• このエントリーをはてなブックマークに追加
広報からみた参議院選挙
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

広報からみた参議院選挙

2022-07-31 00:00
    自民党の広報本部長として、今回の参議院選挙における自民党の広報の責任者を務めました。

    今回は特にSNSでの情報発信に力を入れるために、各都道府県をまわり、SNSのセミナーを行ってきましたが、いざ選挙が始まると、やはり都道府県ごとに濃淡がありました。

    当初、情報発信が弱かったのは、青森県、岩手県、山形県、山梨県、大分県でした。

    こうした県では全体的に情報発信が弱く、発信も候補者本人の投稿がほとんどでした。

    支援者による投稿を増やすように働きかけをするも、なかなか投稿量が増えません。

    その後、大分県は投稿が増え、心配する状況を脱していきます。

    岩手県も、一時、本人以外の投稿が増えていきましたが、しばらくすると元に戻ってしまいました。

    選挙戦が中盤に入っても、青森県、岩手県、山形県、山梨県の4県は、なかなかSNS発信の改善ができません。

    終盤にきて、青森県の情報発信が少し挽回しますが、岩手県、山
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。