• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【夢と夕陽】番外編:『Xという物語』〜2015年 JAPAN TOURで見えたこと(1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【夢と夕陽】番外編:『Xという物語』〜2015年 JAPAN TOURで見えたこと(1)

2015-12-22 03:00

     約1年前の横浜アリーナとN.Y MSGの公演を観て、僕はYOSHIKIの新しい姿を見い出した。
     
     それは、再結成の2008年当時とは違って圧倒的なパフォーマンスを誇るドラミング、世界中に広がり続けるファンの存在と世界に通用する作品を生んできたことへの自信から生まれる『輝く笑顔』だった。
     
     それに加えて僕が何より注目したのは、YOSHIKI自身がXになっていた、という驚くべき進化の形だった。

     そう。

     YOSHIKIは長い時間をかけて、HIDEの死という悲しみを乗り越え、TOSHIと再び力を合わせ、TAIJIの悲運に直面しながらも、
    世界の厚い壁をぶち破り、X JAPANを世界的なバンドにするために常人では不可能なことを成し遂げていたのだ。

     それがYOSHIKI自身がXになる、という進化の形だった。

     けれど、そこまでの進化を可能にしてくれた背景に、自分たちメンバーと人生を共にして来た多くのファンの存在があることをYOSHIKIはわかっていた。

     だから彼は号泣した。
     
     YOSHIKIとXというバンド、そしてその姿を見守るファンが共に生きた歳月を想い、僕もまた号泣しながらそこに『生きた映画』を見たのだった。
     
     Xというバンドは全てが生きている。

     作品が生きていて

     人生がそのまま伝わるメンバーの姿が生きていて

     バンドとファンの関係が生きている。
     
     だからどこまでも行ける。
     
     世界中の人に伝わる。
     
     そして必ず歴史に残る。

     それが1年前、僕が確信したことだった。

     あの日、僕が『生きた映画』だ、と感じたことと『We Are X』というドキュメンタリー映画が来年から世界発信されることは、まるでデジャヴュのようにシンクロしているけれど、それは真実がひとつであり、Xというバンドが真実であることの証なのだと思う。

      
     そして今年。

     
    JAPAN TOURを観ていて、僕はまた新たな発見をした。

     その発見から見えてくる、YOSHIKIとX JAPANの今と未来を、これからお伝えしていきたいと思う。
     
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。