• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ライヴレポート】 NoGoD/2014.05.28@渋谷AX
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ライヴレポート】 NoGoD/2014.05.28@渋谷AX

2014-06-12 22:30

    NoGoD

    NoGoD PREMIUM TOUR-2014-【Gate of Seven】
    2014.05.28 渋谷AX

    【SET LIST】
     1. STAND UP!
     2. 愚蓮
     3. 憎愛アンチテーゼ
     4. 愚かな王
     5. THE POWER
     6. 浮世ROCKS
     7. FRONTIER
     8. IV-他者 Philosophia
     9. 夢の泡
    10. 箱庭
    11. あの日の空は極彩で
    12. アタリマエ
    13. 球根
    14. Carnival
    15. 神風
    16. 絶望、バイバイ。
    17. 恒星
    18. 啓発フラストレス
    (ENCORE-1)
    19. 櫻
    20. 敬虔
    21. ノーゴッド
    (ENCORE-2)
    22. 祝福の唄

    b7858bf1656d25e32aed154639f90422aa316e43

    83e2e7510d176aa10ee647514c5a23c7dfcc1f77

    eb9c142dcdfd80f2280029e1d02d6b32df953c7f

    00ba27fb83c3e7ff69d11ec2b251c15a865f0903

    02636b3437ef9b521a1e66617428cb2df36bc307


    (文=山口哲生/撮影=大塚秀美)


    「こんなに幅広いセットリスト──うるさい曲から優しい曲まで、全部ひっくるめて自分達だって言えるバンドは、日本……いや、世界! いや、宇宙!! …………宇宙は違うか。でも、NoGoDがもっと好きになったツアーでした!」

     コンセプト・ミニ・アルバム『四季彩』をリリースして行なった対バンツアーを経て開催された“NoGoD PREMIUM TOUR-2014-【Gate of Seven】”。そのツアー・ファイナルとなったのは、彼らにとって最初で最後、14年間の歴史に幕を降ろす渋谷AX公演だ。「14年間、一番熱いAXは今日だ!」と団長は話していたが、終始すさまじい熱狂に包まれた一夜となった。

     客席が暗転すると、会場全体に轟く豪快なギターサウンド。そこからゆっくり幕が開いていき、メンバーの姿が見えるとフロアから割れんばかりの大歓声が巻き起こる。そして、ステージ中央に設置された階段から団長が登場。華凛もステージ最前線へ飛び出し、オーディエンスを熱く煽る。そこから「STAND UP!」へなだれ込めば、フロアはあっという間に狂乱状態へ。拳が高く突き上げられる中、Kの強烈な高速ロールから「愚蓮」に突入し、序盤戦からとんでもない熱量で畳み掛けていった。そんな中、MCでは「緩~いウェーブ」をオーディエンスと作り出したり、「重大アナウンス」と前置きしつつ、ライヴ当日が団長の妹さんの誕生日であることを発表したりと、客席の笑いを誘う団長。そこから翻って「IV-他者 Philosophia」で、プログレッシヴで重厚な世界観を叩きつけるという、NoGoDだけにしかなし得ないステージが繰り広げられていく。

     中でも印象的だったのは、中盤のアコースティックコーナー。『四季彩』のインタヴューで、アコースティック音源を収録することに「おまけっぽい見え方になるのはイヤだ」と話していたKyrieだったが、その言葉通りヴォリュームを持たせての披露となった。インスト曲「夢の泡」では、KyrieとShinnoがアコースティックギターを優しく奏で終えると、団長が登場。しっかりとした熱を持って「箱庭」を歌い上げれば、そこに華凛とKが加わり「あの日の空は極彩で」へ。軽やかなサウンドをフロアへ届けていた。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。