• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【第315号】「大統領選」と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第315号】「大統領選」と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

2020-11-09 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第315号 2020/11/9

    「大統領選」と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【綾波ランボーを回復せよ】


    今週のヤンサンは、噂の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」でした。


    すごい人気なのは知っていたものの、観たのはこれが初めてだったのだけど、あの「繊細な少女漫画的世界」でどんな物語が語られるのかと思っていたら、まさかの「傷痍軍人モノ」でした。


    激しい戦争で両手を失った主人公はロングヘアの美少女で、戦場では「有能な人間兵器」として恐れられていたというのだ。


    美少女が「兵器」


    少女は重症を負ったまま「次の任務に向かわせて下さい」と言っている。


    しかし戦争は終わっていて「任務」も「戦場」もない。


    戦争は終わったけれど、自分の心は軍の仲間と共にあり、「軍人」であることが止められない。


    ようするに「ランボー」だ。


    目的を失って中空を彷徨うような主人公「ヴァイオレット」は、エヴァンゲリオンの「綾波レイ」にも見える。


    そんな、心に空洞を抱えた「人間兵器」であるヴァイオレットの「心の再生」を丁寧に描いたのが「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」だった。


    「綾波ランボーの心を回復せよ」という話なのだ。


    詳しいことはヤンサン本編で観てもらいたいのだけど、この「軍人が止められない」という主人公にはちょっと思う事があるので、今回はその話をします。



    【次の任務は?】


    バイオレットは、戦争が終わった後も「私の任務は?」「戦地は?」「命令を下さい」と言い続ける。


    よくある「指示待ち人間」の悲しい風刺にも見える。


    日本では子供の頃からひたすら「こうしなさい」と言われ続ける。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。