• このエントリーをはてなブックマークに追加
人間経済科学と賢人たちの教え その20
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

人間経済科学と賢人たちの教え その20

2022-02-28 16:03



    産業新潮
    http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
    3月号連載記事


    ■その20 事件は現場で起こっている

    ●デジタルは原始的である


     一般的に、「アナログ」という言葉は、「時代遅れで古臭くて機能が劣っている」という意味合いで使われることが多い。逆に「デジタル」は「先進的・未来的・挑戦的」なイメージで語られることが殆どだ。

     確かに、人間を始めとする生物界、さらには人工の建設物も含む環境はほぼすべてアナログだから、近年登場したデジタルが革新的だと思うのも無理は無い。

     しかし、地球誕生以来の生命の歴史を考えれば、「デジタルからアナログ」へ進化してきたと考える方が正しいのだ。

     例えば、コンピュータ上で生活する(画面上を動く)生物は、ごく簡単な単細胞生物のようなものであれば、デジタルで十分作成できるのだ。ところが、その生物がコンピュータ上で「進化」していくにつれて、どんどん複雑な存在になる。すると、スーパーコンピュータでも計算できない程の計算量を持つ存在になる。つまりアナログ化するわけだ。

     もちろん、数十兆個の細胞で出来上がっている人間の複雑さは、どのように複雑なデジタル生物をも凌駕する。その複雑な人間が機能するためには、膨大なデジタル情報のすべてを扱うのではなく、重要な情報を「直感的」に選択して、残りは捨てる「アナログ機能」が必要不可欠なのだ。


    ●人間の脳は情報を捨てるためにある

     例えば、読者の両手を左右に広げてもらいたい。そして、両方の指先を見るように集中してほしい。すると、指先が見えるはずである。実は人間の目は、左右ほぼ180度「見えている」のだ。しかし、実際に見るためには「脳で認識される」ことが必要である。眼球の中に光が入っただけでは、実は何も「見えていない」のである。

     人間の眼球に入るすべての(デジタル)情報を脳が処理していたらすぐにパンクする。例えば高画素のデジタルムービーをダウンロードしたことがある人ならわかるだろうが、画像のデータ量は莫大である。しかも、人間の目の解像度は5億画素程度あると言われる。普通のデジカメの画素数が数百万、高機能なもので数千万画素であることを考えれば、とてつもないデータ量だ。

     そこで、脳は通常、視野の中心部分しか見ておらず、残りの視野の情報は捨てているのだ。この視野の中心をどこに定めるのかを判断するために発達した「価値判断」がアナログなのである。

     「だまし絵」に人間の脳が騙されるのも、脳が、最小限の情報を使って、重要な判断を素早くできるように、「計算の近道」を行っているからなのである。
     デジタルが「価値判断」を持たない、究極的には「セロと一」の集合であるのに対して、アナログは「ゼロと一」では表すことのできない「価値判断」を伴うものだといえる。


    ●コンピュータはアナログに進化しつつある

     実際、デジタルで始まったコンピュータも、高度化するにつれてアナログ化し始めている。例えば、ディ―プラーニングなどで学習するコンピュータは、当初の人間が作成したプログラムから「進化」していくわけだが、進化の結果複雑化したコンピュータが出した計算内容を「デジタル的」に検証できないという問題が持ち上がっている。コンピュータが学習したことをすべて追いかけることは現実には不可能(だからこそ、コンピュータ自身に学習させる)なのだ。
     したがって「あの人の言うことは信じることができる」のと同じように「あのコンピュータは信じることができる」というアナログ的判断に頼らざるを得なくなってきている。

     また、最先端技術として騒がれている量子コンピュータも、同じように「計算結果を検証できない」という問題を抱えている。

     世間に数多く出回っている量子コンピュータもどきは別にして(量子コンピュータの原理を応用したコンピュータというのは、要するに既存のコンピュータにしか過ぎない)、本来の量子コンピュータは「量子の重ね合わせ現象」を利用する。
     この「量子の重ね合わせ現象」はごくわずかの間しか維持できないし、すべての可能性を計算するのではなく、「結果と思われる値」だけを我々に教えてくれるのだ。だから、その答えが正しいかどうかは、デジタル的には証明できず、アナログ的に理解するしか他に方法が無いのである。


    <続く>

    続きは「産業新潮」
    http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
    3月号をご参照ください。


    (大原 浩)


    【大原浩の推薦図書】

    ★「客家大富豪18の金言」(甘粕正)講談社
     (PHP版とほぼ同じですが、30ページほど長くなっています)
     https://amzn.to/3lqUl3Q

    ★「客家大富豪の教え」(甘粕正)PHP研究所
     https://amzn.to/33ym7VP

    ★「客家大富豪に学ぶ TAO・永遠の成功のための18法則Kindle版」
     甘粕正 昇龍社
     https://amzn.to/3mrcTlP


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し ては御自身の責任と判断で願います。)

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。