• このエントリーをはてなブックマークに追加
萌えは別腹。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

萌えは別腹。

2016-05-07 22:50
     どもです。

     きょうは朝から晩まで倒れたように寝ていました。

     いま、風呂に入ってきてようやくすっきりしたところ。

     ふう、東京から帰ってきてから集中して作品を消費し、記事を書いていたので、知らず知らずのうちに疲れが溜まっていたようです。

     やっぱりこのペースは無理があるのかも。

     あるいは、やるとすればもう少し疲労を蓄積しない工夫が必要になるのでしょうね。

     マッサージを受けるとか。お風呂に入りに行くとか。考えておきたいところです。

     さて、いいかげん本題に入りましょう。

     きょうは「性的フィクションと現実世界における性的傾向の関係性」という話をしたいと思います。というか、あまり関係はないよね、と。

     現代の常識では、一般に、ひとは固有の性的志向を持っているとされています。

     異性愛だとか同性愛だとか、あるいは両性愛だとかですね。そしてまた、そのいずれにも含まれないと認識している人もい
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。