• このエントリーをはてなブックマークに追加
初値が公開価格割れとなったバリオセキュア(4494)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

初値が公開価格割れとなったバリオセキュア(4494)

2020-12-02 12:40



     ~活気づくIPO市場の中で~

     12月29日にマザーズへのIPO承認が得られたオンデック(7360)が令和2年の最後のIPOとなるかと思いますが、これで今年は92の銘柄がIPOを果たすことになります。

     3月にはコロナショックで懸念された令和2年のIPOですがこのままいくと意外にも想定した以上に順調な消化がなされそうです。皆様の投資成果はいかがだったでしょうか。また思い出に残ったIPO銘柄はございますか。


     ネットワークセキュリティ機器や独自の監視システムによる運用・監視・サポートサービスの提供を行うバリオセキュア(4494・T2)は放出株数が236万5000株と多く、初値(2150円)が公開価格(2250円)を下回って始まった。終値も2010円で安値引け。これからまだまだ26銘柄が年末まで出てくるという矢先のマイナススタート。

     もしかしたら需給が悪化してきたとの印象も出そうな11月最後のIPOでした。本来なら、サイバーセキュリティに絡んだビジネスなので人気化してもおかしくないのでしょうが、少し気をつけてみていきたいと思います。


     私の有料メルマガでは令和2年のIPO銘柄をチェックしお伝えしようとしております。年間92の銘柄が登場することとなった令和2年2-11月のIPO銘柄動向を踏まえて、12月IPO銘柄を吟味していきたいと思いますのでご購読賜りましたら幸いです。


    (炎)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    honoh_01.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。