• このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の雇用増加の原因と、金融緩和の終焉による株バブル崩壊懸念 家計への影響
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米国の雇用増加の原因と、金融緩和の終焉による株バブル崩壊懸念 家計への影響

2014-10-04 22:59


    =======================

    ■セミナー・勉強会情報


    <リンク>10月25日 ワールドフォーラムで講演「人類解放の手引き 人類を自在に操作したマネー権力の魔術」

    e48387a5453b391b5a079952f586ae3cd0700da1


    <リンク>「真の民主社会を創る会」を結成

    ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本→
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Twitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ


    ■ブログ<リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
      


    ===========================

    【今回の記事】
    3日に発表された雇用統計が市場予想を上回る
    良い数字だった。

    失業率も5.9%に低下した。

    改善が進んでいる理由は、FRBの金融緩和政策と、民間銀行貸出の拡大
    によるマネー量の増加にある。

    10月には量的緩和を終了する予定で、その後のゼロ金利解除が何時になるかが
    注目される。

    一方でFRBの金融緩和を終了することで起こるリスクも懸念されている。

    米国が景気が良くなっている理由と、今後の景気予測と
    日本の家計への影響をお伝えする。

    <参考リンク>米雇用24.8万人増 市場予想上回る 失業率低下5.9% 日本経済新聞 2014年10月4日

    <関連リンク>2013年11月21日 米国の銀行融資状況から見る景気動向と日本の家計への影響

    d1e525ac14e3ef19ba965d8909dc09f4cf9d1c25


    <以下有料>

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。