• このエントリーをはてなブックマークに追加
有料メルマガライブラリから(146)ホールドし続ける力をどうやって強化するか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

有料メルマガライブラリから(146)ホールドし続ける力をどうやって強化するか

2015-05-14 15:10
    有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
     なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


    ==「ホールドし続ける力をどうやって強化するか」==
      (有料メルマガ第147回・2011/10/18配信号)


     「株式投資は人間の欲望を変数として機能している制度であり、わずかな入
    力(投資家の欲と恐怖に駆られた投資行動)の変化が劇的な出力(投資の損益)
    の変化に帰結するものである」ということ、いつも忘れないように気をつけて
    います。

    【中略】

     多くの投資家が欲望の大きさと、恐怖の大きさとの綱引きで、短期売買を繰
    り返してくれるので、日本の内需関連企業で、間違いなく業績を着実に上げて
    きている銘柄の株価さえ、大きく乱高下してしまいます。


     将来的にも業績を拡大する可能性が高い企業の株を買ったとしても、その株
    をホールドし続けることが出来ないで、少しの利益で手放してしまったり、少
    し下がっただけで恐怖して損切りをして手放してしまえば、将来その企業の株
    が大きく上昇しても、その値上がりの恩恵に与ることはできません。

     銘柄選択眼が冴えて、すばらしい銘柄を買ったとしても、その株をポートフ
    ォリオの中にホールドし続けるグリップ力が無いならば、株式投資で資産を形
    成することは出来ないでしょう。

     そんなことは百も承知で株式投資を20年以上も続けてきた私も、市場の不
    安に付和雷同して、業績が好調で、今後ますます収益が上がっていくと考えて
    いる銘柄でも、既存投資家の投売りで安くなると感じたら、安くなる前に売っ
    ておこうという気持ちで投資行動を起こしてしまいます。

    【中略】

     私が自分の投資の性格を自己分析していつも感じることは、異常なほど選べ
    る食べ物優待ギフトがある銘柄を売り渋る傾向が強いことです。
     これは、私にとっては選べる優待ギフトが付いているということで、その銘
    柄をホールドするグリップ力が格段に高まっていることを意味します。

    【中略】

     自分が『これは良い企業で、業績を今後も伸ばして、かなりの確率で将来株
    価が上がるに違いない』と考えて投資した銘柄でも、投資環境の悪さで株価が
    乱高下してしまうと、銘柄をグリップしておく力が弱まって、ホールドできな
    くなることは、ある程度やむをえないと思います。人間は恐怖心を持つことで、
    危険を逃れて、安全な生活を維持することが出来ることも多いです。投資対象
    の価格が変動する株式投資(=相場)では、恐怖心を持っていなければ破綻の
    確率が高くなります。従って恐怖心を持つことは必要不可欠の能力です。しか
    し、この恐怖心を野放しにしておくと利益を得ることが難しくなるということ
    も事実です。

     株式投資では、リスクを管理しながら取るということで利益を得ることがで
    きるのですから、管理されている範囲でならば恐怖心を抑える手段も持ってい
    ることが大事なことだと感じます。

     自分の投資に対する性格をよく分析して、「自分に適した恐怖心の抑制策=
    投資した銘柄のホールド力、グリップ力」を高める方法を持つことが、自分の
    強い武器になると考えています。

    【後略】

    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


    ★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
     ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
     です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


     本日配信の有料メルマガでは、日本ばかりではなく先進国、新興国市場など
    世界中の将来的にも有望な市場で、いままで以上に使用される可能性の高い有
    望な製品群を持っており、過去4年連続で前期比増益を達成して、低PER低
    PBRで、円安の恩恵を受け、保守的な業績予想を常としているため上方修正
    が期待できる企業を、研究銘柄として掲載しています。

     また、コラムでは、「株式投資で安定的に利益を確保していくために、『偶
    然で稼げた』を『必然で稼げる』に変える努力続けたい」と題し、30年続け
    てきた株式投資経験を踏まえて、再現性の高い「稼げる方法」とは何かを提案
    しています。

     さらに、研究銘柄候補として、優待権利落ち後に株価が上昇した銘柄を取り
    上げると共に、2月末にコラムで取り上げた好業績優待4銘柄の検証を行って、
    権利落ち後の株価上昇があり得るという考察を行っております。

     金曜日までにご購読の方へは、もれなく最新号を差し上げます。
     是非この機会にご購読下さい。

    ★★昨年の研究銘柄52社分のパフォーマンスを公開しています★★
    ★★ 52銘柄中49銘柄が上昇、+100%越えが3銘柄! ★★
    ★★ 詳しくはこちらを http://okuchika.net/?eid=5421   ★★

    有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
    詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

    過去サンプル(研究銘柄)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

    過去サンプル(コラム)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4935
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4222
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4256

    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
    ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
    の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
    当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
    変化している可能性があります。)

    このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
    是非ワンクリックをお願いいたします!
    http://clap.mag2.com/baicraeclaクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

    lowerbanner02.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。