• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山田玲司のヤングサンデー【第204号】「嘘」の使い方で決まるものとは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山田玲司のヤングサンデー【第204号】「嘘」の使い方で決まるものとは?

2018-09-17 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第204号 2018/9/17

    「嘘」の使い方で決まるものとは?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    〈嘘なしで生きられるか?〉


    「大人になるのはいつだろうか?」という問題がある。


    人は何度も境界線を超えて大人になるのだけれど、答えの1つは「仮面」を使う時だと思う。


    そもそも学校の先生に「おはようございます」なんて言ってるのも、100%本心ではない。

    それは先輩に言う「お疲れ様です」も「勉強になりました」なんかも同じ。


    小学校に入ってすぐに「嘘」を演じる羽目になるわけで、こんな境界線は何度もやってくる。




    この国のコンテンツで、最強の武器と言えば「無垢」だ。


    「少年の心」と「汚れなき少女」が最強という世界なので、それがデフォルトの世代には「本心じゃない態度」で生きるのは「嘘」を抱えるみたいで抵抗があるだろう。


    「ああ・・大人になってしまった・・」

    みたいな軽い喪失感を感じながら「勉強になります!」なんて言い始めるわけだ。



    「大人に媚びない」とか「男に媚びない」なんていう生き方もあるけど、この設定はさらに大変だ。


    「嘘はつかない」というのは、純度最高のスローガンだけど、これはもう最高レベルに難儀だ。



    「愛想笑いもしない」というルールを背負って「真実」だけを口にするなんて、むき出しの真剣を振り回して生きる様なものですからね。



    そんなわけで「素」で生きるのは不可能に近い。


    「これはないよな」と思っても「ありがとうございます」なんて言わないと、自分だけでなく他の誰かも怪我をするような事だって多いのだ。



    そんなわけで、大人ってのは「仮面」の下で泣いている生き物だ。


    社会に命じられたストーリーの役を演じながら「違うと思うけど子供たちのためにやるしかないんだ」なんて泣いてるのだ。



    今回の放送でレイモンさんがプレゼンしてくれた「美しい嘘」というのはまさにこれにあたる。



    a28c26ec1229d10fd7b3a8f901b53a6474aaa06c

    〈隠したり晒したり〉


    僕が描いた漫画「ゼブラーマン」はまさに「そういう物語」だ。

    この漫画ではゼブラーマンという「仮面」をかぶっている時だけ「本当の自分」になっていて、普段は「素顔のまま」仮面をかぶって「嘘の自分」を演じている男が主人公になっている。


    映画「アメリカンビューティー」の主人公は、ゼブラーマンになれないで死にかけていた男の話だった。


    プロレスラーやミュージシャンはどうなのだろう?

    ステージの上が本当の自分なのか?普段の自分が「仮面」なのか?


    おそらくそのどちらも「本当の自分」であり「嘘の自分」だと思う。

    そうやって「隠したり晒したり」しながら、現実と戦っているのだ。


    僕もそうだし、ほとんどの人がそうだと思う。



    〈嫌な嘘〉


    とは言え「嘘」には「嫌な嘘」も多い。

    自分を大きく見せるための嘘や、気を引くための嘘なんかもある。

    これが許されるのは10代までだろう。


    嘘について重要なのは「質」だと思う。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。