• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 今日の運勢は? 6月23日の過ごし方【数字で読み解く365日】

    2017-06-23 07:303時間前
    「数字で読み解く365日」では、数秘術をもとにカレンダーに記されている日付=数字に宿る意味を知ることで、運を動かし、人生をより豊かにするヒントを毎日お届けします。 <6月23日>

    ピースフルなエナジーに満ちている「2」が、本日のデイナンバーです。
    イメージとしては、落ち着きのない「3」を、バランサーの「6」と安定をもたらす「2」がなだめている感じ。
    今日は、のんびり日和。仕事や家事で忙しくしていても、ゆっくりお茶を飲んだり、食事をしたりする時間は確保を。ボーっと考え事をするひとときにも発見が。

    本日の運勢ポイント

    運気は穏やか。ただ、それを乱そうとする動きも。雑用や面倒なことを押し付けれたり、集中したいのにやたらメールや電話がきたり......。必要最低限の義理を果たしたら、あとはゆっくり自分の時間を楽しむことが、今日を充実したものにするカギ。

    6月23日生まれの人はどんな人?

    愛情いっぱい! 母性本能の塊のようなあなた。仲間や男友達からも、母や姉のように慕われていそう。友人の元彼と結ばれる定め。

    数秘術とは

    古代ギリシャの哲学者・ピタゴラスの説く「アルケー(物事の起源)は数である」がルーツ。森羅万象の営みはすべて数で象徴されるという考えに基づき、世界の動きや人の運命など、様々な事象を読み解く占術。

    Photo by Gettyimages

  • 思わず深呼吸しちゃう、和薄荷のあるバスタイム

    2017-06-23 07:003時間前
    蒸し暑い日はバスタイムがおっくうになることも。でも体と心の癒しのためにもゆっくり楽しみたい。そこで、体は温まるのにスーっと爽やかに深呼吸できる、和薄荷を使ったバスアイテムを使いたい。 お風呂場で涼やかな自然の風を感じる

    たとえば、日本原生の野草で作ったスキンケアアイテムなどを提案しているブランド「北麓草水(ほくろくそうすい)」の季節限定品もそのひとつ。

    「北麓草水」といえば「深呼吸したくなるスキンケア」をコンセプトに誕生したスキンケアブランド。そんな、野草や有用植物を知り尽くしたブランドが「暑さを和らげて、涼しいひとときを過ごしてほしい」という思いを込めて作ったのが、パラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料不使用の、和薄荷を使ったウォッシングソープバー 、入浴料、ハンドソープ、エッセンシャルオイルです。

    北麓草水 ウォッシングソープバー 和薄荷 / 100g 691円(税込)、150g 950円(税込)

    肌をやさしくいたわりながら、まっさらな状態に戻してくれる。細かい和薄荷の葉を混ぜ込んでつくられたサッパリした洗い心地のウォッシングソープバーです。特長成分である甘茶蔓浸草水(アマチャヅルエキス、水)が肌を整え、スイカズラ葉エキスが洗浄を補います。ほのかな甘みのある爽快な香りが鼻にスーッと抜けていき、洗顔の心地よさと相まって、心までスッキリしそう。

    北麓草水 和薄荷とモモの湯(野草湯)18g / 378円(税込)

    和薄荷とペパーミントに、山梨県笛吹市の契約農家で摘花したモモの花と、養蚕が盛んであった山梨で蚕のえさとなるためたくさん栽培されていた桑の葉を組み合わせた入浴料です。入浴料を入れて、袋がやぶれない程度に軽くもむのがポイント。特長成分であるハッカセイヨウハッカが肌を整えてくれます。蒸し暑い夏の湯船でも、体は温めながら、爽やかなひとときが過ごせそう。

    北麓草水 ハンドソープ 和薄荷 250ml / 1,080円(税込)

    自社抽出したハッカエキスを配合したハンドソープです。ほのかな甘みのある爽快な香りとサッパリとした洗い上がりが、べたつきがちな季節にぴったり。ウォッシングソープバーと同じく、特長成分である甘茶蔓浸草水が肌を整え、スイカズラ葉エキスが洗浄を補ってくれます。荒れやすい女性の手のつよい味方です。

    北麓草水 エッセンシャルオイル 和薄荷 15ml / 3,780円(税込)

    和薄荷がベースのほのかな甘みのある爽快な香りが特徴のエッセンシャルオイルです。アロマトレイやディフューザーに垂らして香りを楽しんだり、手軽にお湯を入れたカップなどに精油を1~2滴たらして使ってもOK。肌に使うときはキャリアオイル等で0.5~2.0%に希釈して使うとよいとか。もちろんお肌が弱い人は少なめに。

    繊細な日本女性の肌をすこやかで、美しく保つためには、民間療法として活用され、厳しい自然環境の中でもたくましく生き抜いてきた野草と、豊富で美しい富士山の伏流水が必要だと考えます。

    北麓草水HPより)

    そう語る「北麓草水」の和薄荷アイテムがあれば、蒸し暑い夏も上手に心地よく過ごせそう。セットなら夏の贈りものにも喜ばれそうです。

    北麓草水

  • 色の力で抗酸化、日焼け対策。毎日摂りたいブルーベリーアレンジ

    2017-06-23 00:0010時間前
    こんにちは。フルーツオブエデンの福田カレンです。
    体調を崩したことをきっかけにアメリカでフルータリアン栄養学(人間の本来の食性は果食、つまり私たちはフルータリアンであり、フルーツを主食にすることが健康に資するという栄養学)を学び、以来フルーツをたっぷり食べる食生活を続けています。「フルータリアン旬レシピ」を通じて、フルーツの恵みを目いっぱい摂り入れるアイディアをお届けします。

    今回は、これから夏が旬のブルーベリーを使った抗酸化&日焼け対策レシピを2つご紹介します。

    おいしいベリーを食べて抗酸化力アップ

    海外では抗酸化作用の高いスーパーフルーツとして知られているのがベリー類です。数あるベリーの中でも、日本で一番人気なのはイチゴでしょうか。ラズベリーやブラックベリーはあまりお店で見かけませんが、ブルーベリーなら6月下旬から7月にかけて国産のものがたくさん出回ります。眼精疲労や視力回復に効果があるというイメージの強いブルーベリーですが、もちろん抗酸化力も高いフルーツです。

    ベリー類の優れた抗酸化力は、その色彩に秘密があります。たとえば、ブルーベリーの青紫色は抗酸化成分『アントシアニン』によるもの。カラフルな赤や紫、黄色といった色素に有効な成分が存在していることが多く、皮をむいてしまうのはもったいないフルーツもあるんです。皮ごと食べられるブルーベリーは、色が濃くてみずみずしいものを選ぶようにしましょう。

    抗酸化力アップレシピ
    ブルーベリーとプチトマトのピクルス風サラダ

    <材料>
    ・プチトマト 1カップ
    ・ブルーベリー 1カップ
    ・バルサミコ酢 大さじ1

    <作り方>
    (1)プチトマトにフォークで穴を開け、味をなじみやすくする。
    (2)トマトとブルーベリーと合わせ、バルサミコ酢であえる。
    (3)冷蔵庫で1時間ほどおいて味をなじませる。

    トマトに含まれるリコピンもまた抗酸化力の高い美肌成分として知られています。ブルーベリーと組み合わせることで、美肌効果をさらに高めましょう。味付けがシンプルな分、素材が引き立つサラダなので、ぜひ新鮮なブルーベリー、色の濃いプチトマト、そして質のよいバルサミコ酢を使うようにしてください。

    ブルーベリーにビタミンEたっぷり生アーモンドをプラス

    良質なビタミンE源であることから注目を浴び、スーパーフードと称されるようになったアーモンド。そのまま食べても、もちろんOKですが、ひと手間かけてアーモンドミルクにしてもおいしくいただけます。

    手作りアーモンドミルクとブルーベリーを合わせたこんな爽やかなスムージーはいかがですか?

    手作りアーモンドミルクでビタミンE補給!
    ブルーベリーのアーモンドミルクスムージー

    <材料>
    ・ブルーベリー 1/2カップ
    ・オレンジ 1コ
    ・バナナ 小1本
    ・生アーモンド 1カップ(アーモンドミルク500ml程度の分量)

    <作り方>
    (1)生アーモンドを1晩ほど浸水させる。
    (2)アーモンド1に対し2~3倍量の水をミキサーに入れ、アーモンドが細かくなるまで撹拌する。
    (3)ガーゼなどでアーモンドパルプを濾し、液体を取り出す。
    (4)アーモンドミルク150mlとフルーツをミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌する。

    ビタミンEは、その保湿効果や抗酸化作用、メラニン色素沈着抑制効果などから日焼け止めやスキンケア製品に使われていますが、もちろん、外からだけでなく内側からもビタミンEを摂取することも重要。アーモンドをおいしく食べて、さらに夏のダメージに備えましょう。こちらも一定期間継続して摂取するのがおすすめです。

    (写真・文・レシピ:福田カレン)