• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

それは「犯罪界のナポレオン」と呼ばれた男の物語。竹内良輔&三好輝『憂国のモリアーティ』が面白い!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

それは「犯罪界のナポレオン」と呼ばれた男の物語。竹内良輔&三好輝『憂国のモリアーティ』が面白い!

2016-08-08 15:50
  • 1
ジャンプSQ. 2016年9月号 (未分類)

 『ジャンプスクウェア』で新連載が始まった 『憂国のモリアーティ』が面白いです。

 「憂国のモリアーティ」。もう、このタイトルだけで傑作に違いないと確信できるわけなのですが、そうです、あの「犯罪界のナポレオン」モリアーティ教授を主人公にした物語なのです。

 といっても、もしかしたら知らない人もいるかもしれないので一応説明しておくと、ジェームズ・モリアーティはコナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズで、シャーロックをいったん死に追い込む最大のライバル。「犯罪界のナポレオン」の異名を持ち、ロンドンの闇を支配している大物です。

 物語は、いきなり、モリアーティとホームズの対決の最終局面である「ライヘンバッハの滝」のシーンから幕を開けます。

 もう、シャーロッキアンにとっては堪らないであろうオープニングですね。この時点ですでに素晴らしいわけですが、その後、時間をさかのぼって少年時代のモリア
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
 『憂国のモリアーティ』を読みました。私はシャーロック・ホームズについては、ミルキィホームズ程度の知識しかありません。でも、作中で最下層の民であったモリアーティが、これからどのようにのしあがっていくかが興味深いです。

 作者が意識しているかどうかは分かりませんが、今の日本に対し何らかのメッセージを送る作品になるかもしれません。
39ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。