• このエントリーをはてなブックマークに追加
干物さんが世界を旅すると、こんなにも変わるんだね
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

干物さんが世界を旅すると、こんなにも変わるんだね

2014-03-31 12:30

    干物と聞くと、どこか古臭いイメージがあるのではないでしょうか。

    昔ながらのおやつとして馴染みのある干物は子どものころによく食べた人が多いかもしれません。BASEが今回ご紹介するのは、そんな愛されおやつをちょっぴりお洒落に、そして大人っぽくアレンジした干物です。

    老舗の干物屋がたくさん残っている町、鹿児島県阿久根市。この港町で漁師たちが朝方4時から6時に獲ってくる「ウルメイワシ」は、おなかの中にエサが残っていないので苦みが少なく、食べやすい干物です。そんな干物を、世界の国々の味をイメージしてオイルに漬けたのが「旅する丸干し」。全部で4種類です。



    鹿児島県阿久根市の特産品である柑橘系の「ボンタン」がほのかに香る「プレーンタイプ」。朝獲れるウルメイワシの丸干しの旨味をシンプルに味わえます。



    南イタリア風 「ドライトマト・ガーリック」。ドライトマト、フライドガーリック、唐辛子、黒こしょう等入れた、南イタリアを感じさせるようなピリッとスパイシーな味付けで、幅広い層に人気のある商品。ワインやビールのおつまみにもぴったりで、パスタやピザの具材にアレンジすることも!



    プロヴァンス風「オリーブ・ハーブ」。ハーブですっきりとした味わいが特徴。白ワインにも合うおいしさで、ニース風のサラダのドレッシングにも使えるそう!



    最後はマドラス風「カレー・ミックスビーンズ」。珍しいカレー風味。丸干し×カレーなんていったいどんな味わいなのでしょう!? 食感が楽しいミックスビーンズ入りで、ビールやジントニックなどカクテルが進むおつまみです。

    こんなお洒落な丸干し見たことないはず。とっても可愛いパッケージも気分が高まりますね。

    いつものおつまみに飽きたらこんなちょっぴり変わった丸干しはいかがでしょう? 女子会やギフトにもとってもおすすめな一品です! 購入はこちらから

    [旅する丸干し]

    RSSブログ情報:http://www.roomie.jp/2014/03/152107/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。