• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.43『著述業も再開する訳だが、メガネがねえ。』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.43『著述業も再開する訳だが、メガネがねえ。』

2014-11-09 17:00




     もうとっくに、自分は音楽家であって、著述家ではないという自覚になっているのですが(そんな深い意味は無く、漠然と)、その理由の80%はやっぱりメガネとPCですね。ラジオでも言いましたが、ワタシはネット・ラクトベジタリアンぐらいで(ラジオを聞かない方に。ネットを肉に例えて、ネットを避けているグレードを菜食の呼び名に例えてみるという提言をしてみたんですね。あらゆる端末を持たず、ネット環境に全く入らず、メールさえしない人を「ネット・ビーガン」だとして、ワタシは乳製品は食べる=ラクトベジタリアンぐらいかな?という話しをしました)、もうユーチュー○とフェティッシュサイトと、ヤフーニュース一面の見出し、それとココだけになってしまいました(ココは結構見ています→「モダンポリリズム」の注を入れる為に)が、それでも原稿書きに使いますわな。最近は、原稿用紙に移動しようと思っています。

     

     楽譜や曲順表、ラジオ台本、手帳、は紙製で、メガネ分以外まったくストレスフリーですが、原稿がキツいですね。2時間までは昔取った杵柄で継続出来るんですが、越えると頭痛や目眩がするようになって(深刻な病気ではないので御心配なく)、よもや自分が「本を書く」などという事は出来ないと思っている訳です。日常的な身体=思考が。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。