• このエントリーをはてなブックマークに追加
アーカイブ配信中! ■四季報セミナー ガチャ氏×炎のファンドマネジャー氏 四季報の裏側、全部お話しします! その4
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アーカイブ配信中! ■四季報セミナー ガチャ氏×炎のファンドマネジャー氏 四季報の裏側、全部お話しします! その4

2020-12-23 00:02


     12月19日収録のアーカイブ配信中!!年内いっぱい視聴可能です。


     某上場企業社長がTwitterで四季報記事に苦言を呈していましたが、このセミナーを受講すればいいのにな…と感じています。
     四季報investorsの会、主宰の堂島氏も以前参加して、内容を評価していただきました。
     元記者だから語れる、しがらみのない「四季報のホント」がわかります。
     また、金融業界で40年以上活躍する炎のファンドマネージャ―氏の見方も参考になります。


    ★四季報最新号(12/16発売)についても解説します!

    「本当に取材しているの?」「記者一人あたり何社担当?」
    「企業から圧力はあるの?」「社長に取材しているの?」
    「業績予想の表現の違いは?」「新人記者が担当する企業は?」
    など四季報の疑問が解消します!

     四季報執筆&調査に5年間携わっていたガチャ氏が、その裏側と興味深いトピックを全部開示。
     実際に携わってきた人間だけが分かる深い話が聞けます!


     また第2部では、億の近道でもおなじみの炎のファンドマネジャー氏に企業情報誌の活用ポイントや注目銘柄を語ってもらいます。
    ※炎氏は以前、企業情報誌のリサーチ協力を行っています。

     炎氏は動画「炎チャンネル」でもセミナー内容について話しています。
     https://www.nicovideo.jp/watch/so37946083

     最後に、ガチャ氏と炎氏に四季報活用について座談会形式で話していただきます。
     事前質問を中心に質疑応答も行います。


    ◆炎のファンドマネージャよりメッセージ◆

     いよいよ今年も残すところ2週間余りとなって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。慌ただしい年の瀬、しかもコロナ禍で自粛ムードが漂う中ではありますが、19日(土)に例年通りセミナーを開催する運びとなりました。
     今回も足を運ばれた皆様にご満足頂ければと面白そうなネタを用意して臨むことに致しますのでコロナ対応の上、ご参集賜りましたら幸いです。
     今回は東洋経済新報社(四季報)の元記者の方ともご一緒に四季報の活用方法など語って参りたいと存じます。
     今回、こちらからご用意するのは光通信(9435)が大株主となった銘柄の今後の行方や令和2年のIPO銘柄を振り返っての話など盛り沢山の内容としたいと考えておりますので宜しくお願いします。
    (炎)



    ■セミナー第1部「四季報の裏側」
     登壇者:ガチャ氏

    [ガチャ氏 セミナー内容]
     1.四季報の特徴とオリジナル要素
     2.四季報を読み解くための考え方
     3.記者の執筆手順と業績予想の方法
     4.新春号の傾向と対策:緊急事態宣言明けの立ち直りに注目
     5.よくある質問
     ほか


    ■セミナー第2部「四季報など情報誌活用法と新年号の気になる銘柄」
     登壇者:炎のファンドマネジャー氏

    [炎氏 セミナー内容]
     1.炎流の会社四季報活用ポイント 
     2.その他企業情報誌やネット情報の活用ポイント
     3.令和2年の株式相場を振り返る
     4.IPO銘柄情報のどこを見るか
     5.2021年の相場展望と注目銘柄


    [ガチャ氏×炎氏 座談会&質疑応答]
     ・質疑応答をしながら、四季報活用について座談会形式でお二人に語っていただきました。


    [ガチャ氏プロフィール]
     元四季報記者。
     学生時代に株式投資をはじめ、新卒で東洋経済新報社に入社。
     株ができなくなる代わりに四季報を書くようになる。
     在職中は5年間記者として四季報執筆に携わり、製造業からエンタメ産業まで幅広く担当。
     その後機関投資家向けの調査会社に転職し、現在も企業調査を中心に活躍している。


    「炎のファンドマネジャー氏プロフィール]
     小学生から証券会社に出入りし、株式投資に目覚める。
     大学入学資金を株式の利益で確保し、大学も証券論のゼミに入る。
     証券会社では一貫した調査畑で、アナリストとして活動。
     その後、独立系の投資運用会社でのファンドマネージャーの経験も合わせ持つ。
     現在は独立系アナリストとして、企業取材を精力的に行っている。
     2002年同志社大学・証券アナリスト講座講師を務めたほか、株式漫画の監修や、ドラマ「風のガーデン」(脚本:倉本聰)の株式取引場面の監修も行う。
     youtube「炎チャンネル」毎週配信中。


    ■収録日:12月19日(土) 13:15~16:15

    ■備考:お手元に2021年1集最新四季報(オンライン版でも可)があるとより理解が深まります。

    ■視聴費用:3,000円(税込)


     視聴お申込は
     こちら ⇒ https://twitcasting.tv/c:okuchika/shopcart/41932


    ■ご注意
     オンライン配信はツイキャスを利用いたします。
     お申し込み後、ご入金頂いた視聴料はツイキャスの仕様により返金できませんので、ご了承下さい。
     必要な連絡事項はツイキャス上のメッセージ機能で行いますのでご留意ください。

    ※「四季報」「会社四季報」は東洋経済新報社の登録商標です。


    主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。