• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

特別掲載(津田直士 資料室)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特別掲載(津田直士 資料室)

2020-01-30 09:00
  • 1
2015年7月5日に配信されたブロマガ記事を復刻版としてお届けします
オリジナルは https://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar825307 になります

 僕が、Xの制作をしていた当時の想い出と共に、大切に保管してある数々の資料。

 その一部を以前、2013年の9月に「津田直士 資料室」と題してご紹介しました。
  https://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar338685

 3回にわたって掲載したその資料を今回、再びまとめ、新たな資料も追加して掲載します。

 レコーディング時に使用したノートや譜面、詳細なスケジュールなどを改めて見ていると、
当時の記憶が鮮やかに蘇ります。

 濃密な時間の連続。
 闘いの日々。
 本当に命がけでした。

 そして何より、音楽に対する情熱がとてつもなく強かったことを、残された紙が語りかけ
てくれます。

 資料をご紹介しながら、そこに眠っている当時の空気も、僕なりにお伝えしていきたいと
思います。

 ぜひ楽しんで下さい。


( ※ 過去の資料をご紹介する上で、当時関係していた人達に迷惑がかかったりすることのないよう配慮し、
基本的には僕自身が記したまたは監修した資料、及び僕の視点に基づいて選択された公式な資料に限定して
いきたいと思います。)




 ではまず最初。今回は僕が「ART OF LIFE」のレコーディング中、1993年に書き上げた、
ライナーノーツの手書き原稿です。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
津田さんのYOSHIKIさんを思う気持ち
X にかける情熱が凄く伝わってきました。
資料を拝見する時 この時はどんな気持ちだったのか?
未来への期待しかなかった事がよく分かります

津田さんの資料をもっと見たいという欲望にかられながら終わってしまったブログ!

次もワクワクです
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。