~『壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリン村の叫
    び』
    監督:イマード・ブルナート、ガイ・ダビディ 
    午後7時20分ごろ~『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』
    監督:古居みずえ 
    パレスチナからの現地報告も予定
    (電話・スカイプなど現地通信事情や、時間の都合上できない可能性もござ
    います。あらかじめご了承ください)
    主催:日本ビジュアルジャーナリスト協会、土井敏邦パレスチナ記録の会
    古居みずえドキュメンタリー映画支援の会 
    共催:社会思想史研究会 
    
    4)2014平和の灯を! ヤスクニの闇へ 8・9キャンドル行動(再掲)
    
    ●日時:8月9日(土)13:30~18:30 19:00~キャンドルデモ
    ●会場:在日本韓国YMCA地下ホール(水道橋駅・御茶ノ水駅徒歩5分)
    ●発言:パウル・シュナイス牧師 「旧枢軸国」ドイツからヤスクニを見る
        ダグラス・ラミス沖縄国際大学教員「「同盟国」アメリカからヤス
    クニを見る」
        内田雅敏弁護士「戦没者追悼と靖国」
        山田昭次立教大学名誉教授「軍事大国化への道と戦没者顕彰」
    ●主催:主 催|平和の灯を! ヤスクニの闇へ キャンドル行動実行委員会
    http://peace-candle.net/node/231
    ※このキャンドルデモには在特会が妨害行動を予告しています。
    
    
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●4.今週のヘイト街宣・デモ Pick Up
    
    カウンター行動(抗議行動)される際は、十分お気をつけ下さい。
    経験が少ない方は、複数での参加をお勧めします。
    
    1)反靖国・反天皇・反原発 極左キャンドルデモへのカウンター
    ●日時:8月8日(土) 18:00集合 ☆変更する場合あり
    ●集合場所:神保町交差点 ☆変更する場合があります。
    地下鉄神保町駅A5番出口付近集合
    ●主催:在日特権を許さない市民の会 東京支部
    ※「ヤスクニの闇へ 8・9キャンドル行動」への嫌がらせです。
    
    2)舛添(ますぞえ)都知事やめろ! 街宣in都庁
    ●日時:8月11日(月)16:00~17:30
    ●集合場所】大江戸線 都庁前駅 A2出口(東京都新宿区西新宿二丁目8-1)
    ●主催:日本侵略を許さない国民の会
    ※舛添都知事の韓国訪問が気にいらないようです。
    
    3)日韓断交!媚中、日朝友好粉砕!特アの関わりを断ち切れ!街宣 in 元町
    ●日時:8月10日(日)16:30~18:00
    ●街宣場所:JR元町駅東出口前
    ●主催:在日特権を許さない市民の会 兵庫支部
    
    4)8・5 前日行動!反日左翼の横暴を絶対に許すな!広島決戦
    ●日時:8月5日(火) 14:00街宣 (元安橋上)15:00デモ出発 (元安橋発)
    ●主催:在日特権を許さない市民の会 広島支部
    ※翌日の原爆記念日にも「反日左翼監視行動」の名目で嫌がらせをする模様
    
    
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●5.新聞・雑誌記事・Webより
    
    1)在特会副会長 八木康洋、なでしこアクションが国連人種差別撤廃委員
    会に提出したリポートの日本語訳
    男組ホームページ  8月1日
    在特会副会長 八木康洋が国連人種差別撤廃委員会に提出したリポート(日
    本語訳)
    https://www.evernote.com/shard/s87/sh/4b574223-d902-4cab-9739-eaeda0b047a4/49d89e7c315c7a25def88bcc24f32398
    なでしこアクションが国連人種差別撤廃委員会に提出したリポート(日本語訳)
    https://www.evernote.com/shard/s87/sh/ed5becc0-a162-40f0-acb9-cdc2f3d50d22/c89fc55ca91161d1e62c6d713e45a2b8
    
    http://otokogumi.org/wp/
    
    2)群馬・朝鮮人犠牲者追悼碑:排外団体と職員もめ事
    毎日新聞 7月29日
     
     群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」にある韓国・朝鮮人の強制連行犠牲
    者追悼碑の継続設置を県が不許可とした問題で、排外的な主張を繰り広げる
    グループが2012年、碑の前で公園管理職員の胸を小突くなど小競り合い
    を起こしていたことが分かった。
     ◇県、設置不許可の理由に
     県幹部は取材に対し「こうしたことが今後も起きる恐れがある」と述べ同
    グループとのトラブルが不許可の理由につながったことを認めた。碑を管理
    する市民団体「追悼碑を守る会」は28日、不許可処分の取り消しを求めて
    10月にも前橋地裁に提訴する方針を決めた。
     県によると、12年5月、碑前で守る会が開いた集会の様子がネット上で
    紹介された直後から、「碑文が反日的だ」と撤去を求めるクレームが県に寄
    せられ始めた。
     さらに同年11月、排外的な主張を繰り広げる団体が撤去を主張する街宣
    活動後、公園内にプラカードなどを持ち込んだため、公園管理職員が伏せる
    よう指示。だが、団体側は碑前で横断幕を広げて写真撮影しようとし、制止
    する職員と小競り合いになり、県警高崎署員が駆け付けた。
     県の古橋勉・県土整備部長は取材に対し、「撤去を求める団体が来て騒い
    だ事実があり、今後も起きる恐れがある。論争の場になることは都市公園と
    してまずい。不許可は公園管理者としての責務だ」と話した。
    (略)
    http://mainichi.jp/select/news/20140729k0000m040113000c.html
    
    3)日本のネット右翼らが国際連合を一斉非難 ヘイトスピーチ禁止勧告に
    猛反発
     NEVERまとめ 7月25日
    
     国連人権委員会が6年ぶりに開催した対日審査で、日本で蔓延するヘイト
    スピーチ(差別扇動)への禁止を勧告。これを受け、ツイッター上ではネッ
    ト右翼などから国連を罵る投稿が殺到している。
    ジュネーブでの人権委員会では、アジア人排斥を掲げる街宣活動や、Jリー
    グ・浦和レッズの試合で掲げられた横断幕を巡る問題視され、処罰法の制定
    が求められた。こうしたデモや横断幕の表現を巡っては、日本の匿名イン
    ターネットなどでは内容を支持ししたり、擁護する声が根強くある。
    http://matome.naver.jp/odai/2140620941117304601
    
    4)“在日”ヘイトスピーチ受け「自分が悪いかも」若者グループが相談窓口
    産経新聞スWEST 8月1日
    
     在日コリアンが抱える差別やアイデンティティーへの悩みに答えようと、
    同胞の若者でつくる非政府組織(NGO)「在日コリアン青年連合
    (KEY)」(事務局・大阪市)が相談窓口を開設した。メールで予約を受
    け付けてスタッフが面談する。費用はかからず、主に10~30代の利用を
    見込んでいるという。
     スタッフの李明哲さんは「ヘイトスピーチなどを受けて『自分が悪いかも
    しれない』と自己否定をしてしまう在日が増えており、歯止めをかけたい」
    と話す。窓口は大阪市のほか、東京都新宿区と神戸市の事務所に設ける。
     KEYは歴史、人権の勉強会や交流イベントを開いている。在日コリアン
    約200人に実施したアンケートで「8割以上がヘイトスピーチに遭遇して
    傷ついた経験を持つ」という結果が出たため、相談窓口の設置を決めたという。
    http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140801/wlf14080116370025-n1.htm
    
    5)異例の大歓迎…韓国ソウル市で舛添都知事は“首相気取り”
     日刊ゲンダイ 7月24日
    
     舛添要一東京都知事が23日から2泊3日で韓国・ソウル市を訪問してい
    る。友好都市関係ということで朴元淳ソウル市長から招待を受けたものだ
    が、驚いたのがこの訪韓に合わせ、ソウル市が<東京都知事のソウル訪問を
    歓迎します>と書き込まれた全面広告を読売新聞朝刊(23日付)にだけ出
    したことだ。都庁内でも「こんなの初めて。どんな意図があるのか」と、
    ちょっとした騒ぎになっている。
      広告では、似顔絵のソウル市長が右手をあげ、大見出しで<ともだち よ
    うこそソウルへ!>とある。安倍政権になってから日韓関係が冷え込み、訪
    韓する日本人観光客が激減しているため、広告を打ったもよう。だが、わざ
    わざ舛添知事の訪韓のタイミングに合わせたことや安倍首相“応援団”の読売
    1紙に掲載していることに政治的な思惑もプンプンにおう。
     ■大統領との会談も
    一方の舛添知事も、このところ政治的な“都市外交”に熱を入れている。安倍
    首相が辺境の小国ばかりを外遊し、中韓に行けない中、舛添知事は今年4月
    の中国・北京市に続く、ソウル訪問だ。ソウル市長との懇談だけでなく、セ
    ウォル号沈没事故の犠牲者を追悼する焼香所で献花したり、ソウル大学で日
    韓関係についての講演も予定している。朴槿恵大統領との会談も最終日の午
    前に決まった。地方自治体の首長の枠を超えた動きで、「まるで首相の代役
    気分」(都庁関係者)である。
     舛添知事はネットメディアに連載している日記にも<日韓両国は重要な
    パートナーである。明るい未来に向かって双方が努力すべき時期に来ている
    のではあるまいか>と書いた。暗に安倍首相に対する皮肉とも読めるのだ。
      ソウル市庁海外言論チーム日本担当は「読売に広告を出したことは間違
    いありませんが、1紙だけなのは日本で一番部数が多いという判断だと思い
    ます」と答えた。
    (略)
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/152102/1
    
    6)朴槿恵・韓国大統領、舛添要一・都知事と会談 慰安婦問題などに言及
     The Huffington Post  7月25日
    韓国を訪問中の舛添要一・東京都知事は7月25日、朴槿恵大統領と会談した。
    
     朴大統領は2013年の就任以来、安倍晋三首相の歴史認識を巡る発言などに
    不快感を示し、日韓2国間の首脳会談には応じていない。
     NHKなどの報道によると、舛添氏は、日韓関係の改善に意欲を示す安倍首
    相のメッセージを伝えた。
     舛添知事は、多数の犠牲者が出た旅客船の沈没事故について哀悼の意を表
    したうえで、日韓関係を改善したいとする安倍総理大臣のメッセージを伝え
    ました。(中略)
     会談終了後、舛添知事は報道各社の取材に応じ、「パク大統領は歴史認識
    をしっかりすることが親善の第一歩だという考えを示したので、安倍総理大
    臣に伝えたい。会談は日韓関係を前向きに進めたいというパク大統領の思い
    が伝わるものだった」と述べました。
    http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/25/masuzoe-parkkeunhye_n_5619513.html
    
    7)宮根誠司氏、韓国について「一番のパートナーにならなきゃいけないの
    は日本なんです」と発言
     livedoorNEWS 7月26日
    
     7月25日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)が舛添知事・朴
    大統領会談を伝える中で、司会の宮根誠司氏が「韓国の一番のパートナーに
    ならなきゃいけないのは日本」と発言した。
     番組では舛添・朴大統領会談後に、舛添氏が「日韓関係を前向きに進めた
    いという朴槿恵大統領の気持ちがひしひしと伝わる会談だった」と発言した
    ことを大きく紹介。宮根氏が「舛添さんと朴槿恵大統領が話して、何か扉が
    開くってことがあるんですかね」と岩田公雄解説委員にコメントを求めた。
     岩田解説委員は「歴史認識はまだ厳しい姿勢で、一つ一つ扉を開けて行き
    たい気持ちはあるんだと思いますけど、どこでそれが実現できるかってい
    う…。地道な対話の姿勢を日本側からも発しなきゃいけないんだと思います
    けど」と答えた。
     それを受けて宮根氏は「朴槿恵さんも完全にシャットアウトしてるわけ
    じゃないんだよっていうのは、日本側にわかってほしい感じはしますけど
    ね」とコメントし、下川美奈記者は、朴大統領が「対日感情、国内世論を考
    えている側面もある」と指摘した。
     さらに宮根氏は「セウォル号の事件をはじめ、地下鉄の事故が起こったり
    とか、韓国経済も冷え込んでいる中で、一番のパートナーにならなきゃいけ
    ないのは日本なんですよね」と、日本と韓国のパートナーシップについて力
    説し、今後の日韓関係の協力の大事さを強調した。
     宮根氏は前日の放送でも「平昌と東京で五輪が続くわけだから、もっと協
    力できることはいっぱいある」と、日韓協力の必要性を説いていた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9082563/
    
    
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●6.韓国学習サイトが開設されました!
    
     一般社団法人学習サイトが「韓国学習サイト」を開設しました。代表理事
    の李起昇さんはこのサイトについて、「このサイトは、韓国の民族や文化に
    ついて、遊び感覚で楽しんでいる内に、知らぬ間に学ぶことを目標にしてい
    ます。民族の如何に関わらず、多くの人に楽しんで頂ければ幸いです。」と
    述べています。最初にメールアドレスを登録する必要がありますが、楽しみ
    ながら韓国のさまざまなことを学ぶことができる、よい機会になるのではな
    いでしょうか。詳しくは下記のURLをご覧ください。
    http://kc-learning.com/
    
    
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●7.編集後記
    
     先週もふれましたが、国連自由権規約委員会から日本政府に対して「勧
    告」が出されました。これには日本のさまざまなNPOが働きかけた成果とも
    いえるわけですが、今回在特会など反対側もカウンターレポート出していま
    す。在特会のHPには英語しか出ていないのですが、男組のHPに日本語訳した
    ものが掲載してあります。(web情報を参照のこと)
    「確かに『朝鮮人を殺せ』や『ゴキブリ』といった攻撃的なフレーズを一部
    のデモ参加者が口走ることもあるが、それ自体は断じてデモのアピールポイ
    ントではない」朝鮮大学校を襲撃した桜井会長、自ら殺人宣告をしたのを忘
    れたかのような書き方です。私も少し目を通しただけですが、一事が万事こ
    んな調子です。これでは日本語のものを在特会のHPに載せられないわけです。
     暑い日が続きますが、皆様熱中症には気を付けてご自愛ください。
    (か)
    
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★メールアドレスのご変更等は、info@norikoenet.org までご連絡下さい。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■のりこえねっと通信 0040号 2014年8月4日発行
    info@norikoenet.org
    発行:のりこえねっと事務局
    運営団体:のりこえねっと
    
    〒169-0072
    東京都新宿区大久保2-7-1大久保フジビル 311 ペンの事務所気付
    Tel.03-5155-0385/Fax.03-5155-0383
    
    公式サイトURL http://www.norikoenet.org/
    Twitter https://twitter.com/norikoenet
    
    (C) のりこえねっと All rights reserved.
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    
    
    
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。