• このエントリーをはてなブックマークに追加
『ダンまち』外伝漫画と「シェアード・ワールド・ノベル」の話。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『ダンまち』外伝漫画と「シェアード・ワールド・ノベル」の話。

2016-04-26 20:39
  • 2
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア(1) (ガンガンコミックスJOKER)

 大森藤ノ&矢樹貴『ダンジョンに出逢いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(1)』読みあげました。

 アニメ化もされた『ダンまち』の番外編第1巻ですね。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

 アニメはシンプルかつストレートなシナリオでとても面白かったのですが、この外伝漫画のほうはどうか? うん、なかなか面白く仕上がっています。

 外伝の主役は本編のほうで主人公ベルくんの想い人として登場した最強の美少女アイズ・ヴァレンシュタイン。

 この世界でも指折りの冒険者パーティ「ロキ・ファミリア」の中心人物である彼女が、「絶対的な強さ」を追い求め、さまざまなモンスターたちと死闘をくり返していく様子が丹念に綴られます。

 ストーリーの背景は本編と同じ時系列なのですが、視点がアイズに移ることによって、まったく違う物語が展開します。

 ベルくんがひとりで冒険し、成長している間にアイズと「ロキ・ファミリア」は何をしていたのか? その物語が綴られるのです。

 ちなみに、この外伝もアニメ化されるようですね。おそらく本編が好評だったのでしょう。良いことです。

 本編よりこの外伝のほうが面白いという人もいるので、新作アニメにも期待したいところ。

 ちなみに、この『ダンまち』の場合は、ひとりの作家さんが本編と外伝の両方を手がけてるわけですが、複数の作家が同じ世界を舞台に作品を書く場合を「シェアード・ワールド」スタイルといいます。分割された世界、ですね。

 アメリカには『Thieve's World(盗賊世界)』というタイトルの作品があって、これがシェアード・ワールドものの皮切りなのだそうです。

 ときに1979年といいますから、いまから40年近く前のことですね。

 中心となった作家はロバート・アスプリン。日本でも『銀河おさわがせ中隊』シリーズなどで知られている人です(ちなみにこのシリーズ、第2巻までは文句なしに面白いので読んでみてもいいかも。ほぼライトノベルです)。

銀河おさわがせ中隊 (ハヤカワ文庫SF) 銀河おさわがせパラダイス (ハヤカワ文庫SF)

 『盗賊世界』も翻訳されるという話があったようですが、なんだかんでいまのところ邦訳は出ていません。

 また、超能力者たちの戦いを連作短編のスタイルで描く『ワイルドカード』というシリーズも(アメリカでは)有名なようです。

大いなる序章〈上〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

 これは 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

>分割された世界、ですね。
共有された世界では?

No.1 75ヶ月前
userPhoto 海燕(著者)

 ああ、そうですね。

No.2 75ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。