• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

UWFインターの若手たちが目指した「理想の戦い」……■金原弘光
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UWFインターの若手たちが目指した「理想の戦い」……■金原弘光

2017-07-01 00:00
  • 1
462cd01df20c4b42ef66628f99298c658e1c29fb
伝説のプロレス団体UWFインターナショナルでデビューして、キングダム、リングス、PRIDEと渡り歩いた日本格闘技の生き証人金原弘光が格闘技界黎明期を振りかえる連載インタビュー。今回のテーマは話題騒然だったヤマケンインタビュー、金ちゃんの目線から当時のUインターを見る!




<関連企画>

・【2万字超えの激白】山本喧一インタビュー「高田延彦、田村潔司…真剣勝負とUインターの愛憎物語」

【検証「1984年のUWF」】船木誠勝「えっ、そんなことが書かれてるんですか? それは全然違いますよ」

・『1984年のUWF』と骨法――堀辺正史の「船木離脱」の真相はデタラメなのか? ■証言者・中川カ~ル

「斎藤文彦INTERVIEWS⑬」/『1984年のUWF』はサイテーの本!

『1984年のUWF』には描かれなかったリングスの実態……■金原弘光




金原 交通事故に遭って首の調子が悪いから、MRIを撮ったんだよ。そうしたら首と腰の状態が本当に悪くてさ。事故のせいだけじゃなくて、いままでの試合のダメージの蓄積だと思うんだけど。

――どういう状態なんですか?

金原 神経が圧迫されて髄液がきれいに流れていないんだよね。年齢の理由もあるんだけど、こんな状態だと簡単に試合をやならないほうがいいなって考えちゃったよ。もし変な落ち方をしたらもっと酷くなったら……ってね。

――最近プロレスでは事故が相次いでますけど、ダメージが蓄積して負傷しているところもあるんでしょうね。

金原 一発のダメージでいっちゃうこともあるけどね。この前ね、リングドクターの方と話をしたら「私が診たプロレスラーはみんな頚椎の3番4番がよくない」って言うんだよ。亡くなった三沢(光晴)さんもそこでしょ。

――日夜、受け身を取り続けたことで……。

金原 あと練習のブリッジだと思うんだよなあ。頭だけで身体を支えるから。新日本プロレス学校やUインターのときって、ブリッジしてその上に何人乗せられるかとかやってたから。あれは頚椎に悪いよね。

――話を聞いてるだけで首が悪くなりそう……。

金原 プロレス学校時代に(山本)小鉄さんに言われてやってたもん。ブリッジしながらベンチプレスもやってたからね。やっぱりプロレス格闘技にブリッジの練習は必要だから。ウチの道場でも、手を付けて頚椎に負担をかけないブリッジはやっている。

――手を付けていれば傷めないんですね。


金原弘光視点で明かされるUインター若手決起! Tさんだけが理想の戦いをできた理由とは?



この続きと、桜庭和志殿堂入り、朱里UFC、破壊王伝説、大矢剛功、メイウェザーvsマクレガー特集…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
 

この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。