• このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛弱者は死なず、ただ消え去るのみ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恋愛弱者は死なず、ただ消え去るのみ。

2016-05-07 17:31
  • 3
オクテ女子のための恋愛基礎講座 (幻冬舎文庫)

 その昔、孫子さんはいいました。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」と。

 「敵のことと自分のことがよくわかっていればいくら戦っても負け知らずになれるかもよ?」という意味だと思います。

 異性愛者の場合、恋愛における男性にとっての「彼」とは女性。

 じっさいのところ、女性たちは恋愛についてどう考えているのか? そこを知りたくて、アルテイシアさんの『オクテ女子のための恋愛基礎講座』を読んでみました。

 結論から書くと、とても面白かったです。

 この本が恋愛指南本として画期的なのは、恋愛のいろはについてくわしくない恋愛初心者、「オクテ女子」にターゲットを絞り、不特定多数の異性に好かれる「モテ」よりも特定の異性と建設的な関係を築く「マッチング」を重視していること。

 色々あって「モテ」の不毛さに絶望したらしい著者は、幸せになるためには「モテ」より「マッチング」が重要だと力説します。

 そのために必要なのは、受け身になって王子さまが訪れるのを待つのではなく、「みずから選ぶ」という姿勢。

 結婚さえできればいいなら、男受けのみを追求して、男の望む理想像を演じればそれで済む。

 しかし、結婚したあとも人生は続く。死ぬまでガラスの仮面を被って別人を演じ切るつもりでないかぎり、率直に自分自身を出してみずから伴侶を選んでいったほうがいい。

 また、「どういう男を選ぶべきか?」を突き詰めると「自分にとっての幸せは何か?」に突きあたる、と著者は語ります。

 そして、それでは、あなたにとっての幸せは? あなたがほんとうに欲しいものは何? 何を捨てられて何を捨てられない? その優先順位は? と、矢継ぎ早に問いかける。

 この問いに答えられるようになることが、まずは「自分にとっての幸せ」を自覚するということらしい。

 自分にとっての結婚の条件をあいまいにしないということ。すべてをきちんと言語化して、認識しておくということ。それが大切だという話のようです。

 まったくその通りだなあ、とぼくも思います。

 その後も色々と的確な(適格だと思われる)アドバイスが続くのですが、どれも非常に面白いです。

 いや、女性の側も悩みやら劣等感を抱えて必死になっていたりするんだなあというあたりまえのことがわかります。

 いや、読んでよかった。読んでよかったのですが―― 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
人から愛されるためには、まず自分を愛することを知りなさいと某ゲームの主人公が言っておりました。
65ヶ月前
×
 海燕さんはご自身で「生まれつき強くもなく男らしくもなく魅力的でもない男性」とおっしゃっていますが、他人から見るとそうではないかもしれませんよ。「男らしさ」や「男女の役割」というのも、女性によって違うでしょうし。海燕さん自信も想像しなかった部分を、「男らしい!」と言ってくれる女性がいる可能性もあります。

 これは単なる気休めではありません。こういった異性を探しあてることを、アルテイシアさんはマッチングと言っているのだと思います。

 あと「恋愛感情というものがわからない」とのことですが、これは「異性とつきあっていくうちにわかっていく」のかもしれません。仕事でも遊びでもボランティアでもなんでもいいので、女性となんらかの活動をすればいいのではないかと。簡単に女性から恋愛感情を抱かれることはないかもしれませんが、自分が女性を好きになることはあり得るのではないかと。

65ヶ月前
×
恋愛や結婚で上手くいくコツが、この人のためなら自分を変えてもいい、意思を曲げたり変化させてもいい
ということを聞いて、自分の中にはストンと落ちましたね
妥協という言い方は悪く聞こえますが、相手の主張といつまでもぶつかり合うより
落とし所を二人で見つける、そんな関係をずっと続けられるのなら幸せなのかなぁと
63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。