• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アニメ評論家・藤津亮太のアニメの門ブロマガ 第141号(2018/7/13号/月2回発行)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメ評論家・藤津亮太のアニメの門ブロマガ 第141号(2018/7/13号/月2回発行)

2018-07-20 03:20

    『進撃の巨人』第3期放送を前にした特番「進撃の声優大集合!」に出演します。放送はNHK総合の20日(金)23時55分~です。70分強とちょっと長めの番組で、生アフレコがいっぱいあるはずですので、お時間ある方は是非。
    またそれに先立つ17日はTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で、7月新番組についてお話をする予定です。時間は18時30分ごろから20分ほどです。

    ■広告■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    『声優語 ~アニメに命を吹き込むプロフェッショナル~』(藤津亮太、一迅社)
     発売中! 【Amazon】【ヨドバシ】【honto】
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ■広告■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     素敵なキャラと過ごす特別な日……
     人気キャラが華麗に描かれた キャラクターケーキ絶賛販売中!
     キャラクターケーキ専門店 あにしゅが
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


    1.最近のお仕事紹介
    2.連載「理想のアニメ原画集を求めて」
    3.前回のアニメの門チャンネル
    4.お蔵出し原稿
    5.連載一覧

    最近のお仕事紹介

    1.朝日カルチャーセンター新宿教室「アニメを読む」(東京)
     7月21日 教養としての高畑勲監督入門
     8月18日 アニメと戦争 80年代編
     ※『マクロス』や『FUTUREWAR 198X年』、『火垂るの墓』などを中心に取り上げる予定です。
     9月15日 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』
     【受講申込】

    2.7月のSBS学苑(静岡)
    7月29日は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を取り上げます。「オタクの学校」と内容は重なります。4kリマスターBOXの取材成果なども反映しつつ、お話する予定です。
     【受講申込】

    3.8月のオタクの学校(東京)
    7月のオタクの学校はお休みで、そのかわり8月4日に行います。もうひとりの講師、齋藤貴義さんとは統一テーマでやろうと話しています。内容はもう少ししたら発表になると思います。


    連載「理想のアニメ原画集を求めて」

    文・水池屋(コーディネート:三浦大輔)

    第69回『ME!ME!ME!BOOK!BOOK!BOOK!』

     『ME!ME!ME!BOOK!BOOK!BOOK!』は、以前にも紹介した「日本アニメ(ーター)見本市」の中の1作品『ME!ME!ME!』の資料をまとめた本です。本編のドラッギーな雰囲気も印象的でしたが、原画集の方も今までに見たことのない内容で興味深いものでした。
    アニメの原画集とは思えないアーティスト写真が掲載されていて、監督の吉崎響さんやキャラクターデザインの井関修一さんはもちろん、楽曲のコンポーザーやラップシンガーの人達を原画集の誌面で見ることがあるとは思いませんでした。

    5d9e0e53b07d1b4f63d8979e6cafd2d2879f7457

     資料としては、絵コンテ、キャラクターデザイン、レイアウト、修正原画、原画などが掲載されています。制作の段階を追いかけるような構成なのか、ストーリーボード→キャラクターデザイン→絵コンテ→それから本編の原画などが掲載されています。
     掲載されている資料は、それぞれに細かくカット毎に担当者が明記されています。原画掲載パートでは、原画やレイアウト、修正原画などがカットや秒数と共に細かく掲載されていますが、同時に完成映像の画像も並べて掲載されており、見比べる事ができるようになっています。今までも、完成映像を並べて掲載するスタイルの本は幾つかあったと思いますが、基本的にその目的は、本編のどの場面の原画であったのかを分かりやすく提示することだったと思います。 そうした今までの原画集に対してこの原画集が一風変わっているのは、そのカットを担当したアニメーターが明記されているだけでなく、最終的にコンポジットを担当した撮影担当者の名前が本編カットの画像と並んで掲載されているところです。『ME!ME!ME!』という作品自体が、一風変わった、音楽PV的なイメージ映像に近い内容のものでしたが、画面自体が特殊な作品だったので、これは面白い試みだと思いました。

     実際、掲載されている絵コンテや原画などを見ていると通常のアニメと同じような感覚なのですが、最終的に完成された画面を見てみると、随分と仕上げと撮影で印象が変わっていたのだということを実感させられました。アニメーターの描いた原画が最終的にどうなるのかは、こうした資料集を買う人間にとっては興味の対象ではありますが、そこに比重を置いた本はあまり無かったので新鮮な内容でした。
     アニメの撮影がデジタル化されていき、新海誠さんのように独特の撮影にこだわった手法が進化していく事で、アニメ映像の中での撮影作業の重要さは増していくばかりです。が、この本のように、撮影をしている個人にまで 実際に注目することは稀だと思います。

     過去に「フィルムブック」という、本編カットを並べて掲載して解説文等を付けた出版物がよくありました。再生媒体の充実などもあってか、今ではあまり見かけなくなりましたが、 『ME!ME!ME!BOOK!BOOK!BOOK!』 のように情報が付け加えられている本ならば、今の時代だとまた違った楽しみ方ができるような気がしました。
    アニメの原画は、色が塗られ、撮影されていく前の素材としての役割をもった存在ですが、実際にそれを実感させてくれる本はなかなか無いと思うので、この本はアニメ制作についての非常に貴重な資料集だと思います。実際、撮影される前の原画などを見ていると、一般的なロボットアニメの原画のように見えるのですが、それが撮影で一変しているのを見比べられるのは面白い体験でした。

     アニメ制作の中で、アニメーターの方や美術の方が描いた絵は、実際に目に見える絵がある分、その技術が取りざたされる瞬間があるものです。その点「撮影」は光が当たりにくい工程ですが、この本は作画を素材とした「撮影」の領域に踏み込んだ唯一無二の原画集と言えるかもしれません。
     自分もこの本を見るまでは、そこまで深く各カットの撮影の個人の担当者を意識することはありませんでした。でも、新海誠さんのように撮影まで自分で担当するスタイルの監督が活躍している現在のアニメ業界では、他にもこうした本の需要はあるのかもしれません。また、技術的なことについても、原画集のように注目してくれる本が出てくれば面白いなと思います。
     もちろん、この本は今までの 「日本アニメ(ーター)見本市」 の原画集と同じく、アニメの原画集としても充実しており見ごたえのある本でした。アニメの映像制作に興味のある人なら、一読の価値のある内容だと思います。また、こうした本が何かの作品で現れると良いのですが。

    (『ME!ME!ME!BOOK!BOOK!BOOK!』/3,780円/企画・編集:カラー、発行:日本アニメーター見本市LLP、販売:株式会社グラウンドワークス)


    前回のアニメの門チャンネル

     前回のアニメの門チャンネルは、おたく系よろずライターの堺三保さんをゲストに「『ニンジャバットマン』のここがヤヴァい」をお送りしました。
     堺さんは同作に設定考証として参加しており、制作の裏側をいろいろお話くださいました。映画というと、実写作品の印象が強い『バットマン』シリーズですが、『ニンジャバットマン』については、コミックシリーズの中の1エピソードとしてあってもおかしくないものを目指した、というところが一番のポイントかなと思いました。
     そんな堺さんですが、短編SF映画『オービタル・クリスマス』を製作中です。
     当初目標はクリアしているのですが、残り後、47日あり、あと150万円ほど上積みできると、豪華な吹き替えがつけられるかも、という状況だそうです。スタッフも豪華ですので、ご興味ある方は応援してみるのもいいかもしれません。


    お蔵出し原稿

     このコーナーではおなじみ「アニメ喜怒哀楽」から、「楽器の楽しさ」を掲載します。こういうエッセイもまたどこかで連載したいと思っているのです。

    「楽器の楽しさ」

    楽器演奏は難しい

    楽器を演奏する、というのは実に楽しい。
    楽器といっても別にたいそうなものではない。カラオケにいってタンバリンやマラカスを鳴らしているだけでもかなり楽しかったりするのはご存じの通り。それは今手元で自分が鳴らした一つの音が、より大きな音楽というものにリアルタイムで編まれていくという実感があるからだろう。
    ちょっとメンドくさい言い方をするなら、それは楽器演奏という行為が「再現芸術」かつ「時間芸術」に属しているから、ということになるはず。要は「ライブ感がある」ということになるのだけれど。
    ところがこの「楽器演奏におけるライブ感」というものはアニメにとってはなかなか難物なのである。メカニック描写にしろ、人間の演技にしろ、非常に高度な表現を実現してきた日本のアニメなのだが、この「楽器演奏におけるライブ感」となると、まだまだ開発の余地がある状況だ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。