• このエントリーをはてなブックマークに追加
「芸能の長い長い助走」小林よしのりライジング Vol.500
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「芸能の長い長い助走」小林よしのりライジング Vol.500

2024-04-09 20:20
  • 94
f2595d0d53f7f1e38a592799eb4b4f5bbcb64d85
第500号 2024.4.9発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)


【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…先週6日の生放送『歌謡曲を通して日本を語る』は、新刊『日本人論』をテーマとしていた。『日本人論』は「芸能の歴史」を柱にしているが、まだ描き切れなかったこともあって、それを話す予定だったのだ。ところが放送2日前に、自民党が皇位継承問題について最悪の結論を出しそうだというニュースが入ってきたものだから、内容を大幅に変更して話さざるをえなくなった。それで、本来話したかった部分をやや縮小してしまったので、それをここでもっと詳しく記しておきたい。今のきらびやかな芸能しか知らなかったら、もうそもそも芸能とは何かということが、全然わからなくなってしまう。歴史感覚を取り戻せ!!
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…前回(「古代の『斎王』と伊勢神宮『祭主』のこと」)のつづきで、神社界を牛耳る人間たちの醜態について書いておきたい。前回紹介した2017年の富岡八幡宮殺人事件でも出てきていたが、そもそも神社の人事権を握っている「神社本庁」とは一体なんなのか?そして、近年ではその神社本庁に対して不満を表明し離脱する神社が相次いでいるというが、一体なにが起きているのか?不祥事の巣窟となっている神社本庁の実態、そしてその原因まで分析する!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」…自分が本当に描きたいものを封印して、世間ウケする漫画を描き続けなければならないことをどう思う?最近、月刊誌の発行ペースが落ちている原因はコロナ脳?もう新聞に期待するのは止めた方が良い?首相官邸や政党に手紙やメールを送って訴えるというのは、実際どれくらい効果があるもの?ウクライナの反転攻勢が上手くいかなかったけど、まだ光明は尽きていない!?静岡県の川勝平太知事が辞職を表明した件をどう思う?世論調査で“女性天皇を認める”方は全体の“8割”いるというけど疑わしいのでは?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第529回「芸能の長い長い助走」
2. しゃべらせてクリ!・第455回「アイドル貸し切りステージに大興奮ぶぁ~い!の巻【後編】」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第323回「神社本庁と神道政治連盟のこと」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




27c2e7e47b6967661f342f4be9d6ce36d202a57e

第529回「芸能の長い長い助走」

 小林よしのりライジング、今回で第500号だそうだ。
 早いものだと驚くが、だからといって殊更に特別号というような体裁にはしない。毎号毎号が「スペシャル」みたいなものだと思ってもらいたい。

 先週6日の生放送『歌謡曲を通して日本を語る』は、新刊『日本人論』をテーマとしていた。『日本人論』は「芸能の歴史」を柱にしているが、まだ描き切れなかったこともあって、それを話す予定だったのだ。
 ところが放送2日前に、自民党が皇位継承問題について最悪の結論を出しそうだというニュースが入ってきたものだから、内容を大幅に変更して話さざるをえなくなった。
 それで、本来話したかった部分をやや縮小してしまったので、それをここでもっと詳しく記しておきたい。

 日本の最古の芸能は神話のアメノウズメノミコトの舞にまで遡るとされ、それが神事において神楽を舞う由来になったということは、『日本人論』で描いた。
 これは歴史学的にいえば、少なくとも『古事記』や『日本書紀』が編纂された奈良時代には、神を楽しませ、もてなすものとしての「舞」が存在していたということになる。
 奈良時代の日本は海外との交流が盛んで、特に中央アジアあたりの様々な芸能が、シナ大陸を経由して伝来してきた。中でも曲芸や幻術、歌舞や音曲、物まねなど雑多な内容を持つ「散楽(さんがく)」という大衆的な芸能は人々に親しまれ、以前からあった日本の芸能と混じり合って変化していった。
 大河ドラマの『光る君へ』に登場したのでイメージしやすくなったが、散楽は平安時代の大衆の娯楽となり、定住の地を持たない流浪民の一座が、村から村へと渡り歩き、その芸を披露して金銭をもらうことで生活していた。
 一座は各地を回りながらネタ集めをして新しい演目を上演し、やがて滑稽な物まねや短い寸劇などが多く演じられるようになり、日本独自の芸能となっていき、呼び名も「散楽」から滑稽な意味合いを持つ「猿楽(さるがく)」へと変わっていった。
 そして猿楽から今に続く能狂言の型が分かれ、江戸時代には歌舞伎が生まれ、全ての伝統芸能へと枝分かれして繋がっていったのである。

 それらの芸能の担い手は先に述べたとおり漂泊の民で、「河原乞食」とも呼ばれた被差別民だった。
 江戸時代になり都市が発展すると、都市には常設の芝居小屋や寄席が作られ、定住して芸能に携わる者も出るようになる。
 だがその一方で特に地方においては、芸能の原初から続く、宿を持たない旅芸人の系譜も連綿と続いていた。
 1300年前の奈良時代から始まった旅芸人の歴史が、いつまで続いていたのかというと、実は、それは昭和までである。
 戦後の高度経済成長期まで、旅芸人は存続していたのだ。

 現代人の感覚で「芸能界」とか「芸能人」とかいうと、映画やテレビなどのショービジネスのきらびやかな世界を思い浮かべるものだが、それは「マスメディア」の登場によって創り上げられたものだ。
 日本で映画が娯楽産業として成立するようになったのは110年くらい前、レコードが普及し始め、ラジオの本放送が始まったのは約100年前。そしてテレビの本放送が日本で始まったのは昭和28年(1953)、なんと、わしが生まれた年なのである。
 1300年にも及ぶ長い長い芸能の歴史に比べれば、我々が知っている、マスメディアによって創られた芸能は、たかだか100年程度の浅い歴史しかない。
 これが、一番肝心なことであるにもかかわらず、今では誰も気づかなくなってしまっていることである。

 マスメディアの登場以前にも存在していた、最も華やかな芸能の場は「舞台」であり、歌舞伎の舞台にはきらびやかな芸能の世界もあったが、それは都市だけの娯楽だった。
 東北の山村のような田舎になると、もう娯楽というものが存在しない。そして、そんなところに旅芸人の一座が回ってきていた。
 その旅芸人のひとつに、美空ひばりの歌に歌われた「越後獅子」がある。
 越後獅子とは、その名の通り越後の蒲原郡(現・新潟県新潟市南区)を起源とする獅子舞の大道芸で、7歳から14~15歳以下の子供が「角兵衛獅子」の扮装で、「親方」の笛や太鼓の演奏や、掛け声調子に合わせて舞を披露した。
 こうして子供たちと親方らの一座は家々の前で芸を見せる「門付け」によって金銭をもらい、各地を旅して稼ぎ歩いた。江戸時代には江戸まで出稼ぎに入って、特に正月の風物詩として人気となり、上方でも人気を博したという。

 親方は貧しい家の子供を4、5歳のうちに買い取り、身体を柔らかくさせるために酢を飲ませたり、歌にもあったようにバチや棍棒でぶん殴ったりして、厳しく芸を仕込んでいた。
 明治時代に入り、義務教育の普及などで社会の意識が変化すると、この扱いが残酷だとして、次第に大衆からは嫌悪されていき、警視庁から新たな子供を加えてはならないという禁止令も出た。
 越後獅子は明治43年(1910)にロンドンで開かれた日英博覧会に、日本を代表する大道芸の一つとして参加もしているが、その後も衰退の一途をたどった。
 そして昭和8年(1933)、「児童虐待防止法」によって、金銭目的で児童に芸をさせること自体が禁止され、「大道芸」としての越後獅子は消滅した。

 一方、芸そのものを消滅させるのは惜しいと、地元有力者や芸能関係者がその保存に乗り出し、数年後にお座敷芸として復活するが、これは本来の児童が演じるものではなく、大人の芸妓が演じていた。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他84件のコメントを表示

遅ればせながら、今回のライジングの感想を。
「泉美木蘭のトンデモ見聞録」第323回「神社本庁と神道政治連盟のこと」は前回に引き続き、男系カルトと化した神社本庁という組織の無茶苦茶さが詳しく書かれていて、初めて知ることも多く皇室典範改正を妨害する男系カルトの
組織が炙り出された貴重なレポートでした。統一協会だけでなく、神社本庁も私利私欲の権勢欲に塗れた人物が牛耳って
国益を毀損し、そんな組織の団体票を頼みにする政治家がいるとは世も末です。今後もその闇の実態がどんどん暴かれるべきです。
小林先生が今回紹介された瞽女のお話、小林ハルさんの動画と「はなれ瞽女おりん」を週末に観ました。
旅芸人一座は時代劇、大河ドラマでも度々登場していましたのでイメージでは知っていましたが、瞽女についてはあまりよく知りませんでした。
小林ハルさんの忍耐強い、真正直な生き方に感動しました。ハルさんがあれほどの苦労に耐えられたのはご本人の真面目で善良な気質と、やはり幼少期の母の厳しさが「母の愛」だと信じられたことと、自分の芸に矜持があったからだと思います。人に聴かせるだけの技量を身につけるのは並大抵のことではないのがハルさんの修行を見てよく分かります。
「はなれ瞽女おりん」は、瞽女の芸や生活が印象深く描かれていましたが、むしろ社会的弱者、被差別者の悲哀がより強く印象に残りました。昔の社会的弱者が肩を寄せ合うように世間で生きていく為には厳しい掟があり、そこから「はなれ」てしまった1人の美貌の瞽女の愛と悲劇の物語です。昭和の映画はなんとも言えず、画面の匂いまで生々しく感じられる雰囲気と情景の美しさの描写の力強さが際立っているように感じます。
「歌謡曲を通して日本を語る」でもまたこのような芸能の歴史のお話が聴けるのを楽しみにしています。

No.91 1ヶ月前

仕事から帰って夕食を食べながら、YouTubeでおぼっちゃまくんを観るのが日課になりました。

底ぬけに面白いですね!

チ◯コもウ◯コ連発で、これは子供の頃観ていたら嵌りまくりですね!

今の大人の私が観ても面白いんだから、子供が観たらたまんないと思います。

これがゴールデンタイムで受け入れられるような世の中であって欲しいですが、もう無理でしょうかね。

しかし茶魔は憎めない可愛らしいキャラクターですね!

このキャラクターを考えたよしりん先生はやっぱり天才だわぁ〜

子供の頃、がきデカのこまわり君が好きでしたが、アニメ化されませんでした。

アニメ化されても、おぼっちゃまくんのような人気にはならなかったかもしれませんね。

私は好きでしたが、絵のタッチがちょっとお茶の間向きじゃなかったかもしれません。

何となく陰気な雰囲気もあったかもしれません。

マカロニほうれん荘もアニメ化されませんでした。

今ならすぐにアニメ化されそうですが、あの頃は中々アニメ化されませんでした。

ギャグ漫画じゃありませんが、スーパーカーブームの火付け役で、あんなに大人気だったサーキットの狼もアニメ化されなかったし。  

つくづくおぼっちゃまくんの偉大さがわかります。😀

No.92 1ヶ月前

>>89
サトルさん

後押し、ありがとうございます。サトルさんが言われている、L.Kさんのブログとは、以下です。

https://aiko-sama.com/archives/37819

「愛子さまサイト」でこういうコメントを承認するのは珍しいのですが、何か僕らを説き伏せようとしている感じがあったもので、反論することを前提に承認したら、結構盛り上がってしまいました(;^_^A。

正直、もはやこんな議論しても「皇位の安定継承」にとって何の役にも立たないし、もはや当サイトに集う人に認識は、コメントした人の意識をはるかに超えていると、私は自負します。

みなさま、私からも、もしよろしければ(m_ _m)
とりいそぎ、お礼まで

No.93 1ヶ月前

DOJOサポーター関西支部の だふね です(*^^*)

DOJOサポーターチャンネルで、関西支部の動画が配信されました!
令和6年3月16日の「第115回ゴー宣DOJO in 東京」『チェブリンに保守思想を分かるまで教える』のパブリックビューイング終了後感想会の模様はコチラ。

https://youtu.be/I9uXPzOXjQY

関西メンバーからの参加は5名。紅一点「だふね」、「愛子さまトーーーク」でお馴染みの「基礎医学研究者」、Xの論破祭りで活躍中の「uki」と「SAIGA」、感想会の常連で博識の「Nori」。そして、一般参加者のキョウさん。

・今の「保守」ってどうなん?
・「思想」と「イデオロギー」の違いは?
・本当にこれが「常識的」な考え?
・4月20日の名古屋DOJOと『日本人論』について

などなど、笑いも交えながら真剣に議論しました。とにかくココでも、関西のスポークスマン・基礎医学研究者が喋りますよ~!! 

5月25日には大阪で「第117回ゴー宣DOJO」も開催されます! 関西支部一同、皆さまのご来場をお待ちしております(^_-)-☆
募集開始まで、もうしばらくお待ちくださいませ。

関西支部では、私たちと一緒に活動してくださるDOJOサポーターを随時募集しています。興味のある方はこちらまで↓
kansai.gosendojo.set@gmail.com

動画&紹介文作成/だふね

【Attention!】
動画アップされたあとで気づきましたが、サムネイル画像が「DOJO」ではなく「道場」のままでした(;^ω^)
次回以降気をつけます…。

No.94 1ヶ月前

>>93
基礎医さん

いえ、あれはとても素晴らしいブログです。
また、L.Kさんのコメント返しも素晴らしい。
「言いたいこと」が、網羅されてる「返し」です。

で、先ほどSPA!入手。驚く。
見事にここ数日の「愛子さまサイト」の投稿とシンクロしている(特にコメント返しに)。

スゲー!の一言。
最後は「掟やぶり?……(掟ってなんじゃ?)」の「あの方」の一言。

突っ込む直系よしりん……これにも爆笑。
……と入手がまだ……の方に……と配慮しがちに奥歯にモノが挟まったコメントm(_ _)m💦

ただ、入手する前に、「L.Kさんのブログ&コメント」と「愛子さまトーク」を是非ご覧ください。

その後、SPA!をよむと、「シンクロ」の意味がわかります。

で、「やつ」ですが……。
野田佳彦議員をディスりながら、岸田首相へのお願い……爆笑と共に「お前は子供か!」と、50にもなったマトモな「言論人(自称)」じゃないよな、コイツ……と思った次第です。

「切羽詰まり」ぐあいが、ヒドイ(笑)
漏らさないでね……。あ、「お願い(提言という名の)」がもう漏れてまちた まる。

No.96 1ヶ月前

 遅ればせながら、4月10日の毎日新聞の社説をよみました

 現在、皇室がおかれている情況を、端的に説明した、素晴らしい論だと思います。
 愛子さまのいならず、悠仁さまも含めて、個人の人生が法律に雁字搦めにされていて。ままならぬもどかしさがいたましいです。

 これでも男でないといけない、とか、外から更に犧牲者を増やすという養子案が正しいとかいうのなら、その人は人間ではないです。

 法律も制度も、人のためにあるもので、現在放映中の「虎に翼」でも言及されているように、人が適切に解釈して、親の形見の着物をとりかえすようなものでないといけないでしょう。皇室典範も、皇室に返すべき。カエサルの物はカエサルに。

 サンデー毎日も購入します。そして、本日発売のSPA!も。

 今回は多忙で、疲れていて、あまりお邪魔できませんでしたが…次号を期待します。

 追記:落陽とおぼっちゃまくんの主題歌の独立配信、有難うございました。

No.97 1ヶ月前

本日発売のSPA!ゴー宣230章「皇室数を確保して、実は皇室消滅」の感想です。

天皇陛下が「安定的な皇位継承に関する与野党協議」を主導する立場の額賀福志郎衆院議長をはじめとした国会議員41名と面会され「皆さんにはくれぐれも体を大切にされ、国民の信託に応え、今後とも、国、社会、人々のために、力を尽くしていかれるよう願っております」と述べられた翌日に拝読できたこと、あたかも歴代天皇の啓示のように感じました。

昨年、行われた「愛子さま祭り」に同道した家族は、「天皇論シリーズ」は未読ながら「皇室のことは、皇室の方がお決めになればいいのに。愛子さまでは、どうしてダメなの?」、先日の「歌謡曲を通して日本を語る」を視聴した際も「愛子さまが天皇になっていただくしか、立ちゆかない」という小林先生の御言葉に「そうだ、そうだ」と呟いていましたので、これが正しい庶民の感覚だと感じておりました。今回、「戦前の皇室典範は皇室の『家法』であり、その改正は皇室の意向によって行われていた」、「皇室典範の改正は皇室の意向、つまり天皇陛下のご意思によって行われなければならない」、「天皇陛下よりも皇室のことを知っている人はいない」と描いていただき、本当に留飲が下がります。

「安定的皇位継承」という喫緊の課題を「皇族数の確保」にすり替えて議論を進めようとする愚劣さも痛烈に写し出してくださいました。愛子さまを迎える歓呼の声を聴けば「皇位継承権を女性に広げる」、すなわち内親王である愛子さまが天皇になっていただく道を拓くことは国民の総意であり、皇室の御意向と完全に一致していると分かるにも関わらず、「混成家族」案を推し進めるふざけ切った輩は、天皇陛下の仰せになられた「国民の信託に応え」ようとは全くしていないと、直系よしりんの憤怒がまざまざと表しています。

議論が空論となり、政治と国民が乖離する悲劇になるかならないかという瀬戸際で、連綿と続く歴史の知恵からではなく、結論ありきの卑小な解釈で皇室をキャンセル、消滅させようとする男系固執派の劣悪ぶりを刻まれた峻烈なる作品を、歴代天皇方は御照覧していらっしゃるように感じます。天皇陛下の御言葉を鑑みても、チェブリン・モン子さんの高らかなる宣言、愛子皇太子を希求する国民の総意をさらに目に見える形にするために繰り出される活動は完全に的を射ており、必ずや実を結ぶことでしょう。

No.98 1ヶ月前

>>97
希蝶さんへ(ライジング501号待ち中に…)
『落陽』とおぼっちゃまくんの主題歌『ぶぁい Yai Yai』喜んで頂けたようで、嬉しいです。(切り抜いた人です(*^^*))二曲を続けて聞くと、番組で語った小林先生の覚悟が思い出され、忘れていた『感情の引き出し方』のようなものが伝わってきて、不思議と泣けてきます。
特に番組のエンディングを飾った【原作者が歌う!『ぶぁい Yai Yai』】は有料部なのに、切り抜きを可として頂いたのは本当に太っ腹!キャンセルカルチャーという毒まんじゅうに効く良薬です。
是非、お楽しみ頂くと共に、おぼっちゃまくん世代にも、それ以外にも、広く観て頂きたく拡散を宜しくお願い致します。
毎日新聞の社説ブログへのコメントもありがとうございます!(編集長に代わって?)御礼申し上げます。毎日新聞さんへの感想も是非とも。少し遅れても反響が続くのは、社説のベストセラーのようで、嬉しいのではないでしょうか。短くても、読者は愛子天皇を論じる記事を読みたい!と伝わればいいですね!

No.99 1ヶ月前

今回の『愛子天皇論』は怒!(ど)怒!(ど)怒!(ど)でした!
どうしてこんなに当たり前の事が通らない世の中になったのでしょうか?政治家を筆頭に、言論人、マスコミ、考える事を放棄した大衆…こんなに虚しさしか残らないようなバトル漫画があるのだろうか!?出来れば私も"ゴジラになりたい"…。
でも、大丈夫!人と人との肌感覚、生の実感、会う事の重要性、直の顔、直の声、そのことから感知する人のオーラ…。それを知ってる人達によるイベントが続々控えているではないか!!
妄想と思い込みと決めつだけの脳内クソ詰め野郎共にはフルチンで逆立ちしてもわからない価値観だろう!

話は変わりますが、小林先生の『ゴッドファーザー論』がとても気になります。今週もありがとうございました♪
怒!怒!怒!

No.100 1ヶ月前

「愛子天皇論」感想です。
冒頭から気分がひとコマ、ひとコマ高まる。そして4コマ目で一気に火がつく……もう直系よしりんに同化してしまう。
そしてページを捲れば怒涛の怒り!……怒り!!……怒り!!!
ページの最後のコマは必ず「怒りのコマ」!
そこに至るまでの「理由」もキチンと正確に、反論の余地すらない(しかも、さりげなく、本当にさりげなく伏線がある)。

6ページ目から、「森暢平氏」の登場。7ページまで森氏の「仕事ぶり(学者として)」を正確に表す。

で、最終ページの一つ手前の最後のコマ……。
「あの人」の登場!
最初ページで、全部、ぜんぶ、ゼーンブ!
「持っていてしまう」。


そうだ!「見せつけるしかない」!
そうだ!「ぶちあげるのよ」!
快進撃だぁ!!!
衝撃の発表アリ!

※知識人……「森暢平」氏……切望します。握手したい。激励したい!「ありがとう」と言いたい。会場で。
ワガママ…とはわかっていますが。

No.101 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。