• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

朝日新聞の西尾幹二の見解が浅い
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

朝日新聞の西尾幹二の見解が浅い

2017-12-14 17:00
     

    朝日新聞に「平成と天皇」という記事が載っており、西尾幹二がインタビューに応えている。
    よくこんなつまらん意見を載せるもんだ。 

    陛下が平和主義なのが問題だと西尾氏は言うのだが、それは当たり前のことで、明治以降の天皇もずっとそうだったじゃないか。

    平和主義の方が戦争主義よりは良いことだし、平和主義が今の憲法を死守することでもない。

    山尾志桜里が作り、立憲民主党が採用するだろう「立憲的改憲案」は今の憲法よりももっと平和主義だ。
    そして同時に自主独立に向かう憲法改正なので、西尾氏だって賛成できるもののはずだ。

    わしは陛下の「臣下」であり、安倍晋三と従米保守こそが「朝敵」と思っているが、なにか?

    陛下が政治的意見を主張されることはないが、ご自身の進退に関する意見まで、政治的権能とするのは、思いあがった安倍政権とエセ保守のロボット天皇論である。

    本来ならエリザベス女王くらいの政治的意見は述べても構わないのだ。
    君主はその言葉で人々に影響を与えてもいい。
    ただし、政治の決定に対する「拒否権」はない。
    それが本来の「立憲君主」なのである。 

    日本国民が戦前と変わらぬ「権威主義的」な傾向があることは問題で、そこはインテリが国民を啓蒙していかねばならない。
    そのインテリが壊滅的なのは問題なのだが。

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/14670/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。