• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 【さんたく!!!朗読部『羊たちの標本』】ショートストーリー第六話『秋のスープ』

    2019-09-30 18:30  
    さんたく!!!朗読部『羊たちの標本』ショートストーリーをチャンネル会員限定にてブロマガで順次配信。第六話『秋のスープ』
    (作:古樹佳夜)------------------------------------
    ◆◆月見草とスープ◆◆

    まん丸で真っ白い、お月様だ。おまんじゅうに見える。いや……マシュマロかな?

    半分のお月様はおやつのパンケーキ。

    三日月はかじっちゃったクッキーの形。

    ……ああ、お腹減ったなぁ……。「海月君、またですか?」

    「お、お腹の虫がぐぅ〜って鳴いてる」

    「だ〜って、夕飯足んないんだもん……」

    隣に座っているのは、いつものようにスケッチをしている羊と、月明かりで読書をしている月兎だ。

    「ゆ、夕ご飯いっぱい食べてたじゃない……」

    「はい。あれから二時間くらいしか経ってないです」二人とも僕を呆れた目で見つめている。

    ちょっと、そんな顔する事ないじゃん?

    「あのさ、僕だって好きでお腹減るわけじゃないんだよ?生まれつきこうなんだ。

    羊が急に眠くなって気を失っちゃったり、

    月兎がお日様に当たると動けなくなっちゃうのと一緒なんだ」

    そう、我慢しようったって上手くいくはずない。細かいメカニズムはわかんないけど、人それぞれ変えようもない特徴ってのがある。それに対してとやかく文句をつけるのは、バカバカしい。考えるだけ無駄ってもんだ。

    「ん〜……それはとても辛いですね」

    「う、うん……。み、海月君……わかってあげてなくて……その……ご、ごめんね?」

    「へへ。わかればいいんだよ」

    鈴に同じ事を言ったらため息をつかれたけど、さすが、二人は親友だね。僕の気持ちをちゃんと理解してくれたみたいだ。

    「あ〜あ。それにしたって、お腹減った。

    食堂に何か残ってないかなぁ」

    「ないと思いますけど……」

    「す、鈴兄が『海月が食べ過ぎるから』って、

    厨房の食料庫に、か、鍵をつけていたよ」

    「え!? 鈴ったら何てことを〜〜!」

    「鈴君は食べ過ぎを心配しているんだと思います」

    「そんなの知らない!」

    プイッと顔を背けると羊が顔を覗き込んできた。嗜められているみたいだ。

    「もういいよ!」

    僕は庭の奥に歩いて行く。

    「海月君、どこに行くんですか?」

    「庭の食べものを探すの。もしかしたら果物が生ってるかもしれない」   

    「お、怒られるよ……。か、葛君のことで、

    鈴兄、いつもよりピリピリしてるから……

    み、見つかったら、大変……」

    「本当は庭に出るのも止められましたからね」

    「で、でも、庭先に三人で居るくらいなら……

    ゆ、許してくれるとおも、思う。

    でも、出歩いたら……」

    「う……」

    葛……あいつは神出鬼没で、怖い。何考えてるかもわかんないし、恐ろしい殺人鬼だ。二人の言葉を聞いて少しだけビビってしまった。

    「月兎君も葛君が怖いんですか?」

    「ち、違う……鈴兄に怒られるのが……

    嫌なだけ……」

    月兎は鈴のことを誰よりも信頼している。だから、なるべく言いつけを守ろうとするんだ。鈴も月兎を弟みたいに可愛がる。本当にお互い『兄弟』とでも思っているのかな?たった2つしか違わないのに。だいたい、色々行動を指図したり、鈴は偉そうなんだよね! 僕のことは弟じゃなくて子分と勘違いしてるかも?

    「……なんか、腹立ってきた」「え、な、なんで?」

    「お腹空きすぎてですか?」

    「違う!!」

    『グゥ〜キュキュ』

    腹の虫が盛大に鳴った。

    「ふふっ!」

    不意を突かれて羊が噴き出した。つられて月兎もくっくっと肩を震わせている。

    「言ってることと全然違うじゃないですか」

    羊は珍しくお腹を抱えて笑っていた。僕はそれが悔しくて、頬を膨らませる。

    「ねえ! 笑ってないで二人も食べ物探し手伝って!」「え、え〜……」

    「そうだ、三人で探そうよ。それなら安心でしょ?」

    ようやく笑い終わった羊は、ふう、と息をついた。

    「わかりました。でも、月明かりだけでは少し心もとないです。ランプを持ってくるので……」

    「よ、羊君……その心配は……ないみたい」

    「え……」

    月兎は僕を指差した。ハッとして自分の身体を見渡してみる。気づかなかったけど、僕はさっきから光っていたみたいだ。

    「これなら夜の庭でも歩けますね」

    そう言って羊は笑った。