• このエントリーをはてなブックマークに追加
真の都知事選の争点は、企業優遇、人間冷遇の国家戦略特区と新自由主義に対する考え方である
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

真の都知事選の争点は、企業優遇、人間冷遇の国家戦略特区と新自由主義に対する考え方である

2014-02-04 03:30

     


     

    都知事選の真の争点は、脱原発ではない。

    そもそも東京都は東電の株を1.4%しか持っていない。

    これでは政策決定にほとんど影響力がないし、東京に原発はない。

     

    都知事選の真の争点は、安倍政権が進めている新自由主義政策

    に賛成するかどうかである。

     

    2000年初頭の小泉政権から本格的に始まった

    企業活動に対する規制を緩和し、

    公営を私有化させる新自由主義政策に賛成するか、反対するか。

     

    何故なら、ここに関わる領域は極めて広範なものだからだ。

     

    その最たるものが、TPPとほぼ同じ機能を果たす国家戦略特区に対する姿勢である。

     

    国家戦略特区は東京都などの一部の土地を、規制緩和し、企業を誘致しようとする制度である。

     

    その中身は以下のとおり。



    ◯解雇規制の緩和・合理化

    ◯労働者の権利の一部放棄の容認

    ◯有期雇用契約の自由化

    ◯労働時間規制の適用除外

    ◯労働時間規制の適用除外

    ◯労働時間規制の見直し

    ◯積極的な移民政策の推進

     

     

    はっきり言って、企業が労働者を収奪するための

    無法地帯をつくることにほかならない。

     

    これを進めているのが安倍政権である。

     

    確かに世界一企業が活動しやすい国にする!と叫ぶだけのことはある。

     

    本当に実行しようとしているところが恐ろしい。

     

    この国家戦略特区に対し主な4人の都知事候補の賛否は以下のとおり。

     

     

    田母神氏はTPPは反対でも国家戦略特区は賛成とのこと。

    舛添は賛成

    細川氏は賛成

    宇都宮氏は反対

     

    この点でも宇都宮氏が、グローバル企業よりも都民の利益を大切にする人であることがわかる。

     

    宇都宮けんじ氏を都知事に!

     

    ちなみにこの問題は東京都だけの問題ではない。

     

    1月8日の日経新聞 ジョルゲンソン ハーバード大学教授の記事によると、

    「特区はほかの地域にも広がっていく。最終的に規制緩和が日本全国に拡大するだろう」

    と述べている。つまり東京をとっかかりに全国で特区を行い、グローバル企業天国、人間地獄にしようということのようだ。

     

    017fd23384cf10f57e039641d82fc8573b69f0b1

      165f35559be5749986f62b1677e7274a867f5f08

    <リンク>都知事選 宇都宮けんじ氏を支持する理由


     ==================
    【募集】
     メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
    皆様からの相談や要望を募集しています。
    どんな些細なことでも結構です。
    メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
    家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

     応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055




    6a4fb4f508be96aab7e7c528bb4c42f4f47b1ba9



    【成甲書房からの内容紹介】

    そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。
    とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!
    マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を
    持っているのかを理解していますか?
    複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。
    こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。
    本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、
    社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって
    民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、
    さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。


    アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。