• このエントリーをはてなブックマークに追加
有料メルマガライブラリから(83)投資という戦闘を実行する兵士としての自分をいかに鍛えるか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

有料メルマガライブラリから(83)投資という戦闘を実行する兵士としての自分をいかに鍛えるか

2013-11-07 13:11
    有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
     なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。

    ==「投資という戦闘を実行する兵士としての自分をいかに鍛えるか」==
      (有料メルマガ第35回・2009/8/25配信号)


    (前略)

     株式投資を行っていくとき、まず準備しておかなければならないものに「自分なりの投資ルール」があります。株式投資のやりかたは投資家ごとに違うし、リ スク許容度も違うので、それぞれの投資家の投資手法によって、適した投資ルールが違います。全部の投資家に共通しているルールもありますが、それはほんの わずかです。

    (中略)

     投資家には、けっこう自分が守れもしない投資ルールを作って得々としている場合が多いように感じられます。自分が守れない投資ルールには、何の意味もあ りません。自分が守れる投資ルールを作っておくことが、一番大事です。あまり意識していない投資家も多いようですが、最初から自分に守れないルールを作っ ても意味がありませんし、当然のことに効果はありません。その点は、肝に銘じておくべきだと考えます。

    (中略)

     企業などでは対外的な言い訳のために、絶対守れないルールを作っている場合もあります。しかし、自分のお金を投入して相場に参加するならば、きちんと自分の守れるルールを作る必要があると考えています。

     やってみればわかりますが、自分が決めたルールであっても守るのは難しいです。私も自分の決めたルールを守ろうと、日々、悪戦苦闘しています。最後に生 き残れるのは自分で決めたルールをきちんと実行できる克己心が強い投資家だと思っているからです。それこそが、勝てる投資家の姿だと私は信じています。

    (中略)

     どのような投資家にとっても絶対必要で、必ず決めておかなければならないルールは、資金管理のルールだと考えています。自分が株式投資に使用しても良い と決めた金額以上に投資資金を増やさないという絶対ルールです。金額は投資家それぞれの経済環境や資産背景によって違います。この額は自分で決めるしかあ りません。しかし決めたならその投資額を、確実に守らなければなりません。

    (中略)

     相場の世界では、「資金管理」が生死を分けることにつながると思っています。なぜなら、欲が資金管理のルールを破らせるからです。恐怖がルールを守らせないのです。一度崩すと、一度の例外のはずが次の例外を生み、損失に歯止めがかからなくなります。

     ルールは破った瞬間にルールではなくなってしまいます。特に、資金管理のルールをあいまいにしてルールを破り続けていると、いずれマーケットから強制退 場を命じられることになるでしょう。自分の決めた資金管理のルールを守る克己心。その克己心のほかに自分を守る術はないのです。

    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎

    ★有料メルマガはこのほかにも特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」があります。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。

     本日配信の有料メルマガでは、世界的なブランドを有し、含み益の大きい不動産を保有しており、配当優待利回りが5%以上で、日本の景気が上向くと恩恵を受ける企業を、研究銘柄として掲載しています。
     また、コラムでは、「いまの投資環境を自分の株式ポートフォリオの改革にどう利用するかを考える」と題し、日経の記事を参照しながら投資環境の変化とそれに対応する候補銘柄を複数挙げて詳細な内容に言及しております。
     今週金曜までに購読された方には、もれなく今週配信号も差し上げます。
     是非この機会にご購読下さい。

    有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
    詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm
     をご参照下さい。

    過去サンプル(研究銘柄)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

    過去サンプル(コラム)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4222
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4256



    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆 様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化して いる可能性があります。)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。