• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

“UFC金の卵”ガヌーはマイク・タイソンになれるか■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

“UFC金の卵”ガヌーはマイク・タイソンになれるか■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

2018-01-14 12:22
    多くのMMAファイターをマネジメントするシュウ・ヒラタ氏が北米MMAシーンを縦横無尽に語りまくるDropkickニコ生配信コーナー。深くてタメになるトークを活字でもお届けします!(12月に配信された一部を加筆編集したものです)。

    今回のテーマは、次世代のヘビー級を背負うフランシス・ガヌーの周辺がいろんな意味で慌ただしく……


    【関連記事】

    ホームレスからUFCの次代の大物へ:フランシス・ガヌーの驚くべき冒険

    「おまえらちゃんとやれ!」……アメリカ連邦議会がUFCを攻撃!

    日本大会総括】 UFCが欲しがってるのは那須川天心と◯◯◯…




    ――シュウさんにとって2017年はどんな年でした?

    シュウ いろいろなことが起きた年なんですけども、ほら、私の場合は会社を売ったりしましたし……。

    ――ああ、アライアンスMMAにマネジメント会社を売却したんですよね。

    シュウ アライアンスMMAは日本ではあまり話題にはなってないんですが、けっこう凄いことをやっていて。ローカル団体を7つも買って、チケットエージェンシーも買って、私がパトーナーとやっていたマネジメント会社も買い取って。

    ――MMA複合ビジネス組織というか。

    シュウ ただ、まだ何をやろうとしてるのか見えてないんですよね。

    ――えっ、ここまでやっておいてまだ実態がわからない(笑)。

    シュウ 当初はUFCに選手を供給するマイナーリーグを作るという構想だったんですけど。マイナーリーグと言ってもアメリカだけで世界中の選手を独占できるわけじゃないですから。それにアメリカ国内でも「UFCとベラトールに続く第3の団体はどこか?」と言えば、ほとんどの人が名前をあげる団体はTitan Fighting Championship、Legacy Fighting Alliance、そしてShamrock FCあたりで、この三つはアライアンスMMAの傘下に入っているわけではないですからね。ちょっと厳しいんじゃないかなあと。MMA関連の会社としては初めてNY証券市場に上場したんですが、いま株価がどんどん下がって大変なことになっていますね(笑)。

    ――会社を売却したことでシュウさんもガッポリ儲かったんですよね?(笑)。

    シュウ ええと、MMAのマネジメント会社がこんな額で売れるなんて夢にも思ってなかったですね(笑)。

    ――うらやましいです!(笑)。

    シュウ だけど、ほかに2人のパートナーがいたので三等分なんですけどね。その2人はそのまま会社に残って、ボクだけ抜けたんですよ。残ったは2人はいまでも非常に良い給料をもらってます(笑)。

    ――シュウさんも残っていたほうが……。

    シュウ いやあ、絶対にイヤですよ。やっぱりプロモーターとマネジメントが一緒の会社にいるのはおかしいと思うんですよ。いざとなったときに相手がUFCやベラトールだろうが選手のためにケンカできない立場にいるのはおかしいと思ってるので。そこは折れたくなかったんですよね。金銭的には大損してるとは言われてるんですけど(笑)。

    ――シュウさんは今度UFCヘビー級王座に挑戦するフランシス・ガヌーをマネジメントしてますね。

    シュウ 公になってるから言いますけど、ガヌーくんのファイトマネーは1試合25万ドル、約3000万円。そこにリーボックのスポンサーフィーも加わります。2018年の3月でガヌーくんとのマネジメント契約を更新しきゃいけないんですけど、そのタイミングでウチを離れるんじゃないかなって予感はありますね。

    ――あら、何かあったんですか?

    シュウ ガヌーくんはアフリカからヒッチハイクでフランスにやってきたほどの選手ですから、自分に自信を持ってるというか、セルフマネジメントができるという考えを強く持ってるんですね。それにこのクラスの選手になると、ほかのマネジメントからの引き抜き攻勢が凄いんですよ。

    ――あー、ガヌー争奪戦になってるんですか!

    いま入会すれば読める1月更新記事

    アメリカ人記者が見たイッテンヨン安田忠夫、激白「カネ、暴力、博打」/ミゼットのこれからプリティ太田堀口恭司RIZINGP完全優勝の裏側/冬木弘道の壮絶人生/浅倉カンナインタビュー/ギャビはなぜウソ泣きを?/ベストバウトは新日本が独占? 米メディア2017年/カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』……


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:2018-01-17 10:03
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。