• このエントリーをはてなブックマークに追加
日銀政策決定会合 その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日銀政策決定会合 その2

2016-08-08 13:32
    ccbdb14af6eafb9dac9d323a932a7895_s.jpg


     今週の日経平均株価は前週末比で約2.3%の下落。
     米国株は2Qの決算発表が無難に通過したが、週末に雇用統計を控えていることから様子見ムードが強く、狭いレンジで推移した。


     日本株は週末にかけて為替の円高方向への推移が一服。
     先週末の日銀政策決定会合で発表されたETFの買入れ増額分が週末にかけて執行されたことを受け、買戻し等により若干落ち着きを取り戻して週の取引を終えた。


     筆者は前回のメルマガで日銀ETFの買入れが一回あたり350億円から700億円に増額すると予想していた。

     木曜日のオペレーションから倍額の707億円のオペレーションが確認できたことでETF買入れによる相場の下支え効果は一層強まろう。


     仮に日銀が700億円を一週間、5日連続で買い入れると3500億円の買い需要となる。下げ相場では個人投資家は逆張り買いをする傾向が強く、個人投資家が1500億円買えば日銀と合わせて5000億円。

     今年、外国人投資家が5000億円以上売り越した週は3週しかないため、ほぼ外国人投資家の売りを吸収できる計算になる。


     日銀の追加緩和による為替との乖離、下げ相場での下値抵抗感を頭に入れて相場に臨むべきだ。


    (Bコミ)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。