• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

増殖を続ける『Fate』シリーズに感じる嬉しさと残念さ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

増殖を続ける『Fate』シリーズに感じる嬉しさと残念さ。

2016-05-10 17:47
  • 1
Fate/strange Fake (3) (電撃文庫)

 きょうは電撃文庫の発売日です。成田良悟さんの『Fate/strange Fake』最新刊が出ていますね。

 これも設定を聞く限りめちゃくちゃ面白そうなんだけれど、ぼくはまだ読めていません。

 最近ほんとに小説を読めていないので、なんとか時間を作って読まないととは思うのですが、なかなかね……。

 それにしても『Fate』はいったいいくつシリーズがあるんだろ。

 最初の『Fate/stay night』に『Fate/hollow ataraxia』まではまあ「正典(カノン)」といえるとして、そのあとの作品群が膨大なんですよね。

Fate/stay night [Realta Nua] PlayStation Vita the Best Fate/hollow ataraxia (通常版) (【封入特典】ミニゲーム2点ダウンロードコード 「とびたて! 超時空トラぶる花札大作戦」「とびだせ! トラぶる花札道中記」 同梱)

 とりあえず『Zero』は「正典」に次ぐ地位にある感じですが、そのほかの作品群はどう解釈したらいいものやら。

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)

 パラレルワールドだと思って読むのがいちいばんいいのかなあ。

 そういえば『Fate』世界にはパラレルワールドを飛びまわる謎のジジイがいたような気もするが、まあいいや。

 『Fate』の番外編というと、『Zero』を除くと、まずは『Grand Order』が思い浮かびます。

TYPE-MOONエース Fate/Grand Order (カドカワムック)

 これはソーシャルゲームですね。ゲーム的にはかなりひどい出来だとさんざんいわれているものの、キャラクターの魅力とストーリーの面白さによって大人気を博しているようです。

 結局のところ、魅力的なキャラクターがたくさんいればほかはぐたぐだでもけっこうなんとかなるという典型的な例でしょうか。

 それから、ゲームの類としては、プレイステーションポータブルで出た『フェイト/エクストラ』とその続編『フェイト/エクストラ CCC 』があります。

フェイト/エクストラ PSP the Best フェイト/エクストラ CCC PSP the Best

 これは当然というか漫画化もされていて、『フェイト/エクストラ CCC Foxtail』という作品にもなっているようです。

フェイト/エクストラ CCC Foxtail(1) (カドカワコミックス・エース) (角川コミックス・エース 472-1)

 あと、格ゲー仕様の作品としては『フェイト/アンリミテッドコード』がありますね。

 やったことがないので評価はわかりませんが、そこそこの作品ではあるようです。

 あと、小説作品としては『Fate/Prototype 蒼銀のフラブメンツ』というものもありますね。

 『Fate/Labyrinth』はこの派生なのかな? よくわかりませんが関連作品であるようです。

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (1) Fate/Labyrinth (単行本コミックス)

 さらには『Fate/Apocrypha』というものもありますし、いちばん最初に挙げた『Fate/strange Fake』もこの系統です。

Fate/Apocrypha

 さらに漫画では『Fate』を魔法少女ものに仕上げてしまった『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』という作品もありますし、『Fate/mahjong night 聖牌戦争』という、もはや何がなんだかよくわからない作品もあります。

 あと、四コマの『氷室の天地 Fate/school life』も一応は『Fate』シリーズか……。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! (7) (カドカワコミックス・エース) Fate/mahjong night 聖牌戦争 1 (星海社COMICS) 氷室の天地 Fate/school life: 1 (4コマKINGSぱれっとコミックス)

 ざっと数え上げただけでもこれだけの『Fate』関連作品が出ているわけです。まだ取りこぼしたものもあるかも。

 かつて高校生の奈須きのこがノートに書いて竹内崇に見せていた妄想ストーリーがここまで発展するとは、当時、奈須さんも竹内さんもまったく想像していなかったことでしょう。

 ただ、 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
初めまして。毎回読んでいますマフティーです。

私もFateは観ています。ただ、シリーズがありすぎます。なのでアニメのFateのみに絞っています。

さて、ヒットを創りだす苦労から生みの苦しみに捕らわれることになっています。でもこれは、ファンも悪いんですよね。

求めるのが「Fate」関連ばかりですから。あと、奈須さんご自身の起ち上りの鈍さ。二の足を踏んでいることもあるでしょう。

さらに、日本の創作に対する理解の鈍さとロイヤリティーの低さもあります。

挑戦に対しての取り組み辛さを助長させてます。

名ばかりの「Cool Japan」なんです。国とファンの多くが。







61ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。