• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • パウンドケーキより簡単。見栄え良しの「クロックケーク」

    2017-07-26 12:001時間前
    言わずと知れたフランスの人気軽食「クロックムッシュ」。最近それをアレンジした「クロックケーク」というものが登場しています。食パンを使ってパウンド型で焼いたもので、通常のパウンドケーキよりも簡単で、じわじわと人気が出ているようです。

    このクロックケークは料理研究家 八木佳奈さんの『魔法のパン』(主婦と生活社)でも紹介されており、基本の作り方は動画でも見ることができます。

    基本的には食パン、卵、ソース、具材があればOK! アイディア次第でアレンジの幅が広がります。

    朝食や軽食にピッタリの食事アレンジ

    Fumikoさん(@fumiko.k22)がシェアした投稿 - 2017 5月 12 11:28午後 PDT

    TSUKI*.。さん(@sweet_honey_moon_)がシェアした投稿 - 2017 6月 30 6:27午前 PDT

    クロックムッシュでも定番の具材、玉ねぎ・卵・ハム・チーズ・ほうれん草など。これらの具材はクロックケークにももちろん合います。具材を中に詰めるだけなのでとっても簡単。野菜もタンパク質も一気に摂れるので、時間のない朝ちょっと小腹が減ったときにもちょうどいい。中の具材やソースを変えればいろいろな味つけを楽しむこともできます。ミートソースやベシャメルソースなど、まったく違ったものを作ってみるのも楽しそう。

    フルーツやジャムでスイーツアレンジ

    Asakoさん(@asa153cm)がシェアした投稿 - 2017 7月 19 8:44午後 PDT

    本物のパウンドケーキのように、甘いスイーツ風のアレンジにするのもおすすめ。フルーツジャムクリームチーズをはさんでもステキ。切り口は色も鮮やかで、ティータイムに華を添えてくれること間違いなし。食事アレンジのものはチーズを上にのせることが多いですが、スイーツアレンジのときはクラッカーや砕いたビスケット、オレオなどの少し歯ごたえのあるものをのせると食感も楽しむことができます。

    焼いてそのまま、ギフトにも

    ロコさん(@rokochan1014)がシェアした投稿 - 2017 7月 1 12:46午前 PDT

    クロックケークはギフトにしても喜ばれそう。あえて切りわけずにそのまま持っていき、相手にサプライズで中を見てもらうのも楽しみのひとつ。食事用でもスイーツ用でも、切り口の美しさにきっと笑顔になってもらえることでしょう。作るほうも「切って並べて焼くだけ」なのでとても手軽で、ちょっとした手みやげにもピッタリ。

    簡単なのに、見た目もきれいなクロックケーク。冷蔵庫の中にあるものを活かして、パウンド型に入れて焼けばとっても豪華な一品のできあがりです。

  • 今日の運勢は? 7月26日の過ごし方【数字で読み解く365日】

    2017-07-26 07:306時間前
    「数字で読み解く365日」では、数秘術をもとにカレンダーに記されている日付=数字に宿る意味を知ることで、運を動かし、人生をより豊かにするヒントを毎日お届けします。 <7月26日>

    デイナンバーは、美を司る「6」です。
    構成数字に女性的ナンバーがそろう今日は、女子力アップがテーマ。女として今の自分に自信がある人でも、まだまだブラッシュアップできる部分はあるはず。より洗練されたいい女になるべく、メイク、ファッション、マナーなど、いろいろな角度から勉強&研究に励みましょう。

    本日の運勢ポイント

    ビューティアップ運。その名の通り、キレイになるために努力するほど美しくなれるし、開運効果も高まります。普段はおしゃれに無頓着な人も、ぜひドレスアップして外出を。アートとの波長も◎。絵画、彫刻など眺めると、モチベーションが急上昇!

    7月26日生まれの人はどんな人?

    気高いけれど、プライドの高さは表に見せず、誰とでもフラットにつきあうでしょう。みんなが憧れるような異性と、燃えるような恋に落ちる予感。

    数秘術とは

    古代ギリシャの哲学者・ピタゴラスの説く「アルケー(物事の起源)は数である」がルーツ。森羅万象の営みはすべて数で象徴されるという考えに基づき、世界の動きや人の運命など、様々な事象を読み解く占術。

    image via Shutterstock

  • 「とにかく熱い男」松岡修造さんに学ぶポジティブ力

    2017-07-25 22:3015時間前
    「とにかく熱い男」としてメディアにひっぱりだこの松岡修造さん。 名言日めくりカレンダー『まいにち、修造! 』は、累計100万部を超える大ヒット商品となりました。 ポジティブを作るイメージ力

    いつも明るく前向きな印象の松岡修造さんですが、実はネガティブ気質な面もあるそう。いまのポジティブな修造さんはあらゆる方法を自分なりに模索して言葉やイメージの力を利用してつくりあげたそうです。

    今回は、松岡修造さんと脳科学者の茂木健一郎さんの対談書『たった一度きりの人生をマックスに! ポジティブ会議』(茂木健一郎、松岡修造 著・アスコム)の中から、松岡さんが試行錯誤して編みだしたポジティブ・マインドを自分でつくりだすヒントをご紹介します。

    1.自分のことを名前で呼んで自分に質問してみる

    元々プロテニスプレーヤーの松岡修造さん。 試合での集中力を極限まで高めるメンタルトレーニングを日々研究し取り組んできたそうです。そして、いまこの瞬間に全力でフォーカスし余計なものを削ぎ落とす感覚を、「いま、ここ、修造」というフレーズで表現しています。

    このフレーズは「いま、ここ、自分」という相田みつをさんの名言を自分なりにアレンジしたとのこと。対談相手の茂木健一郎さんによると、自分の名前を入れることで、さらに「いまこの瞬間を生きる」マインドフルネスな要素が増すのだとか。「私」という第一人称でなく、自分の名前に置き換えることで「自分が何を感じて考えているのか」を客観的に把握することができます。

    自分の思考や行動を客観的にとらえて認識することを、脳科学では「メタ認知」と呼ぶそうです。これはいわゆるマインドフルネス瞑想と同じ作用があります。

    なんだか心がもやもやして整理ができないとき。やるべきことがあるのに心配事があって集中できないとき。そんなときは、「◯◯(自分の名前)は、いま、何を感じていますか? 」「◯◯は、なぜそう感じるのですか? 」と、自分で自分に質問し、対話してみる。

    心配なこと、不安なことがあって悩んでいるとしたら、その感情自体を「◯◯はいま、このことが原因で心配になっている」と言語化してみましょう。そうすることで 、不安や心配といったマイナスの気持ちと自分自身が同化せずに済みます。ネガティブな感情をちょっと脇に置いておくことができるようになるのです。

    2.ストレスを感じたら富士山とおばあちゃん

    松岡修造さんは現役時代、試合中にうまくいかずストレスがかかったときは、ご自身のおばあちゃんを思い浮かべていたそう。そうすることで落ち着きを取り戻し気持ちをプラスの方向に向けていたのだそうです。

    また、すごく緊張して人前で話せなくなった時に登場するのは「富士山のイメージ」。足を肩幅に開き両腕をだらりと降ろして、ゆらゆらと振り子のように揺れながら堂々とした富士山の姿を思い浮かべて冷静さを取り戻していくとのこと。試合中でもパッと富士山を思い浮かべると集中できるようになるのだとか。

    富士山とおばあちゃん。茂木健一郎さんによると、これらのイメージは脳科学の専門用語で「内部モデル」と呼ばれているようです。内部モデルは、思い浮かべた瞬間に感情と結びつけてストレスを解消してくれる「イメージの薬」。松岡修造さんの場合は 「おばあちゃん」と「富士山」ですが、自分なりの内部モデルも設定しておけるといいですね

    ネガティブな感情を否定せず、まず観察した上で前向きに乗り越える。松岡修造さんのように言葉やイメージの力をうまく利用して自分で感情のスイッチを切り替えられるようになりたいところです。

    [『たった一度きりの人生をマックスに! ポジティブ会議』]

    image via Shutterstock