• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-03-01 00:00
  • 1
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは「マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか」です!



<関連記事>

・TOO SWEETじゃなくてTOO DEEP!! 世界一卑猥なハンドサインをご存知?

・デスマッチ仁義なき戦いに警察も出動! GCWシュート事件とは何か


・カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』――人生の栄光と転落

・アメリカのデスマッチキングは銀行強盗犯…ニック・ゲイジの最狂人生

・知ってるようで知らないアメリカ第3の団体ROH

・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー

・あの日本人もここからWWEに? 時代の最先端を走る「PWG」!!



46e188541803c789e589e7db498a4e821793f953

新日本プロレスの内藤哲也が、2月16日から3日間、アメリカ中西部のインディー団体に単身参戦した。オハイオ州デイトンのWrestling Revolver、イリノイ州シカゴのAAW、イリノイ州エドワーズビルのGlory Proの3大会。AAWシカゴ大会では、サミ・キャラハンとメインで対戦して、日本同様アメリカのファンからも大歓声を受けた。

一方、当初は参戦予定がなく、サプライズ登場に盛り上がるはずだった元AAW王者に対して、観客たちは容赦ない罵声を浴びせた。そのレスラーとは、新日本プロレスの常連外人選手の1人として、日本でも活躍中のマイケル・エルガン。「ファック!ビッグ・マイク!」という罵声は、普段ヒールに対して浴びせられるものとは全く意味合いが別だった。

先日「新日本プロレスとの2年の契約延長が結ばれた」とレスリング・オブザーバー紙で報じられたばかりのエルガンだが、昨年末から自身が所有する団体で起きた“性的暴行問題に対しての対応の悪さ”が米マット界で激しい非難を受けている。

折しも今、世界中でセクハラや性的暴力を告発する「#MeToo(私も)」運動が盛んになっている真っ最中だ。これは、米ハリウッドの映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが起こしたセクシャル・ハラスメント問題により、彼から被害を受けた女優アリッサ・ミラノが、自分以外にも性的被害を受けたことのある人たちに向けて「Me too」と訴えて欲しいと、2017年10月にTwitterで呼び掛けたのが始まりだった。

SNS上でセクハラ被害を告白したり、被害者に共感した人たちが「#MeToo」というタグを付けて、セクハラ撲滅のために戦っているのだ。すでに次の「Time’s Up (時間切れ)」運動も今年の1月1日から始まっているそうだ。こちらは「性的暴力に沈黙をしている時は過ぎた」という意味が込められているという。

そういったフェミニズム運動が活発になり、米マット界も含めて世間はかなり敏感になっている。騒動により、出場を取り止めにされたり非難を受けているエルガン自身が、今回、この告発した被害女性を逆に訴えるまでに至っている。何が起きているのか、この騒動を追ってみることにした。

ミズーリ州セントルイスに住むプロレスファンの女性、モーゼス・マローン(Twitter名)が、エルガンが所有する団体Glory Pro所属のレスラー(練習生)、ショーン・オーリンズから性的暴行を受けたとされるのは2017年3月22日のことだった。


この続きと、「プロレスとヤクザ」、中井りん、山田学、告発者B氏、安田忠夫、池田大輔などの記事がまとめて読める「15万字・24本の記事詰め合わせセット」はコチラ 
 
この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。