• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<菊地成孔の日記 / 令和元年9月5日午後9時記す>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<菊地成孔の日記 / 令和元年9月5日午後9時記す>

2019-09-06 10:00
  • 10

  最終スパンクハッピーも活動が活発化してますが、今年は、DC/PRGの「結成20周年」に当たるんですよね。なので、まだ公開できませんが、大雑把に「年末」としますが、「結成20周年ツアー」を全国6カ所で行います。

 

 とか言いながら、、、ですが、二期スパンクハッピー自体も2018年に僕と岩澤さんが出会ってるんで、昨年が結成20周年だったのね(笑)。一期と二期はパッと見から別のバンドぐらい違うんで、違いがわかりやすいと思うんですが、二期と最終期(今)は、二期の曲をちょっとだけやってるし、ステージングが似てるし(マイク2本で口パク)、パッと見の違いがわかりずらいから、どうしてもカスタマーの皆さん比べがちですけど、よくよく観たら(聴いたら)、全く違いますよね。デカダンが全然ないし、ドーリーじゃないし、最終期を二期の継続系とする限り、恐らく何にも美味しくないです。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
ビュロ菊だより
更新頻度: 不定期
最終更新日:2019-09-13 10:00
チャンネル月額: ¥864 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

×
ツアー 告知されていましたよ。
フライング? じゃあないですよね。
チケット予約受付も始まっていますし。

http://indiegrab.jp/news/75277/
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>1

 ホントだ!!(笑)

 補正記事出さないと(笑)!!とはいえ、サブスクの件というお土産は、若干の再発を加えて進行中です。
2週間前
×
わたしたちは、ミラーボールを掲げたクルセイダーズです!
わたしはラリー・カールトン 笑。
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>3

 それはジャズクルセイダーズですよ(笑)
2週間前
×
DC/PRGは10月だったら行けたのですが、仕事の都合(飲食業)で本当に残念です。なのでサブスク解禁は嬉しいです。もしその上、ニコ生中継があったら飛び上がって喜びます。「M-BASE分析+」の影響で最近はスティーブ・コールマンを集中的に聞いていて、何拍子と何拍子が追いかけっこしているのかとかは、よく分からないですが、不思議なフローを感じて癖になりそうです。区切りがないし区切る必要もないので、自分的にはM-BASEは1拍子だということになりました。あと、すべての楽器が横並びで平等なのがいいと思いました。戦争も気候もいまいち読めない昨今ですが、風邪などひかぬよう御自愛くださいませ。長々と失礼いたしました。
2週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>5

 M-BASEは1拍子(インド人はよく1拍子という言葉を使います。因みに)、というより、フーガというかカノンというか、輪奏というべき追いかけあいで、拍節を拍子と考えるやり方からの解放を意味しているんですが、それは全体像の話であって、各パートは拍子を守る。という、典型的な自己矛盾というか、パラドキシカルというより、シンメトリカルと云うのが近いと思うんですが、個人主義の完遂が集団のブラウン運動を招く。という意味において、かなりリベラルな資本主義みたいな格好ですね。

 最近は、痰の絡んだ咳をしている人が多く、「あ、風邪か、うつされたくないな」とか皆さん思ったりするようですが、あれは風邪は風邪ですが、整体の考え方だと、頭部と胸部にたまって放熱しない熱が、粘膜に炎症を起こしているということになり、気候の寒暖とかエアコン被害というより、内部似たまった熱を放熱することを推奨しています。ご自愛ください。
1週間前
×
M-BASEから資本主義へ。なんか唸ってしまいました。軽いぜんそくなので、粘膜の炎症と熱の話は参考になりました。いろいろ試してみます。どうもありがとうございました。
1週間前
×
DC/PRGの全作品の解説、できるだけ長文で、詳しくお願いしたいです! それにしてもスパンクハッピーとDC/PRGが同時期に稼働するなんて、2000年代の初め頃に戻ったみたいですね。思わずクイックジャパンの表紙を思い出してしまいました(笑)。11月のライブも行きます!

ファイナルスパンクハッピーのアルバム収録曲も、ついに発表されたので、曲名を見ながらわくわくしてます。やっと新曲が聴ける。しかも7曲もある!すごく楽しみです。
それにカヴァー曲がベックというのもおどろきました。90年代が流行ってるらしいとはいえ、いまベックの、しかもまだぎりぎりでダサい感じが残っているように感じられなくもない、96年くらいのヒット曲を持ってくるとは。
第2期で、あの時期に「フィジカル」をカヴァーしていたという、その本歌取りみたいなところもあるのでしょうか。(一般的な時代観がどのような感じなのかはよくわからないですが)
あと、「アンニュイ・エレクトリーク」がアルバムに入ったのも意外でした。ライブではやられていたとはいえ、まさかセルフカヴァーまでしてアルバムに入れるとは思いませんでした。第2期の数ある名曲の中で、なぜあの曲が?というのも気になるところです。
発売後のインタビューなどで、そのあたりのことが詳しく聞けるとうれしいです。
1週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>8

 DC/PRGの解説は、当時のものをコピペして使おうと思っていたんですが(笑)、現代の若者にも分かりやすく短文でスカスカに書こうと思います(笑)。おっしゃる通り、DC/PRGとスパンクスが並ぶのはあの時期を思い出させますね。実際にはそこにぺぺとsong XXと花と水とジャズドミュニスターズがいるわけですが(笑・ダブセクステットも活動再開しようと思っているので)、これはやり過ぎですね(笑)。でも、全部が現代に必要だと思っています。

 ファイナルスパンクハッピーの事は、やってないので答えられないんですが(笑)、ベックは僕も驚きました(笑)。インタビューとか取れればいいんですが、どうでしょうかね(笑)。

1週間前
×
ダブセクステット
マジすか。

千葉の被害が心配です。銚子は被害地域から外れているようですが、マスコミも政府もこんなに千葉県に無関心なのは驚きました。そんな中、氣志團の翔やんが有名人のヤンキーがするべき動きをしていることは心温まります。
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。