• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ビュロ菊だより 第三十四号 「菊地成孔の一週間」その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ビュロ菊だより 第三十四号 「菊地成孔の一週間」その2

2013-06-13 10:00
  • 8

 菊地成孔の一週間ですぞ。今回は人間ドック/リバウンド/慶応で中川ヨウ氏と対談/新しい美学校/電通で菅野くんと対談/にこのげで前田日明さんと座談/13AWミラノ・レディス/内見につぐ内見/某局某番組で日本人トップモデルの方と対談/DyyPRIDE&JUMAと一緒にTHE OUTSIDER&RINGS合同大会を観戦/AKB選抜総選挙も観戦/必見「最後のマイ・ウエイ」フランス映画の復権。お待たせしました腸内視鏡検査の続き。





6月4日(火曜)

 (前回から続く)

 

 という訳で腸内視鏡検査も無事終わり、慶応義塾大学の三田に向かう。ここで大谷くんと08~9年に行った講義が「アフロディズニー」だが、今から思い出すに本当に牧歌的な時代だったと思う。牧歌的である事に良いも悪いも無いが。

527dd692a965f2b35f83a5716b2028d4e122c88c

01c6a0ad8c435d0377ca2918d74d990a73e69c00

744624bf8e30c4c1994a292e3a0bfed8e3bee60a

f9ac2ca74399b0e97d66159056932d65afe94b88

 慶應でエリントンの講義なんて、どれだけノーブルなんだよと思われるだろうが、ノーブルなのは中川先生であって、自分はガチな話しかしなかった。クロマティシズム(半音音階の導入)が持つ調性の無化力、その暗喩と心理的効果について。

2f20a7f065172aeb8c9af5146bf875574e7ae33a

 終わって、何と、校舎に入ってすぐの場所にあるスコッチ・バーに行く。写真を良く見て頂きたい。これが、大学の正門から入ってすぐの校舎のてっぺんにあって、9時ぐらいまでやっているのだ。

9fb9eb7b8962300653e64a6e92106f2738bb1188

 全員が一方向を向いているのはフットボールの大きな大会か何かがあったためで、自分はシャンパン(カヴァですけどね)を飲んでいた。まあ、東大駒場の中にもフレンチレストランがあったし、慶應三田の入り口にスコッチ・バーぐらいあって当然と言えば当然だが、慶應について言える事は、ノーブルなのは卒業した偉い人ばっかりになっているので、学生も頑張ってほしいという事である。

aded64c0bcf0b3179aaae911bff7f48cb0799991
 
 日本軍の行く末を見守る中川先生と助手の方。

58bc8c17e5141947a6b38a433a8f242184149644

 日本軍が勝利したかなんかで、嬉しそうに戻ってこられた中川先生と助手の方。

f6c97027e691096012385d7b10f9acbc78bd7947

 ちょっともう、リバウンド始まってますよコレ。

8c69acf5d145f4f362e5b1fe8c45865205c7f899

f6fae19755bf7736527a1aaa262caa640081ba17

36cbe4b294a48fdcdb0ef47879e7f4ab0d329b44

 帰宅。ファミレス界のノーブル、丘の上のデニーズ様にて夕食。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。