• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

オリンピック、『ルチャアンダーグラウンド』を経て世界に羽ばたくジェフ・コブ■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オリンピック、『ルチャアンダーグラウンド』を経て世界に羽ばたくジェフ・コブ■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-10-01 00:00
    24ee78ea6ecae6726931c2e55a24af2e779fdbf7
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはオリンピック、『ルチャアンダーグラウンド』を経て世界に羽ばたくジェフ・コブです





    1896年の第1回大会以来、108年ぶり2回目の開催となったアテネオリンピック――グアム選手団の旗手として、希望に満ちた精悍な顔で堂々と開会式を歩いていた男は、本当はプロレスラーになるつもりだったのに、いつのまにかレスリングの世界に入り込んでいた。その男は誰であろう、テレビ番組『ルチャアンダーグラウンド』で名を挙げ、新日本プロレスにも参戦経験のあるジェフ・コブである。

    当時大学生だった22歳のジェフ・コブ自身を含めて、グアム選手団はわずか4名。陸上選手2名と水泳選手1名。コブはレスリングフリースタイル84キロ級代表だった。残念ながらグアム選手団は、どの色のメダルも獲ることができなかった。

    グアム代表のジェフ・コブだったが、実は彼には日本の血が流れている。父方の祖母は熊本からハワイに移住した日本人で、コブはハワイ・ホノルルで生まれた。その後、11歳の時に家族でグアムに移住。高校入学初日にキャンパスを歩いていると、レスリング部から勧誘を受けた。子供の頃から大のプロレスファンで、ハルク・ホーガンやアルティメット・ウォリアー、日本人レスラーでは特に三沢光晴と小橋建太が大好きだったコブ少年は「プロレスができるんだ!」と喜び勇んでレスリング部に入った。
    この続きと、追悼・輪島、天心vs堀口、修斗対談、マクレガーvsハビブ……などの記事がまとめて読める「10万字・記事20本の詰め合わせセット」はコチラ 
     
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。