• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 【さんたく!!!朗読部『羊たちの標本』】ショートストーリー第五話『合わせ鏡』

    2019-07-31 12:00  
    さんたく!!!朗読部『羊たちの標本』ショートストーリーをチャンネル会員限定にてブロマガで順次配信。第五話『合わせ鏡』
    (作:古樹佳夜)------------------------------------「僕だって殺したくて殺すんじゃない……
    愛するがゆえだ」

    陶酔しきった甘い声音が耳にこびりついている。
    いつもどこか虚ろな瞳が
    あの時ばかりは、まっすぐと俺を見つめていた。
    身体の内側からぞわぞわと悪寒がこみ上げてくる。

    −−全部、葛のせいだ。

    不安のやり場を失って怒りで狂ってしまいそうだ。
    海月と月兎を部屋に送り届けて、
    内側から鍵をかけさせた。
    次は、どうしたらいい?
    勢いよく前に踏み出す足すらも震えて、
    俺は今どこに向かって歩いているのだろう?
    廊下を踏みしめる度に怒りは冷えていった。
    残ったのは底知れぬ恐怖だ。
    「ねぇ鈴君! 待ってください!」
    羊の声だ。
    俺を説得するために追いかけてきたのはわかっている。
    「待って! 鈴君! お願いです!」
    勢いよく服を引っ張られて思わずのけぞった。
    仕方なく立ち止まり、振り返る。

    「なんだ羊。お前も早く自分の部屋に帰れ。
    でないと葛に……」
    「話し合いましょう、ね?」
    「何を話し合うことがある? あいつは殺人鬼だ」
    「誤解かもしれません。
    だって、まだ十分に会話もしてない。
    僕たち葛君に会ったばかりじゃないですか」
    「人間を喰い殺すって言ってたぞ? 
    あの特徴は他人に害を……」
    「ままならないことだってあるでしょ」
    言葉に詰まった。『身に覚えがあるだろう』と、
    その瞳が問いかけを発している。
    『じゃあ、お前はどうなんだ』と。

    −−俺は幼い頃から歌うことが好きだった。
    変声前は透き通るような、
    鈴を鳴らすがごとくの声だと周囲に褒められて育った。
    特に褒めてくれたのは母だった。
    俺は母に好かれたい一心で歌い続けた。
    大人に近づいて声が変わっても、
    母は変わらず歌を聞いてくれた。
    俺は幸福だった。
    ある日、その状況は一変した。
    母が首吊り自殺してしまったからだ。
    突然のことに理解が及ばなかった。
    初めて経験した『死』が、最愛の母だなんて
    悪夢と言う他ない。
    それまで意識してこなかった人間の終焉はあっけなく、その死に様があまりの惨めさであったことに、
    俺は恐怖していた。
    死の原因は判然としなかった。誰も自殺を掘り起こそうとはしない。
    けれど、残された遺書の最後の一文に、
    理由は見え隠れしていた。

    『息子の声が甘く爛れて聞こえてくる。
    鈴の声は他人を狂わし、誘うのです。』

    俺の歌を喜んでくれているとばかり思っていたのに。
    俺は、俺の声で大切な人の死を招いてしまったんだ。−−

    羊の言葉は正しい。
    俺たちは、同じ穴の貉だ。
    本当は葛をあんな風に突き放すべきじゃない。
    だけど、俺は……
    「何故、あいつは俺だけに好かれようとするんだ」
    「それは……わかりません。僕にも」
    沈黙があり、羊は小さく息を吐く。
    「でも、友達になりたかったのかもって……僕は思いました」
    「友達……? それ以上を望んでいただろう。俺を殺したいと……」
    羊は頭を振る。
    「葛君は『君の死』を望んでないと思います」
    羊の手を振り払って良いものか、俺は躊躇いはじめていた。
    「まずは理解しなくちゃ。いきなり好きになれなくてもいいから」
    「出来るかどうかわからない」
    「君がいつもしていることですよ」
    「俺はそれほど強くないんだ」
    「でも、鈴君は優しいです」

    羊の言葉が心に刃を突き立てる。
    ……いや、心を抉っているのは言葉じゃない。
    自分の醜さだ。
    死ぬのはもちろん、言うまでもなく怖かった。
    けれど、それと同じく……いや、
    それ以上に恐れていたのは
    自分が持つ『他人に死をもたらした特徴』に
    向き合わなければならないことだ。
    葛の存在が俺の罪を炙り出している。
    俺はこれ以上加害者になりたくない。
    だから、『優しい人間』像にしがみついているだけだ。
    俺の優しさはまがい物だ。
    『都合のいい関係でいて欲しいから』、
    『一定の距離を取りたいから』、
    『踏み込んでほしくないから』、
    俺は他人に優しいだけ。
    一枚剥けばこんなに醜く、利己的なんだ。

    だけど−−出来ることなら、こんな自分を変えたかった。

    自分の感情にようやく気付いた時、
    胃の腑が泡立つような罪悪感がこみ上げきた。

    「……葛に謝るべきなんだろうか」
    「いいえ。言葉を交わせばいいだけです」
    羊の言葉に背を押されて、俺は踵を返した。
    「どこに行くんですか、鈴君!」
    「葛の部屋だ」