• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】『ガンダム』は崩壊寸前だった!? 富野監督の英断とは?」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】『ガンダム』は崩壊寸前だった!? 富野監督の英断とは?」

2017-10-26 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/10/26

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    今日は岡田斗司夫のゼミ室通信をお届けします。
    DMMオンラインサロンの岡田斗司夫ゼミ室では月に1回オフ会があり、ここで質問や相談を受け付けています。

    モビルスーツ「ドム」が紫色であるワケ

    今回は東京で行われた公式オフ会より、『機動戦士ガンダム』の話題です。

    「黒い三連星」あたりより、紫を主とした色使いが多用され、サイケデリックな雰囲気となっていました。
    その理由と『ガンダム』が陥っていた「大人の事情」について語ります。


    ガンダムは準備していたリソース、予算的にも人員的にも時間的にも、どんどん使いつぶされていって、お話的に一番盛り上がる「ジオンの脅威」あたりで使いつくされるんです。
    そこから先態勢を立て直しつつ、もう一度宇宙に戻るジャブローあたりまでがんばってたんですけど。
    そこで安彦さんが倒れて、作画的に全面崩壊したまま最終回を迎えたというのが大きい流れです。
    見ている人には関係ないんですけど(笑)

    「黒い三連星」あたりで何故あんなにモビルスーツを出したのか。
    富野さんは露悪的に語ってるんですけど
    「俺はえらいことを思いついた。
    ロボットを描いている限り、二本足を動かさなきゃいけない。
    しかし、浮いてるロボットなら、足を動かさなくてもいい。」

    おまけにロボットが走っている時は、腰を上下動させなきゃいけない。
    この作画に手間がかかる。
    でも思い切って横にスライドさせたら、こんな楽なことはない。

    本当に作画的にもスタッフ的にも限界がきているから、このロボット浮かしちゃえと。
    そして横にスライドしちゃえと。
    ついでに色は、当時太陽印刷というインクメーカーがあったんですけど、紫が大量に余っていたんですね。
    一番余っている紫使ってしまえと。
    昔はセル画の色塗りは、内職で発注してたんですけど、その作業の人たちからクレームが出ました。
    かつては60色くらいだったのに、ガンダムくらいから100色くらいになってきた。
    こんなに沢山の色を管理できないと。
    さらに現場に遅れが出て、スケジュールが押してくる。色指定を見たら、ない色が書いてある。
    そのない色を発注しているうちにさらにスケジュールが押してくる。
    どうするんだ!と言う時に、富野さんが
    「全部紫でいこう」
    と。

    そういう事情があったんです。

    そもそもおもちゃメーカーとの約束に
    「味方のロボットは一種類」
    「敵のロボットも一種類」
    ということでザクだけと決めてたのが、やっぱりそれでは困るということで、新型を出すことになった。
    でも現場は混乱する。
    せめて色を紫にすることでなんとか立て直したんですね。

    背景も同じです。
    描いてる時間がないから、何にでも使える背景というのを作りはじめた。

    森とか砂漠とか星空を描いてる時間もない。
    ただ印象的な背景。
    色んな色を塗りたくっておどろおどろしくすればどこにでも使える。
    撮影も楽になる。
    そういうわけなので、「黒い三連星」あたりはサイケデリックな感じなんです。
    でも、どうか見逃してやってください(笑)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/10/20
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「岡田斗司夫、驚異の2時間トーク!朝日新聞「悩みのるつぼ」卒業記念講演」
    • 2019/10/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「宇宙戦艦ヤマト45周年!熱くちょっぴりイタく見どころ解説」
    • 2019/10/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第29回」です!」
    • 2019/10/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「人生の中心にある食べ物「ハンバーガー」を語る」
    • 2019/10/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「マック好きも嫌いな人も〜試験に出るハンバーガー年表」
    • 2019/10/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「万能調味料と南北戦争がハンバーガーを作った」
    • 2019/10/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『宇宙戦艦ヤマト』傑作オープニングの見どころ解説と、ハンバーガー誕生物語」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。