• このエントリーをはてなブックマークに追加
<菊地成孔の日記 2024年2月12日~18日>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<菊地成孔の日記 2024年2月12日~18日>

2024-02-19 10:00
  • 16

2月12日(月)
 

昨年、湯山玲子さん主催の「東京のうた」に来て頂いた方にはもうユヤマンが言っちゃってるんで笑、書いても良いかと思うと同時に、やっぱ細かいこと何も書けないのだが(というか、あの時、ステロイドと熱さましと肺炎の炎症止めを投与して、マジ死にそうだったんで、コンディション不良をお詫び申し上ます。矢野さんのレコーディングと併せ)、ユヤマンの次なる大プロジェクトは「オーケストラとラッパーの共演」で、もうホールもオケも指揮者さんも押さえてあるようだ。
 

その打ち合わせをしたんだけれども、ユヤマンは僕より遥かにファンタジスタで、「オーケストラとラッパー。これ良いわ。やろうやろう」というぐらいの着想からことを進め、結果、大成功に導かせるすごい力を持っている(何も起こらないこともある笑)。あと、彼女には福の神みたいなところがあって、これも詳しくは書けないのだけれども、彼女自身が全く気が付いていないところで、周囲に大変な恩恵をもたらす力も持っている。
 

ただ、普通に考えて、オーケーストラ音楽(というか、「クラシックの名曲」をラッパーに選ばせて、ネタみたいに使う。という企画書なんだけれども)はダイナミックレンジが広すぎて、ラップを消したり出したり消したり出したりするのは目に見えているから、よっぽどミニマルな音楽でないとラップを安定的に聴かせるのは音響的に無理だ。


なのだが、前人未到というのは、こういう当たり前の予断など気にしない人物がやり遂げることで笑、ユヤマンは、ミニマル的なモンなんか考えていない、チャイコフスキーとかベートーヴェンとかマーラーとか、もう普通のダイナミックでドラマチックな名曲の力と、ラップのクールでイルな力の、文字通り力づくの結合を信じているのである。
 

とにかく試しに、僕がスタジオに入っていろいろな曲にあてがってみたんだが、やはり予想通り笑、ヒップホップのビートと交響楽はえらい違いで笑、オケが盛り上がったり、アクセントのでかいのを入れたら、ラップは消えてしまう笑。しかも、クラシック以外にはほとんどないクレッシェンド(だんだん盛り上がる)があるので、結果ラッパーは「ゆっくりと段々消されてしまう」危険がつきまとうのであった笑。
 

ただ、もう複数のラッパーに声は掛かっていて、あまつさえオーケーしている者もいるのだ(選曲も済んでいるらしい)。彼女は僕のちょっと年上なのだけれども、博徒としてのパワフルさは僕なんか及びもつかない。「太めの女性用のおしゃれブランドを立ち上げよう。これはいいぞ。やろうやろう」で立ち上げた「ojou」は年収億単位だ。彼女の賭けに僕は乗ることにした。ただ、相当な壁だ。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他6件のコメントを表示

「壊したところが痛む」と、いう事実に「通気」をしていくのは大変ですよね。
私は手術跡だったり、持病が痛むとついつい「クソったれ」と悪い方向に「気」を持っていってしまいがちです。

『ボーは恐れている』の3時間の長丁場は、それこそ、気と思考と感受性を持っていかれそうな気がしてまだ観れていません。
むしろもう、なんだか、ゴダールの新作待ちです笑

No.7 1ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>6

 今、なんか「令和香らせ男」っていう人たちがいて、初めて香水使うから、つけすぎちゃうんだって笑、彼らに一言コメントくださいって言われて「そのうち慣れますよ笑」と書きましたが笑。

 ぺぺのオリジナル香水は、本当に素晴らしいです。売り方等々に着いては後ほど情報公開しますのでおたのしみに!!

No.8 1ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>7

 あれはなんか絶叫マシンみたいなもんで笑、結局楽しいわけですが、耐えられるかどうか、人が試されますね笑。

 ゴダールは一瞬です笑。何度も見たくなるという笑

No.9 1ヶ月前

身体をほぐす運動は、どんな感じにぐずればいいですかめ?

No.10 1ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>10

 床に寝そべって、もう本当に赤ちゃんみたいに、ぐにゃぐにゃに体全体を動かすのです。無茶に動かして脱臼とかしないように、赤ちゃんの主観に移入してやってください笑。

No.11 1ヶ月前

私は語学の上級者とは程遠く、英語コンプレックスを拗らせまくってますが、菊地さんのサックスのリハビリのくだり、なるほどと思いました。
私の場合、最初はネイティブの音をそのまま聞きシンプルなカタカナ語位で捉えて、段々慣れてきたら母音や子音の細いところを調整していく感じです。
英語から学んだ重要な言葉に"bullshit"がありますが、舌の動きが難しくて昔散々練習したのを思い出しました。
音楽家の方ともなればもっと先があるんでしょうが、こんな感じかと雰囲気は分かった気がして目からウロコでした。
まずはダブセクステットのライブ、つべの5分位の動画を見まくっていたのでとても楽しみです!
動画upもありがとうございます。

No.13 1ヶ月前

パルファムって、言います。笑
響きがかわいいなあと思います。カタカナの字面も好きです。パルにファときて更にム、って付いて終わるの、かわいいです。笑

No.14 1ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>13

 過程はほぼ同じだと思いますね語学と。中国語では、カタカナ表記で、イエスをシー、ノーをブーシーと言いますが、これも日本人の喉と唇だと非常に難しく、知り合いの中国人に「英語のブルシットとほぼ同じだ」と言われたことがあります笑

No.15 1ヶ月前
userPhoto 菊地成孔(著者)

>>14

<パルファムって、言います。笑>

大変失礼いたしました笑

No.16 1ヶ月前

>>15
はい、まさに是(shì)の舌を丸める発音で、ブルシットだと直前にllで舌を口内の天井につけてるのでll→shiの移行が難しかったのです。(遅リプすみません)

No.17 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。