• このエントリーをはてなブックマークに追加
『Innocent Eyes』126〜日本人アーティストとしては稀有なYOSHIKIのアーティストとしての姿勢 −1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』126〜日本人アーティストとしては稀有なYOSHIKIのアーティストとしての姿勢 −1

2020-08-19 17:10
  • 1

 前回書いたように、YOSHIKIのアーティストとしての姿勢は、常に300年以上の歴史を持つ芸術としての音楽というものの本質と向き合いながら、自分の音楽を追求し、人生を懸けて作品を生み出し、表現するというものであり、30年以上前から常にそうであり続けてきた。
  
 ただ、僕がそのようなことを強く感じるのは、あくまで「アーティストとしてあるべき姿」をYOSHIKIに見て、そこに深く感心する僕なりの視点によるものだ。

 YOSHIKI本人は当たり前にそう生きてきたわけで、特別にその姿勢について意識するわけでもなく、またそれが他のアーティストとどう違うのか、といったことにもさほど興味はないだろうと思う。
 
 そしてYOSHIKI自身は、そのような姿勢で生きてきたこと、そのような姿勢でアーティスト活動を続けてきたことによる、大きな恩恵についても特別、自覚はないのだろうと思う。

 だから今回僕は、このことを文章にしてみようと思った。
 
 日本人アーティストとしては稀有な姿勢でアーティストとしてあり続けるYOSHIKIが、そのおかげで本人が気がつかないうちに何を得ているのか、という内容だ。


 
 そもそもYOSHIKIがその独特な姿勢、つまり「300年スパンで見た際に芸術家として正しい姿勢」であり続けてきたのは何故なのだろうか。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

YOSHIKIさんという 芸術家、、、
生き方、考え方 常に何故?から始まる、色々 吸収する時の子供みたい!
妥協しないで求め続け、やり続ける姿!それを見事に書いて下さった、津田さんも
又 素晴らしいです。

今回は泣けるというよりは
余りにも崇高な姿のYOSHIKIさんに
ただ ただ 感服しました。
そして、YOSHIKIさんを、しっかり捉えてる津田さんにも、感服です。

マロンより

No.1 25ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。