• このエントリーをはてなブックマークに追加
世界経済のセミナーのポイント解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世界経済のセミナーのポイント解説

2016-04-08 13:47
    4月3日にブーケ・ド・フルーレットの馬渕さん
    http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub1.html

    の主催する勉強会に参加してきました。

     馬渕さんは日興証券の調査部長も経験されていた現在では独立系のエコノミストです。

     その分析はオーソドックスな経済マクロ分析でファンダメンタルに立脚した分析によって、現在の経済状況がよく理解できます。


     今回は、4月3日の馬渕さんのセミナーの内容をポイントだけ簡単にご紹介したいと思います。


    ・日本株式は売られすぎの状態

     日本株式は、PER,PBRの指標的に見ても売られすぎの状態にある

     来期の予想EPSが下がるのでは?
    という懸念から、PERを妥当と見る向きもあるが、予想EPSも十分に下方修正されていることもあるので、いずれにしてもファンダメンタルズから考えて日本株は割安

    十分に反発があると考える

    回復する場合には日経平均2万円超えもありえる


    ・米国株式は堅調

     米国株式はPER16~18の間でボックスと考える

     個人消費も堅調で、企業のEPS成長率も堅調だと考えられるので比較的堅調な成長が考えられる


    ・為替は若干円安か?

     ドル円レートに関しては、購買力平価や日米金利差などのファンダメンタルズから考えれば、1ドル=100円でも良い水準

     しかし、米国の金融政策や金利差拡大などを考慮すると円安気味に110~120円の圏内で推移するのではないか


    ・リスク要因は米国の長期金利の急騰

     米国経済は比較的堅調なため、長期金利は長期的に上昇すると思われる

     しかし、市場の予想よりも早い段階で長期金利が急騰するような展開になると、株式や不動産などにも悪影響が大きく現れて米国経済の減速、下降につながる危険性がある


    という話でした。


     私も基本的には、ファンダメンタルズを重視してますので馬渕さんの見方と、意見はほとんど一致します。


     馬渕さんのセミナーは、4半期ごとに自主開催されていますのでぜひ参加されてみると良いと思います。

     オススメです。


    株式会社マネーライフプランニング
    代表取締役 小屋 洋一


    無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

    http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html

    具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
    ↓(4月はあと先着2名様受付限りです)
    http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


    ■小屋洋一の資産運用メール講座■
     資産運用についてメール講座で学びませんか?
     これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
     資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

    詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/

    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    banner02s.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。