• このエントリーをはてなブックマークに追加
グロース銘柄発掘隊モデルポートフォリオ運用成績について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

グロース銘柄発掘隊モデルポートフォリオ運用成績について

2019-10-10 23:07
    1137472651-89200.jpg



     億の近道読者の皆様、はじめまして。
     グロース銘柄発掘隊の小月と申します。


     投資対象企業の発掘と分析を行い、業績予想と理論株価を記載した約5,0000~10,000字程度のレポートを配信する有料サービス「グロース銘柄発掘隊」を開始して約半年が過ぎました。

     私達はレポートの配信だけでなく、本当に読者の皆様に価値を提供できているのか検証する目的で、レポートとして配信済みの銘柄から構成されるモデルポートフォリオを、有料会員様向けに提供しています。

     配信したすべての企業で常に勝つのは非常に難しいので、ポートフォリオとして運用した際にどの程度パフォーマンスを出せるか検証しています。


     運用のルールは以下のとおりです。

    --------------------------

     ・運用金額は2000万円
     ・1銘柄の購入金額は約100万円
     ・戦略はロングオンリー
     ・毎月1銘柄入れ替えるため年間の回転率は100%
     ・売却益または配当益には税金を考慮し20%割り引く
     ・配当益は配当基準日の2ヶ月後に計上
     ・売買頻度は月に一回程度なため売買手数料は考慮しない
     ・キャッシュポジションを持つために約40%が現金となってるが、大幅な下落時に買い増して現金比率を20%程度にまで落とす可能性がある

    --------------------------


     運用開始段階のポートフォリオは、読者の皆様と極力同じ視点に立つため、レポート配信日の終値で購入したという設定としています。

     4月以降配信した銘柄で、ダウンサイドリスクを想定していた1社を除いて、配信した順に12銘柄購入し、その後は月に一銘柄づつ入れ替えていくという運用です。

     もちろん、不要だと感じた際は入れ替えません。

     私達は長期的に大きな成長が見込める企業に投資するというスタンスですので、頻繁に売買する必要はないと考えてます。


     さて、そんな運用でαが出るのかと、疑問をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。

     私自身始めた当初は正直不安でした。
     しかし、10月9日の終値では開始以来8.27%と、TOPIX・日経平均を約10%近く上回る成績を収めることができています。

     運用開始してまだ半年というのと、40%キャッシュポジションを取る運用としては、まずまずといっていいのではないでしょうか。

     もちろん、あくまでも上記の数値は一時的なものです。


     また、私達の取り組みを評価するためには半年という期間はあまりにも短く、本来であれば最低でも5年はかかると考えています。

     しかしながら、一旦現状をポジティブに捉えながら、今後も長期的に大きなリターンをもたらす企業を地道に探していければと思います。

     有料版購読者の皆様には、毎月第一火曜日に運用成績&差し替える銘柄を、お伝えさせて頂く予定です。


     少しでもご興味を持って頂ける場合は是非サンプルレポートをお申込ください。

    サンプルレポートお申込はこちら ⇒https://goo.gl/K7fkcR


    「こんな会社を調べてほしい」、「レポートのここはおかしいと思う」などといったご意見も大歓迎ですので、今後も何卒よろしくお願い致します。


    グロース銘柄発掘隊 小月隊長


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    ■第29号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


     待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
     題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


    【第29号レポート配信中!!】


     今週掲載の銘柄は、競合が多いマーケットにおいて、品質とスケールメリットを追求し、同業他社に対して数倍のスケールの企業をレポートしています。
     今後の生産能力向上を背景に、さらなる攻勢を仕掛ける意向で、業績予想では5年後に現在の2~3倍規模になると試算。海外展開が加味されれば一段上の業績も視野に入ります。

     ビジネスモデルをしっかり分析している内容をぜひご覧下さい。


    詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。